キス・カレイ釣  カレイ

26日GWの初日、2日前までの天気予報は晴れのち曇りだったが、昨日の予報は曇りのち雨所により強く降るとか?とりあえず、昼過ぎから怪しいが波風は無い予報だった。

朝2時起床、外は雨?結構降ってる。家から20Kほど走ったら路面は乾いて、雨はやんだ。今日は義理の従弟との釣行。待ち合わせのPAで合流し、餌の青虫を買ってから乗船場へ。右舷の後とトモに陣取る事にした。

出港前から、小雨が降ったり止んだりしてたが、釣り出してものの1時間もしないうちに大雨、そのうち雷まで鳴り出したかと思うと、バケツをヒックリ返したようなスコールが降ってきたと思ったら、痛い!ヒョウまで降りだした。初めは小さめの氷だったがそのうち10oを超える大きい物まで降りだして、頭や竿を持っている手まで痛いのなんの。。。

結構長い時間ヒョウは降って、軽く船内に積もる?ぐらい。雨はひたすら降ったり止んだり、急に強くなったり。そのうち突風、風まで強くなった。春の気まぐれの嵐で貴重な体験が出来ました。大雨の中、釣りをやってみえる方はごく一部でした。(ほとんどの人がキャビンの中)

釣果は、さんざんでキスの活性はそこそこあったものの、カレイメインで大きめの針で狙ってた私は、餌だけ取られる事が多く、針掛りは少なかったです。従弟は酔ってしまい、あまり釣りにならなかったのですが、40aのカレイを釣りドラマを作ってくれました。(私のカレイの最高は岸から釣った38センチなのに・・・)

結局従弟は、カレイ1尾に、キス4尾、トラキス1尾でした。
私は、カレイ3尾・キス9尾・カサゴ1尾になぜかしら、カタクチイワシが1尾



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
メゴチも4尾釣りましたが、従弟のあげました。

途中、ワカメを釣り上げた人からワカメをいただき、メカブの部分が変っていたので助手の人に聞いたら、養殖物のワカメだそうで、メカブ部分が多かったので、半分ほどもらって、ワカメ部分は従弟の土産にもって帰らせた。帰港後、メカブが欲しくて少しワカメを採りました。帰りに魚太郎に寄ったのは他でもありません。

ワカメを湯掻く前と後です。鮮やかな緑になりますね!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
右上にあるのが養殖メカブ。下にあるのがチョッと大きめですが天然です。

今晩のおかずは、キスのテンプラ、ついでにカサゴも・
クリックすると元のサイズで表示します

メインは、ワカメのオンパレード?かな。
クリックすると元のサイズで表示します

ワカメサラダ・メカブのポンズあえ・ワカメの茎の佃煮(の中にイワシを混入させました)これが蒲焼風で最高に美味しかったー。
カレイは、明日甘酢あんかけの予定です。

次回こそスッキリ爆釣ーーーになりますように。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ