2011/5/21  7:12


クリックすると元のサイズで表示します
ロイヤル教室Nさんが作られた「鐔(つば)の四季」
刀という、命を賭けるその場に美を凝らした鐔(つば)のデザインが私は前から大好きで、透かし鐔(つば)の様々なデザインを12ヶ月にこじつけて見つけ出し、一つの作品にまとめたことがあります。
その後、お気に入りの一つを色紙にしたり、家族みんなの誕生月のをまとめて額にしたりと、教室で人気の定番メニュー(カツ丼定食とどっちが?)になりました。
Nさんの場合は、ご親戚のお寺へ贈られることになり、金の台紙で黒塗りの額におさめることにしました。
6個づつ、対の額で横に並べて掛けられるそうです。(100x40cmx2組)

クリックすると元のサイズで表示します
素材はすべて、佐賀錦を色々に染めたものと、西陣織を組み合わせました。
それはそれは、ツバらしい出来上がりですよ〜〜
金は反射がきついので外で撮ったら、上の写真は良かったのに、下の時には光線が動いてフェンスの網目が写ってました・・・

<上の写真>左から
雪輪(12月) 菊(11月) 稲(10月) 鈴虫(9月) おなす(8月) 波(7月)
<下の写真>左から
つばめ(6月) あやめ(5月) わらび(4月) 桜(3月) 梅(2月) 松(1月)


ブログランキングに参加しています。
1日1回、ひと押し絵、よろしくお願いします!!

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ