2010/1/25  23:46

押絵 in ジョグジャカルタ  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
聡甫がジョグジャカルタの皆さんに押絵をお教えするようになって5回目。
今回は、王女さまのリクエストで、王宮に働く人たちを押絵にしてほしいと。
(右から二人目、聡甫。馴染みきってます

クリックすると元のサイズで表示します
早速みんなで王宮を訪ね、スケッチすることに。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
彼らの手で、次々と家臣の姿が押絵になっていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ完成!!
実際に着られている生地が、うま〜く柄取りされ、心憎い仕上がりです!!
今回聡甫は、一応自分のコテとハサミは持って行ってましたが、とうとう使わずじまいだったそうです。
これをみて思いました。
今の日本らしさをあらわす風俗って、どんなことになるんでしょうね〜
江戸、明治、大正までは、確かにその時代らしさが出しやすいように思うんですが、昭和らしさ、平成らしさとは・・・?

クリックすると元のサイズで表示します
もう一つ、こんな大作も仕上がりました。
ジョグジャカルタの代表的なモニュメント(名前、忘れました
1週間の滞在でこの2作が仕上がり、王女さまも大変喜ばれ、いずれ博物館に収まるようです。
この秋には、姉妹都市である京都で交流記念の色んな作品展が催される予定で、これらの押絵もお目見えすることになるかも・・・
彼らの情熱のお陰で、押絵がまた一歩、ジョグジャカルタの産業として歩みだしたようです。

今日もひと押し、よろしくお願いします!!
  
blogram投票ボタン



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ