スルメイカ狙い(連日釣行)  イカ

今朝は、昨日と違い過ごし易い。我家の周りの気温が22℃。昨日は26℃だったもんな〜。時間は、AM2:00ですけどね!

連日の釣行、今回はスルメイカ狙い。大山沖で沖干しを20枚以上を目標に、がんばるべ。
4時半受付。今日は7人の予定だったが、結局9人での釣行となった。

5時半出船、今回は大山沖でももう少し遠く、ポイントまでは1時間半ほど掛かる。
今日も良い天気、暑くなりそう!7:15ごろポイント到着。周りにいつもの船団は無し?

第1投、棚は130〜170m全員アタリも無く、大幅な場所移動。
8:10に船団に合流。期待の第1投、棚は?200〜250m。ふか〜い。

これだと、1度に多数掛けないと、数が稼げないと思い、250mで1杯掛けて、200mまで手巻きで追い食い狙い。きっちり乗ったみたいで、電動も悲鳴をあげる。

それでも上がってきたのは、大きめのスルメ3杯。4〜5杯付いてる感覚だったが、まずは予定どうりに追い食いさせて、上出来かな?

すぐさま、投入。棚まで時間が掛かるので、沖干しの準備をする。
棚で乗せて、巻き上げ。これまた時間が掛かる。上がってきたのは1杯?太平洋のスルメイカは、よく引きます。

追い食い狙いでしっかり誘うも、単発ばかり。5杯の沖干しと2杯の沖漬けを作ったところで、巻き上げ途中にオマツリ。小型が1杯付いていたが、プラヅノ2本とオモリが付いてない?いきなりのロスト。

ここから、仕掛けを7本針にしたが、乗りが悪くなり、多点掛けにこだわりすぎて、大失敗してしまいました。単発でも、掛かったら、丁寧に1杯づつ釣上げるべきでした。

棚(水深)は最大で、270mの船頭からの指示があり、私もリールの道糸300mなので心配でした。中には、道糸200mしか巻いてみえない方もいました。高切れしたら、中深海での釣りは、糸を巻き替えしとく必要性大です。

結局、沖干し9杯・漬け4杯・生5杯釣った所で、丁度12時位。船長が投入待ってくださいと言った後に、陸地の方で突風が吹いてきて、危険ですので早上がりするとのアナウンス。

まだ晴れてはいたが、西の空は怪しい雲が掛かっていた。周りの船も知らぬ間に撤収したみたいだ。

急いで、沖干しを仕舞いこんで、道具は港についてゆっくり方付ける事にした。
走り出して、すぐに北風が強くなってきて、白波が立ってきた。

そのうち、夏の嵐。神島辺りは、稲光が何本も光っていた。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

イカは釣れない、早上がりの、嵐まできちゃって、ここのところ憑いてません。

今日も定番になってきた、船宿のお土産持って帰ることに鳴りました。
しばらく、大人しくしていた方が良いのかな?

沖干しのラッピングぅ〜!
クリックすると元のサイズで表示します

流石に、沖釣り連日連荘はハードですね! 歳を考えないといけないかな。

今晩は、イカの刺身に、イカゲソとキュウリを酢で和えたものと、昨日のイサキとチダイ、カツオの焼き。疲れていたせいか、イサキが先回までほどおいしく感じられませんでした。

我家は食べるのが優先なので、料理の写真があまり撮れません。
特に、嫁が用意した時は撮影禁止令が出ています(笑)。

今シーズンのイサキは終了! 太平洋のスルメもデッカクなってきたので終わりですね。来シーズンの爆釣を夢見ています。

これからの予定は、りーまんさんとのマゴチ狙いと、船は太刀魚と日本海でマイカのシーズンイン待ち。

あと今年は、お盆明けのウタセ五目釣りがお勧めになりそうですよ。パパさん、資金用意しといてくださいよ!中物ですが、小ダイ、サンバソウ、マゴチ、イシモチ、ヒラメ、セイゴ等等の色んな魚種が楽しめます。胴付き3本針の40号オモリぐらいです。

その他気分で陸釣りだったら、鰻・セイゴ・黒鯛・アナゴ・キス・メバル諸々狙いたいですね。
0

スルメイカ釣り(大山沖)  イカ

今日は有休、豊浜からイカ釣りへ。
以前、1回違う船で行った事があるが、柔らかい竿で失敗した経験と、何分忙しすぎるのと、引き(重さ)が半端じゃないイメージがある。

昨年から、スルメの沖干しがやりたかったので、晴れの日に行くぞ〜。と意気込んでいたが、1週間前から生憎の雨予報で、何を釣りに行こうか悩んでいたら、前日になって午前晴れの予報で、行くしかないなと予約を入れた。

朝、4時半までに受付、4時50分出船。湾内は穏やかだったが、伊良湖水道を越える辺りから、揺れる揺れる。向い風で船も波を被りながら、スピードも出せない状態。

しばらくして、気分が悪くなり、酔ってしまいました。さすがに、睡眠時間3時間(23時就寝、2時起床)では寝不足で、体調不良だったかな?
ポイントに着いて、仕掛を投入。棚は底の120〜175mだが、上層でサバがすぐに邪魔しに来る。

沖干しするには、前半が勝負になる。とりあえず、後半釣れないかもの事も念頭に置き、漬けと生も少量キープ。何とか釣れ出したが、サバと風がやっかいで、仕掛が絡んだりしてしまい、時間ロスも・・・。

8時半の時点で、沖干し5枚!目標20枚だが今日は、良いとこ10枚程度か?
なんとか、9時半ぐらいまでに追加終了したい。

結局腕が悪いので、10時ごろまでになんとか6枚追加して、沖干し終了。
あとは、生と漬けの追加だったが、やっと群れにアタリ釣れ出したのに、波がいっそう高くなってきて、11時半に早上がりとなってしまった。

釣果:スルメイカ25杯(沖干し11枚・沖漬け6杯・生8杯)
   ゴマサバ2尾(36・39a)
沖干し風景(捌くのが辛かったー)
クリックすると元のサイズで表示します
ゴマ模様
クリックすると元のサイズで表示します
釣り船のHPより拝借
クリックすると元のサイズで表示します
最後まで、絶不調な一日でした。げろげろ〜;><)
0

ハマチ・ムギイカ釣り  イカ

敦賀の乗合船で、ここは初めて乗船する。13時出船〜23時沖上がりで12時半までに受付にきて下さいとお上さんは電話で言っていたが、12時を回っても誰も来ない。船長と雑談しながら出船時間を聞いたら、13時半か14時頃かな?皆が集まり次第だって!

料金は、11000円・餌付きで13000円だそうで、私は沖アミを2ブロック買って行ったが、船宿で買った方が足らなくなった時は得になると思いました。

本日の人数は、5人組と6人組と1名と私の13名乗船。くじ引きは4番の最後を引いてしまったが、角の左舷ミヨシに入ることが出来た。

今時期のハマチは、午前中の方が食いが良いみたいで、夕方5時を過ぎると食いが一気におちるらしい?船長の話だが、どうしてだろう?秋は半夜で結構釣れているのにね!

13時37分出船、14時20分ごろから釣り開始。アタリは少ないが、後ろの方で少し釣れこっちにはアタリなし。やっとアタッタが、なんか引きが違う。アジでした。場所移動、ここでやっとハマチのアタリ!重たい。いきなりのトリプル。

地合いみたいなので、手返し良く仕掛を投入し数を稼ぐも1匹づつ。結局7匹でアタリが遠退く。また場所移動。しばし私にはアタリが遠退く。後ろの方はポツポツあたっている。やっぱり後ろの方が、こませが効きそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します

アタリが遠退いてきたので、アジの釣れるポイントに移動してくれた。ここでは、メダイ、チダイ、ソイ、ウマヅラ、カサゴ等いろんな魚が釣れ盛っていたが、私に釣れたのは、結局ハマチ2匹にアジ2匹のみでした。皆いろんな魚が釣れているので、イカに移動する時間になっても、少し時間を延ばして楽しませてくれていた。私にもメダイが来ないか祈ってはいましたが・・・。

沖に30分ほど移動して、ムギイカ狙い。全然乗らない。今日はダメなのか?と思いきや、左舷トモの人は釣っている?誘いと棚がむづかしく、中々釣る事が出来ず、途中ウルメイワシに浮気したりして、イカはたったの5ハイしか釣る事が出来ませんでした。しかも1杯船の水抜きの穴から逃げ出してしまい、お持ち帰りは4杯のみでした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
釣果はこんな感じで、ハマチ9尾・アジ3尾・ウルメイワシ17尾
イワシは釣れ過ぎるので、20分程度遊んだだけです。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで釣れていましたので、多い人は100尾以上釣っていたと思います。

釣果はパッとしませんが、久々に十分に楽しめた釣行でした。

2日の昼にハマチとイワシの刺身と酢で絞めたイワシを食べた。
クリックすると元のサイズで表示します
最近酢の物がマイブームになっていて、創作と言いますか、ハマチも少し酢に漬けてみています。
今晩は、アジ・ハマチ・イワシ・イカの刺身尽くしと焼きが何かあるかな?
クリックすると元のサイズで表示します
アジも開いてあるので、いつでも焼けます。天気が良ければ、干物にもで出来ますけどね!
0

連日の撃沈  イカ

2月1日(金)曇り、22時〜7時、今回は、ヤリイカ釣り
今晩から波風が治まり、福井の船が出船できそうなので、仕事が終わってから、初めての敦賀発のT丸を予約した。徹夜になるので、近い方が楽かな?という安易な考えとHPの釣果が良かった事も理由の1つだ。

21時集合、21時半釣座抽選、21人とほぼ満席状態!小雪がチラホラ舞う中、22時出船。結構近場で、30分も走ってないのでは?というポイントで、岸がすぐそこで、水深が30mぐらいと非常に浅い。棚が浅いので手返しが早く出来、釣れれば好釣果が期待できる。

そんなに、都合よくは行かず、最初から沈黙!右舷でポツポツ釣れたが、続かない。
左舷では、胴付近に入った私が最初に掛けた!が次が続かず。拾い釣りが続き、左舷では、ミヨシの方がダブルと私がトリプルと奮起するも、
クリックすると元のサイズで表示します6杯づつ。
クリックすると元のサイズで表示します私の左隣の方が、ようやく1杯ゲット。右隣の方はまだ、竿が曲がらずじまい。アタリが遠退き、場所移動。この場所では、船中2杯。また移動。

ここでは、最初こそアタリはなかったが、そのうちポツポツアタリだし、左隣の人もゲット、私も1杯追加、までは良かったが、そのあと、全体にプチ地合いなのか?竿が曲がり出し右隣の方が、3杯連続ヒット。私には、アタリなし。

釣れないのと、寒くなったせいか、5時前ぐらいから左舷の私より後ろの方々は、道具を仕舞い、キャビンへ撤収されて行った。右舷を見ると、調子が良いのか?撤収されている方は、見えなかった。相変わらず、私にはアタリが無く、今日もモヤットして終わるのか?と思うと、帰り路にドット疲れが出そうだ!

6時過ぎ、ようやくアタリ、ひさびさのゲット、続けてゲットしたところで、船長が「あと、5分ぐらいで終わります」のアナウンス。折角、調子が出て来たところなのにと思いつつ、ラスト投入、アタリ、ゲット。で結局、最後の最後で3杯追加でなんとか10杯の釣果でした。終わり良ければ・・・?少しは。。。です。
クリックすると元のサイズで表示します
釣れたイカは、流水で活かしているので、帰り真近まで元気で、鮮度は最高です。

船中21名の釣果:約100杯(1〜20杯)、竿頭の人はダントツでしたが、寂しい釣果でした。帰港後、船長が別船釣果を聞いたら、越前のポイントでは調子が良かったみたいです。

私が良く行っている、海生丸さんもまあまあで、船中353杯の竿頭78杯でした。
なんとも、今年はついていないのか?ハズレを引くのが得意というか、私が乗ると釣れないのか?選択ミスなのか?都合良くいきませんね!
イライラが弾けそうなので、しばらく、おとなしく岸から遊んでいた方が良いかな?

これで、今日の松○さんの中深海が調子良かったら、泣けてきます。
0

タルイカ釣り2  イカ

12月27日(木)曇り、終了時小雨、22時37分出船〜7時53分帰港

今回は、タルイカ釣り。過去2回ボウズ。2回時化で欠航、なんとしても3年越しのタルイカを今年中に顔を拝んでおきたい。

仕事が終わり、餌の秋刀魚とスルメイカを購入。最初の店に秋刀魚が2匹しかなかったので2箇所めぐったりした為、予定が少し遅れて帰宅。風呂に入り、道具を積み込んだ。この時、またボウズだったら、一日便のメダイ釣りをリレーしようか悩んだが、徹夜になるのと、冷凍庫の中がいっぱいなので、今回は断念してメダイ仕掛けは置いていく事にした。

17時30分に自宅を出発。高速のETC通勤時間割で長久手から一度一宮で乗り直して、敦賀で降りて、若狭大島の海生丸さんに何処にも寄らずに直行して、21時に到着した。

受付に行ったら、仮眠を取っている方が一人。一日便のメダイを釣った後に、深夜便に乗るみたいだ。女将さんに釣果を聞いたら、ここ2〜3日凪過ぎて、全然タルイカもメダイも釣れていないよとの事!やっぱりある程度荒れていないとあまり釣れないみたい。いきなり出鼻をくじかれた。あと、私の後に受付した人は、翌日の一日便のメダイの料金まで払っていた。私も仕掛け持ってきとけば良かったかな?ちと後悔?

受付での釣り座のくじ引きで7番を引いた。らっきーセブンになります様に(祈)
釣座は、右舷の後から2番目。前から5番目になった。今日のお客さんは、14名とぼちぼち多めかな?

23時出船だが、早く準備が出来たのか、早めに出船した。23時50分ごろ釣りスタートとなった。曇りで月も影になっているので好釣果を期待したい。

やっぱり予想どうりの、いつもの展開で、しばしの長〜い沈黙が続く。。。
1時半ごろ、右ミヨシ前から2番手の方が、ヒット&ゲット。しかし次が続かない。
女将さんの予想が的中!!!

3時過ぎに艫側と左舷、私の右隣の方が、5人ぐらいたて続けにゲットされた。地合いに乗り遅れないようにと、想うも空回り。棚を聞いたりして合わせたりしたが・・・。

4時を過ぎ、またボウズかな?と頭をよぎる。4時15分左隣の方がゲット。同じ棚に合わせておいた。

4時45分。竿がテンションが無くなり、食い上げみたいな初アタリ!
慎重に、身切れしないようにドラグを緩めで、ゆっくり電動で巻き上げた。最初は、あまり引いてなかったが、残りわずかになったら、良く引く事。しっかり引きを味わった。型を期待したが、小さい。ギャフは初めてなので、艫の方に頼んだが、断られたので、小さいしそのまま抜き上げた。
クリックすると元のサイズで表示します

小さいが、初のタルイカゲットする事が出来、ボウズも免れた。よかった!よかった!
釣れたら釣れたで、欲が出るもので、もう一杯。

しかし・・・。ほっとしたのか、眠気が出てきてウトウトしていたら、竿がぁ〜!引いてる!ドラグを閉め気味にして、上げてきたら良いタイミングで船長ががギャフを入れてくれた。
ついでに記念撮影!
クリックすると元のサイズで表示します


時間を見ると6時。もう沖上がりかな?と船長に聞くと、もう1投できるよ!と言われ、もう一杯と願うもタイムアップ!納竿は6時40分と時間ギリギリまで粘っていただいた。

朝方、バタバタと地合いで釣れたみたいだが、竿頭で2杯みたいでボの方もみえたようでした。
船中、18杯と低迷していて、サイズも小さ目ばかりで、大物は無かったみたいです。

なぜか、マグロがつれてました。仕掛けは不明です。左舷の胴でサワラ狙いとか言ってジグ投げている、ふとどきものがいましたが・・・。回りの迷惑を考えるべきだと思います。

私も2本竿を出したり、ジギングも餌釣りの乗合船で、やる事はありますが、周りに迷惑にならない範囲で、お客は5人以下で艫が取れたときに限定と行き付けの船だけにしています。船長にも極力了解を取ってからにしています。

釣果:タルイカ2杯(41a・46a)

クリックすると元のサイズで表示します
小さいので、今日食べれると思い、お刺身とゲソのバター炒め&塩コショウ炒めで頂きました。非常においしく、刺身に関しては家族からはイカの食感じゃないとか言いながら、あっという間に今日の分は無くなってしまいました。軟骨もおいしく頂けました。

目玉が大きいので、記念撮影しました。(小さい方)
クリックすると元のサイズで表示します
大き目の方は、これより二周りぐらい大きかったので、ビックサイズのタルイカの目玉はさぞかしデカイと思います。

今日の釣行で、今年49回目でした。もう一回で目標達成なので行きたいのですが・・・。
0




AutoPage最新お知らせ