保護団体 ARCh(アニマル レスキュー チバにて 一時預かりをしています。(旧 CATNAP〜ALMA) ステキなご縁がありますように。 八千代市にて ステキな仲間と Cherry Cat Yachiyo(CCY…さくらねこ やちよ)TNR活動もしています。 CCY専用ブログは ねこ さまさま です。  共に よろしくお願いいたします! CCYの保護猫に関するお問い合わせは miffyworld☆hotmail.com( ☆→@) まで♪

2012/3/5

春はまだかな  モカ邸

寒いよぅ。土日は 耳が痛くなるような冷たい風が吹いて 3月なんて とっても思えない。
信州人のくせにこの位の寒さで・・・恥ずかしいけど 信州を離れて早20年 千葉に来て13年が超えてるので すっかり千葉人ですもん。暖かい冬に馴れてしまって 寒いのがとっても苦手なんですよ。
寒さが苦手なのは スカイさんもそうね。
お外で育った子なのに 寒さは苦手で 冷たい風の日は おトイレ済ませたら ダッシュで飛び込んでくるもの。ぬくぬくが 良いに決まっているね☆

クリックすると元のサイズで表示します
これは 先週の写真。
アンディ 頑張っています。
ミリアが巣立ってから 急激に足腰が弱り 立つ事が出来なくなりました。
トイレは それでもプライドがあるので 外でしたいと 訴えます。
そんな時は 抱っこして 外で 支えながら立たせて おトイレを済ませていましたが 支えてももう立てなくなりました。

先週から 水はシリンジで あげてます。ご飯は 口先まで持っていけば 食べてくれるので まだ 流動食にはなっていません。
私が部屋を離れると 不安になるのか 鳴きます。お気に入りのソファーを 窓際に移動し 天気のいい日は日光浴。
毛布を掛けて寝ていると 猫達が入れ替わり立ち代り 乗ってしまうので 困ります

アンディがソファーから落ちたので(下に危なくないようマットを置いてありますよ)・・・なんでよ?と思ったら ソファーに掛けてあるカバーにもぐりこんで アンディを押したおバカも居ります。コラァ!

昨日は 実家に連れて行きました。広い芝生の上に抱っこして連れて行き 寒かったのでほんの1分ほど 庭を眺めていました。ここで仲間達と駆け回ったこと 覚えているかな?キャッチボール いっぱいしたよね。
帰りの車で 涙が止まりませんでした。いろんなことを思い出しちゃってね。
15年という長い間 共に生きてきたわけですもん。
対向車の人は 私を見ていたらびっくりしたでしょうね・・・オバハンナイテル・・・・怖いよう。。。鬼の目にも涙ってやつぅ? 本当に泣きたいのは アンディだろうに 私が泣いちゃってアカンな。ヨワヨワだね、見た目は強いのに。

お別れが近い事 それは しょうがない事はわかっているけど。
アンディには 本当にお世話になって ペットや愛犬なんてとんでもない そんな言葉を軽く口に出したくないのですよ。表現が難しくて 私もよく 愛犬愛猫とか 書いてしまいますが そんな言葉じゃ本当は言い表せない関係なのですよ、犬猫達と私達って。
うーー 残念な頭をフル回転させて書いているブログなので 「あぁ きっと モカさんは こういうことを言いたかったんだろうなぁ」と 想像を膨らませていただき ご理解いただければ ありがたいんですが・・・
そうさねぇ・・・ 家族であり仲間であり なくてはならない存在であり 私達が随分と頼らせてもらった子でもあり。しっかりしているから 私達よりはるかに頭が良くて 心が広いから 犬という枠を 超えているのですよ。

保護犬猫達を 私達が性格矯正したんではないですよ、犬と共に 猫と共に 人と共に 過ごせるようになっていくのは アンディ率いる我が家の犬猫達です。
私達なんて ご飯とトイレの世話を手伝っているだけで 立派に巣立っていくのは みんな アンディ達のおかげ。アンディもまた 先代のブルーやサービス つららちゃん達に 支えられて 成長したんだもんね。

ゆっくり休んでいいよと 言ってあげたいけど もう少し一緒にいさせてほしいとも思うよ。介護は 楽とは言えないけど でも 思いっきりさせてもらうよ。


 クリックすると元のサイズで表示します
今日のアンディ(向きは 上の写真とたまたま同じだけど 一日に何回か変えています。)。今日は 雨降りで なんとも暗いね。
春は まだかな?
4月には 16歳になります。アンディ もうすぐ 桜だよ♪
48



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ