2007/3/12  4:48

白き花を君に  悼み

クリックすると元のサイズで表示します

 この花を、時実新子先生にささげます。
5・7・5の17文字に、季節でも風景でも時事問題でもなく、「私」を見つめて「私」を詠むことこそが川柳と、伝えられたように思います。
 広い場所や、多くの時間がなくても、無限の世界で自分を遊ばせる楽しさを教えていただけました。
 その昔、ご自身が習い始められたKCC(神戸新聞文化センター)の川柳教室。そこが原点でいらっした先生は、あちこちに教室を持たれ、全国区的な活躍をされるようになってからも、最後まで大切にされた場所でした。
 3月10日は、そのKCCが入っているミント神戸の「ミント(3・10)の日」。
まさにその日に、新子先生は旅立たれました。

あらためて、ご冥福をお祈りいたします。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ