タルイカ釣り  イカ

昨年悪天候で、ことごとく中止となって行けなかったタルイカ釣りに行ってきました。

今回の船宿は、若狭大島の海生丸さんにお世話になりました。

この船宿を利用している一番の理由は、釣りの時間が長くてリーズナブルな面です。
あと船の大きさと、船長さんのお人柄も良いですよ♪^^
今年は、GW以来の2回目の利用となります。

以前までは、日本海の釣りはここだけでしたが、高速を降りてから遠いので、
最近は敦賀の船も利用するようになりました。
敦賀は料金は高いのですが、高速降りてからの近さが最大の魅力となっていて、
歳をとったせいか、帰りの運転が少しでも楽な方が良くなりつつあります。


さて、肝心の釣りの方ですが、釣座はくじ引きで右舷のミヨシになりました。
餌は、秋刀魚とマイワシ(23cm位のもの)とスルメイカ。魚用に小アジも用意しました。

準備をしていたら、雨が降り出し徐々に天候も悪くなる予報だそうです。
今回はなんとかタルイカをゲットして、楽しい釣行としたいものです。

21時20分頃受付を済まして、タックル準備と着替えをして、22時には乗船完了。

23時出船の予定ですが、お客さん14名揃ったので22時18分と早い出船となりました。

出船直後から波風が強く船が進め無い感じで、ポイントまで1時間半の時間を要しました。


早速、船長の合図で釣り開始しましたが、2時間以上の沈黙!
クリックすると元のサイズで表示します
棚は、80〜100mの間で探ってくださいとの事。

中には、ルアーでジギングを始める人が・・・
サゴシが沸いているみたいで、ポツポツ釣れています。

話しかけて、船内に投げてあるサゴシ2匹頂きました。
ありがたいお土産を調達できました。

全くアタリの無い時間が過ぎ去り、餌をイワシに替えたら、竿に反応が・・・

犯人は、 サゴシでした。

タルイカの仕掛けで初めて魚を釣り上げました(笑)スレ掛かりですけどね!
クリックすると元のサイズで表示します

タルイカの反応もないみたいだし、ハマチ仕掛けの胴付き3本針に小アジを付けて遊ぶ事にしました。

入れる度に反応して、オモリが落ちて行きません(泣)
結局サゴシちゃんを、2匹追加でした。

ハマチを期待しましたが、ハリスも見事に引きちぎられたので、タルイカ真剣モードに突入。

3時半を回ったので、これからが時合いに入ると思われます。
左のトモで1回バラシがあり、右のトモで竿が曲がってギャフを入れている。

良い感じになって来るかな?と思いきや、

船長から、「風が14mも吹き出し、天候は悪化する方向で良くはならないので、
折角の朝マズメの時間帯となりますが早上がりします」とのアナウンス。

安全第一! 事故が起きてからじゃ遅いですからね!
船長の経験に間違いは無いでしょう。

一番良い時間に竿が出せなくて残念でしたが、昨年船で出れなかった事を考えると、
出れただけでもラッキーだったと思う事にします。

4時に納竿したんですが、帰りも船はスピード出せず2時間以上帰港に掛りました。

港に着くと、雨が結構降っていました。

釣りをしている時は、さほど気になる雨は降らなかったので良かったのですが、
車に荷物を積む時が雨だと嫌ですね!

7時少し前に、駐車場を出て帰路に着きました。

滋賀県を越えて岐阜に入った頃から雨が止み、東海地方に入ると晴れ間が出ているではないですか!?

日本海側と太平洋側だと、随分天候も変わりますね!


帰宅後道具を洗って、サゴシを調理。

クリックすると元のサイズで表示します
今回は、サゴシ5匹のオミヤでした。(47〜55cm)

クリックすると元のサイズで表示します
たまには、このクーラーに見合う獲物をゲットしたいです^^;


今回は、船中14人中タルイカゲットされた方は一人で、2杯ゲットされたそうです。

年内にリベンジしたいですが、行けるかなぁ?

そういえば、12月から料金を上げるそうで、タルイカ深夜便が10,000円→11,000円になるそうです。

船長曰く、周りの同業者からの声が大きいらしく、安過ぎるとの事での値上げらしいです。
それでも、私が知っている中では一番安いのですけどね!
0




AutoPage最新お知らせ