3回目のチャレンジ!  アカイカ(マルイカ)

本日 7月16日(火)は、休みを取って魚勘丸さんへアカイカ釣り!

本アタリのお勉強が目的の、リベンジも兼ねてです^^;


今回は、かいちょさんと2人仲良く行ってきました。
かいちょさんは、昨年アカイカに行くも撃沈だったらしく、リベンジに燃え鼻息荒かったです(笑)

4時40分頃に宿に着くと、駐車場がいっぱい@@
適当に車を止めて宿に入ると、まだ誰も居ない?

駐車した場所が、まずそうなので移動しに出ると、豊橋No.??

ナンバーをみると、見覚えが・・・・・(笑)

カワハギ釣りのエキスパート、DKO東海チャンプのこうさんでした!

今週は来れないと聞いていたので、ご一緒出来て超ラッキーです。

こうさんも今シーズンからアカイカ釣りを始められて、どっぷりハマってしまわれたみたいです。

こうさんは、今回が4回目のアカイカ釣行です。

宿で、乗船名簿を記入し、モーニングコーヒーを頂いてから船着き場へ移動!


船長が、勝手に指定してきた釣座は、右のミヨシに2人ね♪

左舷を期待していたものの、こうさんが居るので仕方ないかな!?


お客さんは9名! 

釣座は今回も先回と同じく、右舷ミヨシ! 隣にかいちょさん。

左舷ミヨシは常連さんらしき人で、2番にこうさん!


昨日は、あまり釣果が芳しく無かったみたいなので、とりあえずツヌケの目標でスタート!


深場を攻めるので、オモリは40号からスタート!

少し浅い場所でやってみるも、反応なく深場の50mラインへ移動!

ボチボチ反応があり、ファーストヒットは私だったのかな?(笑)

2杯ゲットした所で、今回も・・・いきなりの地球!?

願い空しく、全損(大泣)

船長は、全損した私を見て大喜び!!


折角の時合いを、大幅なロスです(泣)

ようやく仕掛けをセット出来た頃に、移動!

クリックすると元のサイズで表示します

チョッと焦って、市販品の仕掛けをセットしたら、枝間が異様に長〜〜〜い!

1杯追加後、投入したら...

こうさんと、酷ーいオマツリ。。。

これまた、仕掛けをクシャクシャにして回収!!!!!


いきなり序盤で、2個の仕掛けがダメになってしまいました(大泣)

船長からは、「まだ3杯なん?! もうダブルスコア―やよー!」 だって!


おいおい! わしが何やってたか見取るやろ(苦笑)

いきなり出鼻をくじかれて、調子狂いまくりです@@


今回のタックルは、1,580円のパワーハンター7:3の穂先を削ったものと、
2,500円程度で昔買ってた安物竿と、保険でもってきた1332airです。

オモリ40号は、1332airをメインに使ってたのですが、潮が速く、
オモリ50号を使うように船長から指示が出てからは、1332airを封印!

というか、使えませんでした@@

イカの活性は、ソコソコあり、当初の目標であるツヌケは達成!

船長からは、20杯のノルマが課せられました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


船中では、カサゴ・イサキ・メバル・アジ・イワシ等々の魚も釣れてます?!

船長が、大きく竿を曲げて釣上げたお魚は・・・
クリックすると元のサイズで表示します

  マハタじゃあ〜りませんか(笑)

 羨ましい! てか、スッテで色んな魚種が釣れてしまうんですね!(笑)


 頂〜戴〜〜〜!と叫んでたら、 私の前のバケツでマハタが泳いでました♪



ここから、長〜〜〜いクルージングが始まり、中々仕掛けが投入出来ません!

いきなり活性が低くなり、アタリがありません。。。

後半に時合いがある事を期待!!




暫らくして、魚探に好反応!

アタリが一気に出て来て、時合い到来!

船長から、ノルマ30杯の上方修正@@






結果、ノルマは達成できたものの、最後は腕が疲れて失速!

アタリもイカパンチのゲソ釣りで終了してしまい、不完全だけど疲れきってました。


かいちょさんは、船長から優しくレクチャーして貰いながら、着実に数を追加!

 抜かれたかも?・・・

こうさんは50杯と、船長も脱帽のご様子!!

 私は、34杯と、またまた微妙な数で終了でした(汗)


今回は、イカの活性が低いと思っていただけに、ソコソコ楽しめて良かったです。

かいちょさん、こうさん、 楽しい釣行をありがとうございました。


船長には、マハタのお土産まで頂いてしまい、大変恐縮です。
また遊びに行きますので、よろしくお願いしますね!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ