おいしい鬼カサゴ(^^  

日曜日の釣行で、久しぶりに鬼カサゴを釣ることができて、

食べる楽しみも大きく膨らみました。


以前アイランドさんという方が、イセエビの味がする?とか言われてたので・・・

  >・・・ 

そういえば、活かして持ち帰った場合でしたねぇ〜(苦笑)
クリックすると元のサイズで表示します

活きた状態で毒針を散髪してもらい、クーラーにそのまま入れたので活締めしてない(汗)


せっかく神経締めの道具もあったのに残念(泣)


帰宅後、さっさと道具を洗って調理開始!


とりあえず鬼カサゴ3匹のみ調理して、晩御飯に。。。


と、 クーラーを開けると、 元気な奴が・・・(爆)



一番小さな鬼カサゴが、元気に活きてるじゃないですか(驚)

すんごい生命力ですね!

こいつの半身は、お刺身に決定!!

あと、いちばん大きい奴の半身もお刺身に。


活きてる奴は頭を落としても、お口パクパク@@


内臓も捨てるところが無いと言われてますが、胃袋と肝だけいただきます。


3匹分の胃袋の半分を塩コショウで串焼きに。

残り半分は、皮と肝と一緒に湯通ししました。


大きい奴の兜を半分に割り、酒蒸しに・・・。


初日は、お刺身と兜の酒蒸しと胃袋・肝を頂きました。

残念ながら写真はありません。嫁が嫌がるものですから(苦笑)


お刺身ですが、活きてたやつを食べるとプリプリで甘〜く、ほんと味も触感もイセエビに近いものがありました。

大きいやつの刺身も美味しかったのですが、同じ魚と思えないくらいの違いがありました。


胃袋と皮の湯引きは以前も食べましたが、あいかわらずコリコリ・トロトロで美味しいですね!

今回は一緒に行った、MKさんのお勧めが塩コショウ焼きだったので、串焼きにしてみましたが、絶品。酒のお伴には最高ですね!


あと驚いたのが、“肝”。甘くて美味しかったで〜す。



酒蒸しは、ムサボリついて吸いつくして食べました。おいしかったー!


やっぱ鬼カサゴは、格別なおいしさがあります。




2日目は、中型1匹とチビの頭を煮つけました。

嫁は、メダイの西京漬けが食べごろだと焼いて食べてました。

鬼の煮つけが、メダイの味に負けてしまい残念でした。

神経締めした、カサゴの刺身も食べましたが、コリコリとおいしかったですよー!




3日目は、お刺身を取った残りの半身2切れをムニエルに・・・

これまた絶品でした。


これで、今回の鬼さんは食べつくしちゃいました^^;


残っているカサゴちゃんは、冷凍庫の中で眠っています。



今日はメダイの西京漬けを全て食べてしまい、メダイも残すところ刺身用の冷凍3柵のみで〜す。
0




AutoPage最新お知らせ