2007/6/30  5:16

ちびまる子ちゃん、いらっしゃ〜い!  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
あの!ちびまる子ちゃんが、新聞漫画に初登場です!!
この間から社告に毎日出てて、楽しみにしていたのですが、今朝はこんなちらしが。
最初は信じられず、息子達も、同じような名前の漫画があるンかな〜くらいに思ってたのが、そのものと知ってビックリ!!
さくらももこさんも、初めての新聞4コマ用に書き下ろしされたそうです。
これまで、新聞の漫画と言えば、サザエさん、フクちゃん、まっぴら君...etc.
でも、正直なところ最近は、あまり楽しみに左端をめくることをしてませんでしたが、明日からは何年ぶりかでまた、朝が楽しみになりそう〜〜
切り抜き、作っちゃったりなんかして・・?
ちびまる子ちゃんって、世界中、色んなところで放送されていて、息子達もマレーシアの旅行中に、日本語をしゃべらないちびまる子ちゃんを見て驚いたそうです。
さくらももこさん作詞のテーマ曲、「おどるポンポコリン」が日本レコード大賞になった年、楽しい紅白でしたよね。
4コマ漫画の始まりからご覧になりたい方は、神戸新聞まで!・・って、エラぃ宣伝



2007/6/29  5:41


クリックすると元のサイズで表示します
極楽鳥の花を押絵にしました。
葉っぱは、白いサテン地をマーブリングで色んな色に染めてみました。
長くお稽古しておられる方達だと「先の細いところが多いし、ギザギザが難しそうやわ〜」って声がきこえてきそう・・・
でもね、大変だからこそ、挑戦する意味があるんだし、できたときの達成感が次へのエネルギーになるんですよね。
みなさん、どんどんチャレンジしてみてください!

クリックすると元のサイズで表示します
持ち運べるカバン、ハコベルに入れるとこんな感じに。
梅雨のうっとおしい時期でも、お出かけが楽しくなりますように・・・


2007/6/28  3:02

サフラン擬(もどき)  あれやこれや

クリックすると元のサイズで表示します
今年もご近所に、この花が咲きました
これまでずっと、「夏水仙」だと思ってたんですが、ちょっと気になって、この前MEMEに教えてもらったサイトで確かめたら、やっぱり「サフラン擬(もどき)」でした。
何人にもウソ言ってきてると思います・・・深謝


2007/6/27  4:54

ミラーくる  あれやこれや

クリックすると元のサイズで表示します
空飛ぶ少年!

クリックすると元のサイズで表示します
おばあちゃんも飛んで・・・ませんねぇ



2007/6/26  2:32

個性派中の個性派  やや個性派ねこ

クリックすると元のサイズで表示します
久々に、ノラらしいノラネコ発見!近づいても逃げないのが嬉しい。
いっしょにがんばろうニャン!


2007/6/25  4:30

どンなンかな〜〜?  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
120年展に向けての新作、今回は絹甫、聡甫と3人による合作を制作中です。ちらっとだけ・・・ご覧に入れましょう。
これだけではまだ、「何のこっちゃ〜???」でしょうけど・・フフフ〜〜
かなり手の込んだ大作でして、恐らく何千パーツになるでしょうね。
2mmくらいのちっちゃなパーツがウジャウジャ!

クリックすると元のサイズで表示します
爪の間に入りそうなそれらをすべてボール紙で切り分け、それぞれに合った布をコテでくるむという作業の繰り返しですが、どんな大作であろうが、道具立てはこれだけ!すべてのパーツは、50cm正方の制作台から生まれます。
すれどもすれども、完成まで気の遠くなるような作業をしながら、不思議になることがあるんですよ。どうしてこんなにまで、シンドイ(ほんとはシンドイとは思ってないんだけど)こと、してるんだろうって。
別にこれをしないからって、誰かに殺されるわけでもないし・・・
早い話が、取りつかれてるんでしょうねぇ。大きさに関係なく、作品が完成したときの喜びは何物にも代えられませんが、大作となると、やっぱりそれは〜〜!!!
目の前にニンジンぶら下げながら、今日もみんなで走り続けま〜〜す!

2007/6/24  3:55

マメちゃん  やや個性派ねこ

クリックすると元のサイズで表示します
似てる〜?


2007/6/23  9:46

作戦会議  あれやこれや

クリックすると元のサイズで表示します
ここは家の近くにあるバリレストラン
聡甫、雅と3人で120年展のための第3回ミーティングを持ちました。
毎日仕事で顔を合わせてはいるんですが、なかなか打ち合わせの時間が取れません。
でも、ちゃんと話がまとまるまでの1時間半は、コーヒーで・・・
アルコールが入りだすと、決まることも決まらなくなるので(雅は1滴もXですが!)
何しろ、横20m、奥行き60mという、とてつもなく広い1200uの会場をいかに使いこなすが大きな課題です。
入っていただいてからお帰りまで、みやび流120年の歴史と作品を、ただご覧頂くだけでなく、飽かず楽しんでいただくにはどうすればよいか・・・
お稽古の方達の作品もだんだん仕上がっていく中、私達の大作もやっと動き始め(これからが本当の戦闘状態!)ました。

クリックすると元のサイズで表示します
ビールが入りだしてからの方が、斬新なアイディアも出てきたりして(雅はず〜っとさめてます)かなり全体像がまとまってきました。次回7月11日の時には、会場のレイアウトもほぼ決まる予定。
9月4日から9日まで、場所は兵庫県立美術館・原田の森ギャラリー(王子動物園向かい)  皆さん、ご予定を空けておいてくださいね・・・って、
普通はまだまだ先の予定も立たない頃のお話でしょうか?だからこそ、今からお願いしておきま〜す!


2007/6/22  4:59


クリックすると元のサイズで表示します
カエルも喜ぶ、恵の雨がいっぱい降りますように・・・



2007/6/21  9:07

「学ぶ若者」取材日記  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
お稽古情報誌「ケイコとマナブ」のネット版に登場してから3ヶ月、「みやび流押絵」ではなく、「押絵工房 みやび」に初めての取材依頼が入りました。
みやび流押絵の名前も、HPも、全くご存知のない雑誌社からのお話で、これまでとは違った意味の嬉しさで、快くお受けすることにしました。
しかし・・・ここで大きな問題が!!

タイトルが「学ぶ若者」です。
若い世代の人たちに、あまり馴染みの無い押絵の世界に触れて、その楽しさを知ってほしいという気持ちから始めた「ケイコとマナブ」のネット版。
そこから入ってきていただいたので当然なのですが、見開き2ページに使われる大きな写真は、若者中心に撮影したいと・・・・トホホホホ・・・
唯一30代のSさんにお願いし、何とかその日だけでもお友達にご参加を・・・とお話したところ、なんと!5人で参加していただけることに!!
おかげ様でいい写真もいっぱい撮れ、何より押絵を楽しんで頂けたのがとっても嬉しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
120年目を迎える「みやび流押絵」ですが、最初はみんな、こういう若い世代の方たちが興味を持って初めて下さり、それから何十年と言うお付き合いになって、今のみやび流を支えてきていただいてるんだな〜と、感慨もひとしおで、目を細めて見ておりました
改めて感じたことですが、取材なさる側も、される側も、ほんとに素晴らしい若者が集まって下さいました。礼儀正しく、エレガントで、控えめで・・・
教室内のお姉さまたち(?)も、ご自身の昔とダブらせて、とても可愛く受け止めておられとことでしょう。
押絵の作品もそうですが、記事もこういう関係の中で作られると、きっと素晴らしいものになるだろうな〜と、とても楽しみです

クリックすると元のサイズで表示します
今回の1日講習は、季節柄、「朝顔のうちわ」を作っていただきました。ほとんどの方が、コテを持つのもはじめての経験でしたが、感心するほど、皆さん手先が器用で、それこそ楽しみながら、2時間後にはきれいに仕上げて大喜びで帰られました
若い世代を取り上げる企画を下さった出版社の方、
お友達集めに奮闘してくださったSさん
その呼びかけにお忙しい中をご参加くださった皆さん
「私達だって、昔はあんなだったわね〜」とほほえましくご覧頂いている、わがみやび流重鎮の方々・・・・
皆さまに心からの感謝を申し上げます。
ほんとに素晴らしい時間をありがとうございました。これからも、このご縁が続きましたら、どんなに嬉しいことでしょう!お疲れ様でした。




2007/6/20  3:46

アロエ・「不夜城」  あれやこれや

クリックすると元のサイズで表示します
今年もまた、アロエの花が咲きました。
このアロエ、12年前の震災で命を落とされた方が育てておられたものです。
瓦礫の中からこのアロエを拾い出し、大変お世話になっていたその方の形見として、そばに置かせていただいてます。

クリックすると元のサイズで表示します
根っこがどんどん、大きくなっては増えていくので、いくつも株分けしています。

クリックすると元のサイズで表示します
このアロエが、「不夜城」という名の種類だと、最近知りました。20時間勤務の私にピッタリの名前でした。お守りとして、大切にしていきましょう。


2007/6/19  2:00

港区散歩  のんびり ゆったり

クリックすると元のサイズで表示します
東京支部特派員、AKKOさんからのリポートです。
東京教室の日はいつも、みんなでランチをすませて私が教室へ行った後、美術館へ行ったり、ショッピングしたりと、夕方までの時間を目いっぱい楽しんで、それぞれの英気を養って帰るみたい。
何しろみんな、団塊の世代ですからして、お身内の介護に明け暮れる人も多く、月1回の貴重なリフレッシュなんです。
ここ泉岳寺まで、みんなで歩いて行ったそうです
泉岳寺は、浅野内匠頭と赤穂浪士が葬られていることで有名ですが、その赤穂関連で、しほみ饅頭を売っているというのもおもしろいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
吉良さんの首を洗った井戸・・・
四十七士のお参りは、各墓標にお線香を置くようになっているそうですが、なぜか大石力のお墓には、プレゼントがお供えされていたとか。

クリックすると元のサイズで表示します
泉岳寺を後にして、お次は三田の高台中腹にあるお寺「玉鳳寺」へ、「御化粧延命地蔵菩薩」のお参りに。

クリックすると元のサイズで表示します
ここのお地蔵様は、別名「おしろい地蔵」。
美容のお願いだけでなく、もっと切実な「シミを消したい」「傷痕を治して」など、体の悪い部分をお化粧し、願をかける。願いが成就した暁には、お礼として全身を白粉で塗るのが習わしだそうです。
みんな、きれいになろうと思って、パタパタやってきたみたいだけど、私の分も、ちゃんとしてきてくれたかな・・・


2007/6/18  3:11

カラーのカラーはピンク  あれやこれや

クリックすると元のサイズで表示します
今朝、カラーが1輪、咲きました
実のところ、葉っぱの間から何か咲きかけてるけど、何のお鉢だったかな〜と思ってたら、ヒョイっとピンクの花が!カラーでした。
カラーって、このピンクの部分がお花じゃなくて、中にある小さな黄色い部分がお花だそうです。秘すれば花・・・
と言えば、瀬戸内寂聴さんの新しい長編「秘花」って楽しみそうな本です。
世阿弥が主人公なんだけど、いつの間にか世阿弥と寂聴さんが、スルスルすり抜けあうようになっていくみたいです。
この前、NHKのラジオ深夜便に出ておられましたが、とても80歳を越えた方とは思えないお声と、ユーモアたっぷりのお話しぶりに今更ながら聞き惚れ、仕事の手が進みました。
物を生み出す作業には、人としての色香が絶対必要だということをあらためて思いました。


2007/6/17  7:51

老いのつぶやき  やや個性派ねこ

クリックすると元のサイズで表示します
ナツミ(左)  「ねぇ、ジュン子・・・私たちも年取ったわね・・・」

ジュン子(右) 「(そ〜かしら・・・ナツミだけじゃないの〜?)」


クリックすると元のサイズで表示します
ナツミ(左)  「二人でいると怪奇の館なんて言われたり、私なんて、エンタ                                       
         ツに似てるって・・・」

ジュン子(右) 「(な〜んだか、オバンくさい愚痴ばっかり!!)」


クリックすると元のサイズで表示します
ジュン子  「私なんか、まだまだアップにたえられるもンね!ちょっとまぁ、
        白髪も出ちゃったりなんかしてるけど・・・」


クリックすると元のサイズで表示します
ロダン  「お姉さん達は大変ですね〜 私なんかまだ、な〜ンの心配もな
       いも〜〜ン」


2007/6/16  2:05

LEDたまご劇場  のんびり ゆったり


以前から大好きな発光ダイオードですが、こんな7色に変化するたまごを見つけました。
きっと、虹が落としていったのでしょう・・・・な〜んて、乙女チックな今日の私!ダハハハハ〜〜〜!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ