またまた、フグ修行!?(笑  フグ・カワハギ

今回も、またまたフグ釣り修行に行って参りました。

先回、コモン1匹という情けない釣果に奮起し、苦手なカットウ釣りを少しでもマスターしたいものです。

勝手にカットウの師匠と思ってる、たけさんと神島の船からのリベンジです。

今回は、魚の活性次第もありますが、とりあえず神島の平均釣果であろうコモンフグ30匹と、
たけ師匠の半分以上の釣果を目標にしました。

ただカットウに使用していた、極鋭1342が修理に出てて、
自分のカットウスタイルに合うタックルが・・・無い(泣

今回も先回同様の、
硬め調子の極鋭1454AIRと柔らかめトッパさん作のトッパSPの2本を持ち込みました。

釣座は、左舷ミヨシに先回の神島釣行時の竿頭の名人さん!
 右舷ミヨシにたけさん、その隣に私。


開始早々、たけ師匠とほぼ同時にコモンをゲット! まぐれだけど・・・(笑
珍しい事もあるものです。ただサイズがたけさんの半分(泣


追撃態勢を取ろうと頑張るも、アタリが取れずに差が開くばかり(苦笑。
外道の、カレイが釣れたけど、フグはからっきし(汗


いつもは静かな釣りでアタリを取られる、たけさんが、
仕掛けにタコベイトと中オモリで、激しい叩きを入れての誘いです?!(驚)

フグの活性は微妙で、思いっきり誘わないと反応が鈍いらしいのです。

私にも、折角掛かってくれるフグが居ても針の掛かりが悪く、バラシが多くあります。

先回調子の良かった、鮎針11号と13号をメインに使ってましたが、
針に迷いが生じて、あれやこれや色々使って定まりません。

微妙なコモンフグのアタリの勉強にと、硬い竿から、柔らかいグラスに変更!

全く違う調子の竿に戸惑いつつも、アタリっぽいような?で合わせたら、
掛かってるのかも分からず、とりあえず回収すると、ピンポンサイズのコモン@@

チャンと掛ってくれてました。これは即リリースしてあげて、アタリ取りの勉強。

しかし、掛けようと竿をしゃくるも、魚が掛かってるのか解らず微妙です。
竿が短く、ストロークが無いのが原因のように感じましたが、竿が短い分、竿の感度は高めで、
穂先は柔らかく感じが良いので、スキルを上げれば強い味方になってくれる竿です。

ただ今回は、誘いを入れるのに穂先が軟らか過ぎたので、
この竿(トッパSP)は、コモンを5匹ほど追加後に、硬めの竿に、また変更。

仕掛けに中オモリを追加して、タタキ弛ませでフグを誘います。
仕掛けには、ピンクのタコベイトとケミホタルを付けています。

たけさんが、3〜4匹釣っては、1匹掛ける程度では、半分には追い付けれません。
大きめの、鮎針15号と16号を付けて、あと下針のハリス長さを15cmから20cmに変更。

これがパターンに合ったのか、少しだけ連荘@@
単に時合いなだけかも(笑

そんな時、怪しげなアタリっぽさからの根掛かり?・・・もしや?
根から針を外そうと手でラインを引張ってたら、案の定ジワーっと上がってきます。
底から、引っぺがしてやったら・・・
やっぱし今日も来ちゃったか〜!のタコゲットです。

今日は、フグの気分なのに、タコに好かれ過ぎてます。嬉しい悲鳴ですけどね(苦笑)

そのうち、全然フグの反応が取れなくなってしまい、順調に追加されてる、たけさんに教えを乞うと、
パターンが変わって、大きく誘わず静かに待つと釣れるそうな?

実践すると、即釣れちゃいました。
引き出しの多さと臨機応変な対応が、上手い方との大きな差ですね。

やっとフグが釣れるようになったというのに、ずっしり重量感が乗っかってきた@@
またかぁ〜?と思ったら、やっぱしタコの追加です(大汗

無欲のオマケみたいなものでしょうか?

今度は、底の方からチョッと泳ぎます???
ウマヅラか?ヒガン?カレイ?と予想してたら・・・

海面から上げて、やっぱしカレイだったか、と思うも、なんか違うような??
よ〜く見ると、歯もあるしー。

ヒラメ じゃん。(超ラッキー

カットウでもヒラメが釣れるんですねぇ!

今日は、仕事明けの、ほぼ徹夜に近い釣行でしたが、たけさんと楽しいフグ釣りが出来、
船長から残り10分のアナウンスがあるまで時間の経つのを忘れてました。(爆

集中してたのか、眠気で頭がボケてたのかは、定かでないですけどね

クリックすると元のサイズで表示します

今日の釣果は、コモンフグ23匹(リリース1)、タコ2杯、カレイ(31cm)ヒラメ(41cm)

たけさんのおかげで、フグも平均的な釣果が得られた感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
名人2人と私の釣果です。 竿頭たけさん37匹(内ヒガン3匹)
左舷ミヨシの名人36匹(ヒガン1匹) スソの方は、5匹程度。

外道を釣ってる方を、あまり見かけず右舷は私だけ、左舷はミヨシでタコが釣れてたけど、
左舷や艫は良く解りませんが、タコも船中5杯も釣れて無い感じでした。

何故に、外道が釣れてくるのか?自分でも不思議に感じてます。


(別船の親父船のフグ釣果は、竿頭71匹でした@@)


今回はほんと充実した1日が過ごせて、最高の釣行でした。

たけさんには、車・運転・フグ釣ご教示まで、たいへんお世話になりました。

ありがとうございました。


またお願いしますね♪
1




AutoPage最新お知らせ