保護団体 ARCh(アニマル レスキュー チバにて 一時預かりをしています。(旧 CATNAP〜ALMA) ステキなご縁がありますように。 八千代市にて ステキな仲間と Cherry Cat Yachiyo(CCY…さくらねこ やちよ)TNR活動もしています。 CCY専用ブログは ねこ さまさま です。  共に よろしくお願いいたします! CCYの保護猫に関するお問い合わせは miffyworld☆hotmail.com( ☆→@) まで♪

2014/3/2

希望が見えてきた♪  ARCh

ちょっと長文気味・・・

クリックすると元のサイズで表示します
2月21日 可愛いラフィーさんが 我が家にお泊りに来たですよ♪
S様御一家がご予定がある3日間だけ お預かりしたです。

23日 S様のお家に帰る予定でしたが・・
来た日から元気がなく、食欲もなく 多飲多尿があり…

22日は 夜から嘔吐…朝一番で 日曜日でしたので かかりつけの動物病院はお休み、以前 大和田駅猫でお世話になったことがある病院へ 駆け込みました。
バリウムを飲ませ 時間を追ってレントゲンを撮るものの 胃から全く流れず…昼過ぎ一旦我が家へラフィーともどりましたが 長女の試験もあったので 次女がラフィーに付き添っていてくれて 長女の送り迎え後 再度病院へ。
一時すごく貧血も起こし 焦りました。やっぱり胃から全く動いていない…
異物・・・・????誤飲・・・・????となると 壊死が始まる… まずい…
群馬から S様ご家族も駆け付けてくれて 先生から説明を受け その日の夜 先生が開腹して確認くれましたが 異物は見つからず… でも嘔吐も止まらず 悪化するばかり…
血糖値と 肝臓の数値に異常が見られ・・・黄疸も…
朝先生から電話が来るのが怖くて怖くて…

25日 朝 病院へ会いに行く前に洗濯物を干していたら 先生から電話が…
「昨日より状態が悪く セカンドオピニオンを受けることをお勧めします、もっと設備が整った場所へ移動した方が…」
一刻の猶予もないことは明白だ・・Sさんと連絡を取り さらにARCh代表 小梅さんに電話…
小梅さんの声を聴いた途端 つい号泣してしまいました・・小梅さんが ARCh協力病院に連絡を取ってくださって すぐに連れて来てって…
いつ戻れるかわからないので 実家の父母に 我が家に来てくれるようお願いし すぐにラフィーを迎えに。
ぐったりしたラフィーを抱え 車に乗せ 近くて遠い松戸へ ラフィーを安全に運ばないと。
私がしっかりしないと… 焦る気持ちを抑えつつ 嘔吐を繰り返すラフィーを 何度も 呼びかけながら 一時間半後 協力病院へ着いた。
検査してくださっている間 小梅さんも駆け付けてくれて…
不安で ラフィーに申し訳なくて つらい状況で 小梅さんに会って 緊張の糸が切れて泣いて・・・小梅さんにたくさん励ましていただいて・・・
検査結果は ほぼ 「多臓器不全に近い状態で 頑張れるかは五分五分・・・」だと…
嘔吐も止まらず どんどん衰弱していくラフィー…つらいのはラフィーなのに 私も辛くて辛くて…家には帰れず 夕方の検査結果も 待たせていただいて 先生から説明を受けました。
小梅さん 夕方も駆け付けてくださって… 本当にありがとうございます。心強いのなんのって…まだ はっきりした病名は出ず まずは数値改善に向けて 点滴&投薬。
Sさんも ご長男がインフルエンザになってしまい しかも病院までとてもとても距離がある中 次男君を連れて 必死で面会に来てくれました。
26日の朝 先生から電話が来ないことを祈り 病院へ向かい 面会。
吐き気が止まってくれれば…
開腹オペなんてさせなきゃよかった… こんな状態のラフィーに追い打ちをかけるような選択をしてしまって…情けない…ラフィーの体をこんな状態にまで 追い込んだのは 私だ…

クリックすると元のサイズで表示します
ごめんね… ごめんね・・・
ちょうど ARChの あんなさんも キキちゃんの診察で いらっしゃって…
あんなさんも ラフィーのお見合いとお届けに御同行くださっていたので この急展開にびっくりされていました・・
午後また病院へ面会に車を走らせていると これまた ARChの Rさん 発見!
車を寄せて 窓を開けたら・・「ラフィー大丈夫?どうしたのっ?」って・・・泣きそう…また泣いてしまうよ…
病院で面会を待っていたら 今度はARChの pinoさんがっ
「ラフィー 大変だったね」って 声かけてくれて… あかん もう ARChのみなさんに会うと 涙腺がすぐにゆるんでしまってね…中年女子の涙は汚いだけなのに・・すみませんね…
一緒に 先生からの説明を聞いて下さて心強かったですよ。ありがとうございました。
糖尿病性ケトアシドーシスから 肝リピドーシスさらに 肝性黄疸になっていると・・
この治療に専念していただけるという事で 命の危機は脱することができました。
ラフィー君も 吐き気も収まり すっきりした目になっていました。

pinoさんは 遊縁さんに ダックス君の引き継ぎに来ていらっしゃって☆
光右衛門君 遊縁さんと ステキな里親様を見つけてくださいね☆素敵なお名前 つけてもらったですね☆
応援しているからね☆

そんな余裕も私の心に生まれ・・・夜ぐっすり久々に眠ることができました。

2月最後の週は 学校行事が盛りだくさんで 木曜日は 午後しか面会に行けず…
面会に行ったら ラフィー君 尻尾を振ってくれました!
感激で また 涙が…(ババァ)

金曜日も 午前は学校で 午後は面会に行ったら 病院について携帯を見たら 大量の電話着信歴があるでないの…午前の行事中から マナーモードにしたままだったのね…
なんとも 長女が発熱で 母が学校に迎えに行ってくれているとのこと…(母が 25日から ずっと泊まり込みしていてくれたので 助かりました)父も この日の朝から来てくれていたので 助かりました(作りかけの きんぴらごぼうを母から引き継いで 作ってくれていましたよ☆美味しかったです)
ラフィーは 昨日よりももっと尻尾をパタパタ振ってくれて 寄ってきて私の手をなめてくれたのですよ!
感無量☆↓ずいぶん 元気な顔になった!
クリックすると元のサイズで表示します

面会してから家に帰宅した頃には 長女の熱も順調に上がり…昼位から熱くなりだしたという娘を信じ 病院で 一か八か インフル検査を受け 見事B型判定〜
熱でボケたか?娘「今の薬剤師さん キムタクに似ているね」って・・・
え?早く帰って寝ましょう…娘・・・頑張れ娘・・・

土曜日は 残念な私が委員長を務める委員会で 学校の今年度最後の美化活動で作業・・・
 ラフィーの面会に行けずでしたが 順調に食事もとれていると☆

日曜日は ナナコさんから お預かりしていた ウィリーちゃんのお届けでしたが モカパパが仕事のため リレンザ飲んでいる長女を留守番させることはできず(そりゃそうだ)
ナナコさんが 朝からウィリーちゃんを迎えに来てくれて お届けしてくださいました!
ナナコさん ありがとう!
O様 ウィリーちゃんをよろしくお願いします!ウィリー トライアルがんばって☆

クリックすると元のサイズで表示します


ラフィー君 順調にいけば 来週中には退院です。
里親様S様も ご長男君 インフルエンザとラフィーの入院が重なり とてもとても眠れぬ夜を過ごされていました。
毎日心配のメールやお電話、ラフィー君 幸せだね☆
糖尿病で これから インスリンを 毎日注射しなくちゃいけないかもって。
S様と協力病院の先生ともご相談しながら ラフィー君の今後について考えたいと思います!
頑張れラフィー、天国から 八重ちゃんが見守ってくれているはず!八重ちゃんの分も 頑張ろうね☆


余談・・・
そもそも 実家の父母が来ているという事は もちろん 野犬ズも襲来中だったので…
憔悴している私を余計に 疲労困憊させる野犬ズで・・(泣)
ワラワラ ワラワラ ギャウギャウ うるさいでないの…ちみたち・・・
でも 元気が出ました 無理やりね。だってウン○食べる子いるし…気が抜けないから…

クリックすると元のサイズで表示します
↑何この ぎゅうぎゅう感と くしゃくしゃ感

この一週間 皆様に支えていただき ありがとうございました。ARChパワー 助かりました!
また ラフィーが退院しましたら ご報告します!
S様 たいへんでしたね、 これからも 一緒にがんばりましょう!
ラフィー 退院心待ちにしているよ!ステキなキメポーズ 早く見せてね☆

47



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ