初めてのアラ狙い  釣り

今回は、フィッシャーマントトさんにおんぶにだっこで、初めての船宿
師崎の松下釣船さんにお世話になって来ました。

トトさんは、昨年末と5月に、幻の魚【アラ】を2回もゲットされています。
昨年の晩秋から トトさん、あつさん、スーさんに 泳がせの大物釣り、
クエ釣りに誘われたりしていたのですが、私はカワハギに没頭していて
一人取り残されていましたが、4月の銭洲、今回のアラでようやく大物釣りの仲間入りかな?!(笑)


釣座は、トトさんの引きの強さで2番クジを引いて頂き、トモに一人余裕の釣座を構えさせてもらいました。トトさんは右舷の後ろ。お客さんは、9名でした。

最初は餌となるスルメイカ釣りから。直結6本仕掛けを準備して出船。

湾内は穏やかでしたが、伊良湖水道を越えた辺りからウネリが入り、沖へ進むにつれてウネリが大きくなっていきます^^;

チョッと気分がヤバイかも、と思い、アネロンのドーピング(爆)遅過ぎますね!
イカポイントに着いた頃までヤバかったのですが、実釣開始してから気分はどうにかもちました。

肝心のイカですが、群れが小さいみたいで中々投入出来ません。
2投目でようやく1杯。4投目にやっと2杯目。ウネリで途中バラシ多発。

釣れない時間だけが過ぎ去り、餌釣の時間と数に不安が・・・
未熟な直結の本数を減らしてブランコを5本追加して、混合9本仕掛けに変更。

9時を回った辺りからやっと群れが集まり出したらしく、3杯追加。
ラストの投入で数を付けようと底でしっかり追い食いさせて巻き上げ^^

重くて巻き上げが遅くなった所に、サバの猛攻(泣)

上がってきたのはサバが一匹と、イカ1杯(大泣)サバに振り落とされたみたいです。

結局9時半までで、イカ6杯と、大きめのマサバ1匹の餌調達完了です。

お土産には淋しい釣果ですけど、なんとか次の本命釣りが出来そうです。

水深220m〜275mまでの底立ちを取って、イカの泳がせメインで、
サバの1匹掛けや、捌いて短冊付けたり色々試したのですが魚信は無し。

クリックすると元のサイズで表示します

幻の魚はいつゲットできるか解りませんが、梅雨の合間の絶好の晴天の下で
大山沖までのクルージングを楽しんで本日の釣行は終了しました。

楽しみは先に持ち越しです^^。



フィッシャーマントトさん、今日は一日大変お世話になりました。

また、大物狙いに出掛けましょうね!



本日のタックル&仕掛け

イカ釣り
 竿:舞網工房ヤリイカ竿1.9m リール:電動丸3000H 道糸6号300m
 中オモリ、自作10号。オモリ150号。
 ハリス12号直結プラツノ18p6本仕掛け。
 途中から市販ブランコプラツノ14p5本も追加。

アラ狙い
 竿:ゴクスペスタンディング2060-220 
リール:タナコンブル750 道糸8号500m
 イカ泳がせ仕掛け:親子サルカンにハリス12号2.5m、針ムツ22号と孫針ムツ20号
 天秤仕掛け:ハリス12号2本針(ムツ針18〜22号)
 水中ライト:赤点滅、オモリ250号。
0




AutoPage最新お知らせ