2007/3/25  17:24

安堵!!!!  

 今やっと、輪島の大徹さんに連絡が取れました!
皆さんのご無事を聞いた途端、ほ〜〜っと力が抜けました。
私たちも経験したことですが、今、お家の中の倒れた家具を起こしたり、割れたガラスを取り除いたりしながら、なんとか寝起きできる場所を作っておられるところです。
 電気はもう来ていて、ガスはもともとプロパンなので大丈夫。ただ、断水してしまってるので、給水車を頼りにしなければなりません。
食べ物は、避難所になっている学校へ・・・
 いつも何が起きても明るく笑い飛ばされる方なので、今も普段どおりの元気なお声で「いや〜〜、エラいことになってますわ〜〜」と。
きっとこの元気で乗り切っていかれると思いますが、これからの道のりが想像できるだけに、辛さもひとしおです。
あの時、自分が受けたさまざまな嬉しかったこと、有難かったことを、もう一度よ〜く思い出してみます。

2007/3/25  14:49


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します






 今朝、地震を感じ、「・・1かな・・2?」と思いながらテレビをつけると、なんと輪島が!どこで起きても大変なことは、経験したものとして痛いほどわかるのですが、輪島と言えば、とてもお親しく、お世話になっている輪島塗の「大徹」さんや、西塚先生の居られるところ。
 ずっとテレビを見守りながら、ご無事は信じているものの、当然お電話も通じず、ただただ祈るばかりです。
 あの阪神大震災の時、テレビを見ながら芦屋のことがわかるまで食事も喉を通らなかったと言われたことを、逆の立場になってみて実感しています。
 左は聡甫の作品「春宵」をはめ込んで作られた輪島塗の屏風。(この作品は輪島にあります)
右は絹甫の作品「古典の調べ」に合わせて、古楽器の塗りが施された衝立風2枚折。
 こうした素晴らしい輪島塗の技とのコラボレーションを楽しくさせていただいてる大徹さんを初め、地域の皆さんのご無事を祈ることしか出来ないんですねぇ、今は・・・





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ