2007/3/17  7:01


クリックすると元のサイズで表示します

 心斎橋教室、Tさんが仕上げられた椿の色紙です。
昨日の朝、仕事場へ向かう途中の道でも、きれいに開いた一輪の椿に思わず足を止めました。
 それは、住む人が居なくなってしまった大きなの庭の一角。
年明けから、まったく人の気配がしないものの、季節は確実に移ろって、白梅、紅梅も見事な花をつけていました。
 あるじなしとて その香忘れそ・・・人間の立場からすると、皮肉で残酷なようにも思えますが、自然はいつも、ほんとに「自然に」そのありったけの力で生きてるんですね・・・震災の後にも同じようなことを感じました。
 椿の花って、突然その首が落ちるように散るので、武士道では忌み嫌われたみたいですが、それに引きかえ桜の花は、開く前から心待ちにされ、三分、五分、満開、散り初めと、どの顔も愛され、はらはらと散りゆく姿も惜しまれながら・・・
 確かにこの時期、その美しさに圧倒され、満開を迎えてからは雨の降らないことを祈り、に生まれてよかったと思うのですが、それでも私は、椿の散り際に魅かれます。
 凛と咲いた一輪の真っ白な花。ふと後ろを振り返ると、音も無く落ちている・・・
ちょっとへそ曲がり?誰に似たのやら・・・

2007/3/16  2:34

目は口ほどにものを言い  やや個性派ねこ


2007/3/15  8:59

今月の富士山  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
今日(第二水曜)は東京教室行きの日。
ここ1〜2年、気になりだしてるのがお茶畑の急激な増え方です。

クリックすると元のサイズで表示します
いたるところが切り開かれ

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じ・・・
体にお茶がいいと、いろんなとこで取り上げられたり(昔の人はとっくからわかってたでしょうけど)各界イケメン男優がコマーシャルに使われるせいで、どんどん必要とされてるんでしょうね。

さてさて・・・
静岡駅を過ぎて、トンネルをひと〜つ、ふた〜つ、み〜っつ、そして長〜い四つ目を出ると・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ジャ〜〜〜ン!!
われらが富士山のお出ましです!!
最後のトンネルの手前くらいから、出会いに備えて、デジカメ、携帯をセットして、心拍数も確実に上がりながらその瞬間を待ってます。
通路側の方が出やすくて便利だった席も、最近はずっとEを取ってます。





2007/3/14  3:19


クリックすると元のサイズで表示します

5年ほど前の初稽古用に作った色紙です。
初稽古の日は昔から、何かおめでたいテーマのお材料を用意しておくんですが、この花札というのが大好きで(賭けるんじゃなくて、絵が)お正月らしいからぜひこれを!と、何年も提案してたんだけど、いつも絹甫の賛同を得られず、お蔵入り・・・
それがこの年、初めて聡甫の応援があってに!
恐る恐る教室で見ていただいたら、皆さんお喜びで大人気!・・・
どれが押絵で、どれが本物か、ちょっとわかりにくいでしょ?
ほんとは、札の柄を全部押絵ですればいいんだけど、これは真ん中の桜の札だけが押絵です。
Mido〜、この間ちょっと待っててねって言ってたのは、このことよ。
Midoオリジナルの可愛い(?)花札、楽しみにしてるね!

2007/3/13  4:31

2007年宇宙の旅  のんびり ゆったり

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

マン ダ ラ ゲ キョ〜

2007/3/12  4:48

白き花を君に  悼み

クリックすると元のサイズで表示します

 この花を、時実新子先生にささげます。
5・7・5の17文字に、季節でも風景でも時事問題でもなく、「私」を見つめて「私」を詠むことこそが川柳と、伝えられたように思います。
 広い場所や、多くの時間がなくても、無限の世界で自分を遊ばせる楽しさを教えていただけました。
 その昔、ご自身が習い始められたKCC(神戸新聞文化センター)の川柳教室。そこが原点でいらっした先生は、あちこちに教室を持たれ、全国区的な活躍をされるようになってからも、最後まで大切にされた場所でした。
 3月10日は、そのKCCが入っているミント神戸の「ミント(3・10)の日」。
まさにその日に、新子先生は旅立たれました。

あらためて、ご冥福をお祈りいたします。

2007/3/11  14:48

桜を待たず逝ったひと  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
 あまりに悲しい、今朝の目覚めでした。
作品や、人そのもの、生きざま、すべてが大好きだった川柳作家の時実新子先生が78才で旅立たれたのです。
 新子先生に最初に魅かれたのは12年ほど前。テレビの中で、燃える情念を静かに淡々と話されるお姿に、この先生に近づいてみたい!作品を生み出される新子フィルターを見てみたい!と言う気持ちが溢れました。
 仕事関連の人を介せば、すぐに会わせていただくこともできたのですが、それよりも、新聞の川柳投稿欄に毎月応募し、選ばれることで近づく道を踏み出しました。特選に選ばれることは叶いませんでしたが、掲載された新聞のファイルも分厚くなり、月曜の朝刊を待ち望む日を重ねました。夜中、仕事を終えて、今月のお題を考えながら眠りに着く時が至福の時でした。
 そうそう、何にどう刺激を受けたのか、聡甫も投稿しだした途端から選ばれるようになり、良きライバルも誕生しました。
 そんな先生と、ヒョンなことからお電話でお話するチャンスが巡ってきて、お互い、表現者としての生みの苦しさ、楽しさから始まり、挙句にお互いの身の上話まで、1時間近い、宝のような時をいただけたのです!
あの時は、富士山にヘリコプターからヒョイっと降りるのではなく、下から一歩一歩登ってきてほんとによかったなぁと、感激もひとしおでした。今でも、あの柔らかくお優しい響きは、耳の奥にちゃ〜んと残ってます。
 形のある宝物がもう一つ。
私が押絵の本を出版して、お送りした時にいただいた一葉のお葉書。
「超多忙の中で、川柳がお心のオアシス的役目を果たしているなら、とてもうれしいことです」という、身に余るお言葉。いつか、先生の川柳と、私の押絵で2人展がしたい・・・と夢見ていましたが、ほんとの夢になってしまいました。
 いつも全速力で駆け抜けられた新子先生、じっくりゆっくりお体をお安めになってくださいね。そちらでまた、教えていただける日まで、もう少しこちらでがんばろうと思います。でも・・・胸の真ん中がスースーしてます・・・淋しいですね・・・


2007/3/10  8:46


クリックすると元のサイズで表示します

星座をタイルに付けた押絵です。
もうずい分前の見本ですが、最近使うことがあって並べてみました。
お誕生プレゼントや、結婚のお祝いには二つを組み合わせて額に入れたりと、大人気になったものです。
今なら、無地の布ばかりでなく柄を生かしたりと、違ったことが色々できそうな気も・・・
これは例によって私のお好み、サテンを染めて、布もバックのタイルもヒカヒカさせてます。

2007/3/9  6:19

断崖の世代  やや個性派ねこ

仕事場から、忘れ物を取りに家に戻ってみると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
みんなはこうして、一緒にいるのに・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ネコが嫌いなダンチャンだけは、ひとり孤独に・・・

クリックすると元のサイズで表示します
あれ〜?ダンチャン、お家が・・・

クリックすると元のサイズで表示します
?!?!?!
この後どうなったかは、急いで出たのでわかりません

2007/3/8  6:12


クリックすると元のサイズで表示します
 子供雷が昼寝をしてしまって、お父さん雷が空の上から怒ってる・・・そんな様子を押絵にしたものです。
去年から神戸の教室に入られたFさん、今ではもうこんなに細かい作品もできるようになられました。普通サイズの2分の1に当たる、「寸松庵」というサイズの小色紙に仕上げられたんですが、このFさん、とっても器用な方で、みんなが持ってる「ハコベル」を参考に、小さな窓のバッグを作られ、そこに「雷ちゃんの昼寝」を入れての登校でした。
 バッグのきれはインドネシア製。この前、「ジョグジャカルタ復興のためのお買い物をしてきます」という聡甫の呼びかけに応じていただいた時、現地で買ってきたランチョンマットから作られました。
一つの作品を工夫して、生活の中で実際に使えるようにする。これがまさに私の目指すところ!そうすれば、「押絵」という言葉も、自然に世の中に溶け込める気がするんですが・・・命尽きるまでの私の使命と思ってます。
 後ろに広がる17階からの景色と神戸の山々。今日のお天気はことさら綺麗でした
夜景の見える教室もいいでしょうね〜〜ほろ酔い気分の「ワンショットレッスン」とか?いいね、いいね〜〜

2007/3/7  2:13

寝こだらけ  やや個性派ねこ

クリックすると元のサイズで表示します
上向いたり・・・

クリックすると元のサイズで表示します
前向いたり・・・

クリックすると元のサイズで表示します
右向いたり・・・

クリックすると元のサイズで表示します
左向いたり・・・

クリックすると元のサイズで表示します
くっついたり・・・
とにかくネコは、よく寝ます!
この子達が代わりに寝てくれてるおかげで、私はいつも元気でいられるのかも!


2007/3/6  2:50

雨の日と月曜日・・・  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
昨日と打って変わって、今日は朝から冷たい雨が
モノトーンの街を走るこんな時、アズナブールがあまりにぴったりで、ついボリュームをあげてしまいます。
抜けるような青空は勿論ステキだけど、伏し目がちが似合うの日も、私は大好き!心も体も優しさいっぱいになれそうで・・・

クリックすると元のサイズで表示します

2007/3/5  5:40

アートな春の日  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
春の妖精が舞い降りたかのような(なんて文学的)、そよ風が心地よい1日でした。このお洒落な建物、神戸ファッション美術館で行われたMuseum Party.心配された不発弾処理も、予定より1時間早く終わり、いつもイベントを提供する側にいる私には人ごととは思えず、朝のお天気から始まって、ほっと一安心

クリックすると元のサイズで表示します
さまざまなジャンルの若手アーティストたちが作品を持ち寄り、独自の世界を展開していました。

クリックすると元のサイズで表示します
袋物あり・・・

クリックすると元のサイズで表示します
書のパフォーマンスあり・・・

クリックすると元のサイズで表示します
楽器を使った楽しいイラスト表現や

クリックすると元のサイズで表示します
マジックのゲストの方も

クリックすると元のサイズで表示します
ステージでは、DJ中野耕史さんをお相手に、コニシステムがジョグジャカルタの復興支援に関するレポートを。

クリックすると元のサイズで表示します
路上ライブから出発した土居ちゃんこと、土居康宏君のスペシャルライブ。SMAP,Kinki Kidsのコーラスも務めるほか、CDも沢山。ごく初期から応援している私としては、その成長ぶりが嬉しい限りです!

クリックすると元のサイズで表示します
今日の立役者、HOSHI NO SUMIKA makiさんを中心に、スタッフの仲間と。この何倍もの影のスタッフたちが一致協力して、今日のイベントを大成功に導けたことと思います。
物創りをめざす若いエネルギーが満ち溢れた会場で、それぞれの作品は勿論、作り手たちの温かい人柄がひしひし伝わってくる、気持ちの良い空間でした。
素晴らしい物が生み出されるには、まず人ありき!を実感し、ステキな刺激をいっぱい受けて帰りました。皆さん、ほんとにお疲れさまでした
私もがんばるぞ〜〜

2007/3/4  2:01

みんなの元気が私の元気  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
三重県からお稽古に通っておられるTさん。今日はこのお雛祭りの作品を仕上げて帰られました。帰宅されるとすぐ、今掛かってる雪景色と取り替えられることでしょう。
このTさんが初めて教室に来られたのは、もう20年以上前のことですが、その後体調を崩され、何年間か空白の時期がありました。肉体的にも精神的にも、大変辛い経験をされ、明日への希望すら見失いそうになられた時、ふ〜っと教室の日々を思い出され、お電話をくださったんです。
あの日の衝撃と嬉しさは、今でもはっきり覚えています。再会の後、少〜しずつ少〜しずつ、ほんとに薄皮を剥がすように昔のTさんに戻ってゆかれ、今では元気すぎて、体重の増えすぎを気にされるほどに!長年の移り変わりをずっと見させていただいてるこちらも、ほんとに嬉しい気持ちでいっぱいです。
でも、可哀想なのはTさんちのワン君。時間も忘れるほど押絵にのめりこんでしまわれると、お散歩もご飯もどこへやら。「ま、いいっかぁ〜」って!いいことないです〜
手作りの物は何でもそうなんでしょうが、体調が即、仕上がりに反映してしまいます。ですから、永いお付き合いの方は、押絵のパーツ一つの出来具合を見るだけで、その時の精神状態や体調の変化まで見えてしまい、嬉しくなったり、心配になったり・・・
今日もにこにこと、仕上がった作品を持って帰られるTさんの後姿を見送りながら、あの日に受けた1本の電話の重みを改めて感じました。ますますこの道に精進精進!

2007/3/3  3:26


クリックすると元のサイズで表示します
これは去年の1日講習で作っていただいたお雛様です。
年だったので、「ワンダフル雛祭り」と名づけました。

クリックすると元のサイズで表示します
耳は貼り分けずに、一つに貼った顔の両端を焦げ茶色に塗ってあります。
目玉もこれは描かずに、3mmのドットシールを貼り付けました。
土台の白い扇型は、人口大理石のパン切りまな板です。
ドライブで三木の方へ行った時、刃物センターの中で見つけ、何かに使えそう・・・と思い、求めて帰ったものです。
紙の色紙や額だけでなく、お皿やお盆など、台所にあるような物も楽しく使えますよ。
ホームセンターなんか行くと、何か変わった使い方ができないかしら・・って歩き回ってると、一日いても飽きない気がします。
みなさん、どうぞ楽しいお雛祭りを〜!!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ