半夜便の予定が、1日便に。  メダイ

23日(金)昼に、土曜日半夜便(アジ五目とムギイカ)の予約の電話をしたのですが、予約者無しで出港未定。
HPに載って無かった一日便のメダイ五目が予約者2名で出港未定。

私が1日便に入れば3名で出港決定との事でしたので、メダイ五目で予約しました。

今シーズンのメダイ釣りは諦めていたので、チョッとラッキーかな?

天気予報では、風は少し残りそうですが波は1.5mから1.0mと凪予報だし、
ポイントは浦島礁まで走らずに、冠島周辺なのでアジも期待できるので干物も(笑)

仕事帰りに、サンマとスルメを購入して付け餌の短冊を作って、
速攻でメダイ釣りの準備をして就寝。

0:00に起きて0:40に自宅を出発。
小浜の釣具屋さんに3:30頃到着して、オキアミ3個とアジのサビキとクッションを購入。

4:00頃に、今回お世話になる若狭大島の海生丸さんに到着しました。
4:20に電気が付いたので、受付と釣座のくじ引きを済ましました。

今日のお客さんは5名で、2番クジで釣座は左舷後ろ。
タックルは、メダイ用でシマノのシーウイング80-360と電動丸3000H
アジ用でゴクスペS711-120(2.2m)、ハイパータナコン300を準備した。

長竿は海春80-360にしようかとも思いましたが、トラブルの少ないインナーロッドにしました。

5:30出港。
湾内を出た途端、ダバダバの大荒れ(驚)
クリックすると元のサイズで表示します
波高は、2.5mを越えてそうです。天気予報また外してくてました(苦笑)
北寄りの風も強くて、船が進んでくれません。

普段だと1時間の航路が2時間掛って、7:40到着。
アンカリングに30分ほど掛り、8:10から実釣開始。

水深124m、棚は95〜100m。
オモリ150号、天秤吹流し3mの2本針。

1投目からトモの方が、小さいながらもメダイをゲット。

私の竿にも前アタリは出ましたが、針掛かりせず(泣)
速攻で仕掛けを入れ直したら、すぐさまアタリ♪

しっかり喰い込ませて1尾目ゲットー。船中3番目。
小さいながらも良い引きを楽しませてくれました。

長竿7:3調子の手持ちは、引きを倍加させて大物と勘違いしそうです(笑)

小さなアタリで、オキメバルをゲット。
深場から引き上げるので、浮き袋や目玉が飛び出て可哀想なので、チビでもお持ち帰りです。

全員が1匹づつメダイゲットしたところで、長〜い沈黙。

右舷ミヨシの方が竿2本出ししてたので、私も今日購入したアジサビキ仕掛けを付けて2本目投入。
クリックすると元のサイズで表示します
グラスロッドに150号オモリを乗せると良く曲がります。

しばらくすると、オキメバルが釣れてきました。
アジが欲しいのですが、今年はまだ居ないみたいです。
例年、アジの好ポイントなんですが…。船長も頭を抱えていました。

サビキ仕掛のロッドが激しく揺れます。
メダイが喰った模様!

手持ちでメダイの激しい引き込みをかわしながら、楽しいです。
針の懐が小さいので心配でしたが、なんとか取り込めました。

続いて、サビキにマタマタヒットー!
アジ針は心配ですが、幹糸7号のハリス5号仕掛けなので、強度的には安心です。

小さいながらも、3匹目をゲット。サイズは皆一緒です(苦笑)
クリックすると元のサイズで表示します

これを見た、トモや右舷の胴の方も竿2本出しでサビキ釣り開始(笑)

しかしメダイが回遊してくる事無く、時間だけが過ぎて行きます。

16:00沖上がりなのに、14:30に竿をたたむ方も・・・。

15:20に私もサビキ仕掛けを回収して、オキメバルの下処理を・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

と、腸を出していると、竿に反応が・・・。(笑)
喰い込めと思いつつも、竿は曲がらずに終わりました。

皆さん竿をしまってしまい、竿を出しているのは私だけ〜!

魚をクーラーにしまって、悪あがきで最後にもう1投しようと仕掛け回収。

電動全開で回収してましたが、竿が曲がってリールが唸っています???
もしやと思いきや、またまたおチビなメダイ(今日最小)が付いていました。

喰い上げ、居食いみたいな感じだったのでしょうね!ラッキーでした。
15:48だったので、船長から「もう1投してから終わりましょう」
との言葉に甘えて、ラスト1投!

結局ドラマは起らず、15:58納竿。
メダイのヌメリと鱗とエラを取って、クーラーに。
クリックすると元のサイズで表示します

終わってみれば、メダイは私以外は1匹と厳しい釣果でした。
トモの方は、アジが1匹釣れたそうです。

私は今日も、アジには見放されたみたいですが、本命が釣れてくれてラッキーでした。

船宿のHPにも出てますが、「淋しい釣果」
http://www.kaiseimaru.net/chouka.html
知多の大型乗合船とは違い、
正直な釣果を載せてくれているので、情報収集は信頼できます。

次回は半夜便の調子が出て来た所で、お世話になりたいと思います。
2

春の味覚。  

毎年春先には、かかさず山菜採りをしています。

しかし今年は天候不順と、季節感が微妙なので、

タラの芽、フキノトウは、採りに行かずしまい。


桜の花が咲く頃には、ワラビの第一陣を詰み採りに行くのですが・・・。

このままでは、今シーズン食べずじまいになりかねないと思い、

今日仕事から帰ってきてから30分ほど探してきました。

採る場所が狭く、量もそれほど採れない場所なので、人が入っているとほとんど採れません。

今年は野焼されていて、尚更出が悪いのに見つけやすいので、残っていませんでした。

タラの芽も確認しに行ったら、大きく芽が開いていました(苦笑)

2か所目に移動したら、竹藪状態。

最初の場所の半分の広さも無いのに、人が入った痕跡有り有り(汗)

クリックすると元のサイズで表示します
採り残しを探して、大きい物も(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
50cmぐらいありますよ。

以前は、直径1cmオーバーで、 
高さは、1mオーバーのお化けみたいのも良く採れていたんですが、
近年は見かけなくなってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
なんとか、今晩の御浸し程度になりそうです♪
0

返り討ち(泣)  釣り

今日は先週のリベンジを兼ねて、懲りずに松新さんへ アジ・イサキ釣りへ♪

土曜日と迷いましたが、天気予報の波風予測が日曜の方が全然良かったものですから(笑)

土曜日の各船宿の釣果をみると、アジ・イサキ以外にサバまで良く釣れています。

土曜日は大山沖まで出れないと思っていたのに、

行けば良かったとの後悔と明日への期待が膨らみます(^^;。




日曜の朝、家を出たら妙に寒いので車の温度計をみたら・・・
クリックすると元のサイズで表示します
3℃とめちゃ寒い。 

4月も中旬だというのに、どうなってるのでしょう?

そういえば、昨日は東京は41年ぶりの4月半ばの大雪で積雪までしてましたね(驚)

船着き場に着いても 6℃と寒いです。

予報だと、晴天で気温も20℃ぐらいまで上がるはずなので、

雨合羽に下はすぐ脱げるフリースのチョッキを着て乗船。


乗船人数は、なんと天秤フカセにもかかわらず 32名と大入りです(涙)

釣座は、通常だとミヨシから2番目に構えました。

5時半出船!
クリックすると元のサイズで表示します

今日は凪予報だったので、行きはのんびりキャビンで横になって行く事にしました。

伊良湖水道を越えた辺りから、右舷側に波飛沫を浴びます。

風がありそうだけど、収まる方向だと信じてました。

6時40分頃ポイント到着!

仕掛けをセットしますが、波風が強い。

天気予報、どっ外しです。(泣)

この程度の波風だったら、なんとか凌げるので良いのですが、凪を予想していただけに・・・

クリックすると元のサイズで表示します

船長の合図で仕掛けを投入!!

指示棚になるようにコマセを振って、リールを2回転。

待つ事、5分もしないうちに初アタリ♪

珍しく、1投目から良型イサキをゲットー!!

今日は、釣れてくれそうな雰囲気でしたが・・・

1時間以上も船中沈黙! 私の1尾だけ!


お客さんは多く、今日は舳先に3人も・・・ 怖っ!
クリックすると元のサイズで表示します

カタクチイワシの回遊があり、棚を下げて底物狙い。(笑)

重量感のある引きで揚がってきたのは、特大ササノハベラ2匹とカサゴ君。

てっきり、イワシを喰った大物を期待しちゃいました(汗)


ここで、そのうち時合いもあるだろうと、カサゴとイサキを干物に(笑)

こんなことしててバチが当ったのか? 10時までアタリ無し。


船中でも、パラ・ッパラっと、イサキやアジが揚がるものの、宝くじ状態。。。

結局、イサキ2匹を追加したものの、アジは釣れてくれません。


最後の流しでアジが釣れ出しましたが、船中10匹程度でしょう。

私にも来ましたが、1バラシと、最後に良い引きをしてくれましたが、

途中から重量感が増して揚がってきたのは、ウマヅラでした。

嬉しい様な、悲しい様な・・・。

15分程度延長してくれましたが、ここで終了!

オマツリは数回あった程度で、今回は気にならない程度で済みました。


釣果:イサキ3匹(28cmぐらい)、ウマヅラ1(38cm)カサゴ1、

あと、小さな赤ハタ1(目玉が飛び出てしまったのでお持ち帰り)

以上


船中、丸ボの方も数名みえたみたいですので、贅沢言えません。


良い感じで、干物になったイサキとカサゴ君。
クリックすると元のサイズで表示します

クーラーの中身は、
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで、寂しいものでした。

どうも、貧果が続き過ぎです(大泣)

今日も美味しい、松新特製クギ煮のお土産付きでした。。
クリックすると元のサイズで表示します


もう少し、お魚さんの機嫌の良い日に釣りに出掛けたいものです。
0

燃費  

私の愛車も、もうすぐ6年の月日が経ちます。 

初代ウィッシュの前期型、2004年2月に発売開始された新色の青。

1800cc、4速A/T ・ 2004年6月2日納車

当時、CVTをあまり信頼していなかったものですから、

あえて1800ccのA/T。 2000ccは、CVT搭載でした。

2004年夏、九州まで燃費走行(山口県まで600km程を時速80km/hでノンストップ走行)した時の燃費は、約17.5km/L(過去最高燃費)

当時普段の走行では、12km/L〜14km/L 走っていました。



今は毎回燃費を測る事は無くなりましたが、大体10km/L〜13km/L。


久々に長距離の燃費走行時の燃費を測ってみたくなり、3/28日の敦賀のヤリイカ釣行時に、
行きだけ、のんびり80km/hで走行。途中15分位の渋滞あり。
帰りは平均110km/h位で走行。

走行距離:374.9km、給油:24.70L、燃費:15.18km/L ♪

高速で燃費走行すると、まだまだ伸びてくれそうです。

ちなみに車の燃費計は、
クリックすると元のサイズで表示します
16.6q/Lと、1.5km/Lほど誤表示してくれます。(笑)


先回の銭洲遠征で下田まで走った時も翌日に給油して、

45.3L、走行距離は657kmだったので、燃費は14.5km/Lと

峠の下道走行した割には、燃費が良くてビックリでした。

たぶん、アイランドさんの運転が良かったのでしょうね♪


昨年、年間走行距離:24480km、今年に入ってからは6603km。


オドメーターの総走行距離は、134310kmと結構な距離になってしまっています。

今年は、GWに久しぶり(6年ぶり)に九州まで走る予定なので、故障しない様にいたわりながら、のんびりと帰省したいと思います。

釣りにも行きたいのですが、今回は九州での釣行予定は残念ながらありません。



今の車は結構気に入っています。

距離を乗っていますので買い替えようにも、下取りも無いだろうし、

欲しい車も無いので、壊れるまで乗り潰す予定でいます。

欲しい車が発売されたら別ですけどね!



あと気になっているのは、高速道路の料金。

6月からの新料金体制には、腑に落ちない点も多々あります。

ハイブリッド車の料金が安いのも、買えという事なのでしょうかね?

師崎付近への釣行が多い私としましては、大きな値上げになってしまいます。



今後の釣りですが、アジのリベンジもしたいのですが、

今年は久しぶりに、のっこみ真鯛も狙って釣ってみたいです。

2006年5月に鷹巣で釣り上げた、81cmの真鯛です。
クリックすると元のサイズで表示します
これを越える事はまず無いでしょうが、久しぶりに真鯛の引きも味わってみたいですね♪
0

アジが欲しかったのですが・・・  釣り

今回は、大山沖へアジ五目釣りへ行ってきました。

船宿は、松新さん。第5松新丸に乗り込み、左舷ミヨシから3番目に釣座を構えました。

お客さんは21名、左舷10名とボチボチの混み具合でした。

今回驚いた事に、第5松新丸の船長さんは 松新の大将でした。

私自身、大将操船の船は、2年半ぶりぐらいに乗ります。

大将も店の方が忙しくて、操船するのは久しぶりなんじゃないのかな?

5時半出船。

天気は良く、港前はほとんどベタ凪でしたが、昨日は荒れて外海に出れなかったみたいなのでウネリが心配。

30分ほど走り、伊良湖水道を抜けて神島の東側に出た辺りから結構なウネリがあります。

とりあえず、ここでドーピング剤のアネロンを補給(笑)

1時間15分ほどで、エンジンスローダウン。

豊浜の船団とは違うポイントで釣り開始。

船中全くの反応なし。1時間ほどして、ポイント移動。

西に動くと思いきや、東に移動するするもんだから、波飛沫をもろに浴びながら・・・(泣)

船中ポツリ・ポツリと良型のイサキが揚がります。

私にも27cmぐらいのイサキがやっと釣れました。

船長に、「アジは釣れないの?」と尋ねてみたら、イサキのポイントらしくアジの魚影は薄いみたい。

アジが欲しかったのに、残念。
てっきり、豊浜や師崎の船団と同じポイントだと思い込んでいて、失敗しました。

船べりで良型のイサキを落としたりもしました。
1匹20cmぐらいのオキメバルも釣れましたが、隣の方にあげちゃいました。

最後の1時間ぐらい、潮が動きだして良型のアジも少しつれていましたが、ミヨシの方がサミングしてくれないので、オマツリばかりで折角の時合には釣り出来ない状態でした。


結局釣果は、イサキ5匹。

なんとも、しっくりしない釣りで終了でした。

貧果だったので宿に着いたら、クギ煮のお土産が配られました。
フグ船も同じく、貧果だったみたいです。

他の船の釣果も気になり、石川丸さんにも立ち寄りましたが、同じく貧果でお土産付きでした。

魚の喰いが渋くて、中々良い日に釣行出来ていません。

もう少し楽しみたいですね♪

今日の釣果:
クリックすると元のサイズで表示します
イサキ5匹、(24cm・27cm・27cm・28cm・31cm)

と型は、まあまあでした。

刺身と塩焼きで食べましたが、脂がのってて最高に美味しかったです。

イサキは、これから産卵が終わる7月末ぐらいまで楽しめそうです。

その前に、5月6月の出山の極ウマ マサバと日本海のムギイカを狙わないといけませんね。

金洲も解禁したことだし、忙しくなります(^^;
0




AutoPage最新お知らせ