ヤリイカ・・・  イカ

今日は、敦賀 色ヶ浜の 甚五郎丸さんにて、ヤリイカ狙い。

ブログ仲間の浜ちゃんも、同行するとの事で、心強く楽しい釣行だ!

天気予報は、凪過ぎる方向となってしまい、人にとっては最高の釣り日和なのだが、ヤリイカはどうなのだろう?

以前、タルイカ釣りで (別船の女将さんが)、「今日は、ベタ凪だから 厳しいよ!」と言われ、坊主を食らった経験がある。
他にも、ヤリイカでは 大荒れで 3杯とか、スルメ釣りでマイカ1杯とか、日本海でのイカ釣りは、8割以上 貧果に終わっている。


お客も集まり、くじ引き! 浜ちゃんに引いて頂き、3番クジ! 最高の出足。
釣座は、広々とした大ドモ(左舷側に浜ちゃん、右舷側に私)に決めた。

お客さんは、満員という事で、15名! 

知多の 土日の乗合船では、考えられない程の広々とした 釣座。 最高です!
17時少し前に出船。
晴天、ベタ凪の海を 越前沖まで 1時間ぐらい掛かると思っていたら・・・

17時18分エンジン音が小さくなり、ポイント到着!
17時30分頃から、釣り開始

水深、29m と浅い。

しかし、潮が速いみたいで オモリは100号!

しばらくやっても、イカからの魚信、全くなし。19時ごろ 船中5杯ぐらい釣れただろうか?

「周りの船も釣れていないらしいので、ここでしばらく頑張ってみます。」
と船長。

・・・30分後

それにしても あまりに釣れないので、ポイント移動。この時点での坊主は、私を含めて5〜7名ほどいたみたいです。

次のポイントは、水深37m。 さっきよりは 深めです。

移動後、ぽつりぽつりと周りで釣れ出します。
浜ちゃんにも、待望のヤリイカが初お目見えです。

私は、仕掛けが悪いのか?1度(自作7本針→自作6本針)交換しましたが、一向にアタリは出ません。

プラヅノも、今日のアタリカラー(蛍光キミドリ)を2本交ぜ、スッテは緑・赤1個に定番のピンク・紫・薄い青等々。

浜ちゃんもパターンを掴んだのか、アタリを出して釣り上げています。

船長が、釣れていない人に アドバイスしに回ってきました。
「1度、市販品の仕掛けに変えてみて!」と

交換後、2投目に待望の アタリ! 大事に取り込み1杯ゲット♪

船長: チェックに来て 「やっぱ、仕掛けが悪かったんやな!」

  「これで 船中坊主が無くなって よかった」

私:「すみませんでした。私が最後ですか?」 との問いに

船長:「ついさっき、前の人も釣ったから」と 

船中ラス2の ボウズ脱出だったみたいです。


確かに、船長に言われる前に市販品に交換しようとも思ったが、アタリカラーのキミドリが入っていなかったので、躊躇していた。


あと、船長曰く、「今日は、ベタ底で 誘わんと 底で止めているぐらいの方が良さそうだ!」 とも ?!

誘い過ぎても、乗らないみたいですね! 何とも今日は 難しい!

誘いも色々試して、イカが乗るタイミングも取っているつもりなんだけど、パターンが掴めませんね。

隣では、浜ちゃん ダブルでゲットも織り交ぜ、6杯ゲット!

私もなんとか、3杯(24・26・33cm)ゲットした。

時間は、22時少し前。 20時半から1時間ぐらいが時合いだったのだろうか?

それにしても潮が速く、右・左舷に座られた方の 道糸が流されている事!

1時間ほど誰も釣りあげていないのと 潮が速すぎるので、23時に早上がりするとの事でしたが、終了5分ほど前に、前で2杯ほど釣れたので 終了時間まで続けたが、追加できずに終わった。

結局船中 竿頭は15〜6杯ぐらいとの事
    
     裾は私を含む数名が、3杯だったみたいです。
クリックすると元のサイズで表示します

また、来年 リベンジです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ