2010/9/21  0:00

アンテナショップ  

クリックすると元のサイズで表示します
と言えるかどうか・・・
高野山には唯一、いつでも作品をお求めいただける場所があります。
古いお付き合いの松永屋さん(いろは煎餅本舗)というお店。
金剛峰寺から近く、消防署のまん前です。
地元ネタでごめんなさい・・・
梵字やお地蔵さまといった、お山ならではの色紙が置かれています。
これは大日如来を表す梵字(阿・ア)で、未と申年生まれの方の守り本尊です。

クリックすると元のサイズで表示します
干支でおなじみのメタルフレームは、可愛い阿字観用として。
最近、新聞や週刊誌で、家に梵字を置いておくと幸運に守られるとか出たようで、
押絵の梵字も人気のようです。
梵字を押絵にしたのは曼荼羅からですから、もう早や25年・・・
教室の皆さまにも愛され続けている、息の長い作品です。
お彼岸の今、皆さまのお宅へも画面から幸運から届きますように



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ