2009/6/26  0:00

さらば朝日カルチャー  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
心斎橋教室開始から遅れること数年、次男雅誕生の年に始まった朝日カルチャー教室。
早や30数年・・・(向かいは工事に入ったフェスティバルホール)
いよいよ今日が最後の授業でした。

クリックすると元のサイズで表示します
各教室が週代わりで展示を受け持つロビー展。(今日は写真でした)
平成7年1月13日、教室の皆さんの作品を展示して帰った後、大震災を迎えたのも忘れられない思い出です。

心斎橋教室もそうですが、ここカルチャーにも、開設当時からの生徒さんが数名おられ、よくぞ何十年も支えて頂いてることと、有難い気持ちでいっぱいです。
方や、ここでの講座を6月いっぱいで終了することを承知で4月にお入り下さった方から、場所が移っても続けていく覚悟です!!と身に余るお言葉を・・・

クリックすると元のサイズで表示します
教材コーナーの方にも大変お世話になりました。
30年以上の間には何人もの方が代わられましたが、ことに今のKさんは、押絵がとてもお好きで、自らハコベルを持ち歩き、展覧会にも必ずお越し下さるほど。
今日のお別れは辛いな・・・と思ってましたら、生徒さんも同じだったようで。
このハコベル、出来立てのビワを入れて、これまでの感謝にとTさんがプレゼントされたもので、Kさんもウルウル・・・

クリックすると元のサイズで表示します
押絵を通じて大勢の方々との有難いご縁を頂き、みやび流押絵を育んで頂いた朝日カルチャーセンター様に、心からの感謝をお伝えしたいと思います。

7月からはいよいよ新教室開始!
ともに30年を越える大御所勢の2教室が合同。
絹甫の負担を減らさんが為の苦肉の策とは言え、永年慣れた場所や時間の変更に不満の一つもなく、付いて来て下さる皆さんにはお礼の言葉もありません。
「押絵を愛する心」 それだけを共通項に、これからもみんな仲良く、末永くご一緒していきましょうね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ