夏も終わり  

今、ミンミン蝉が鳴いています。

そのうち、ツクツクボウシも鳴き出します。

我家の周りで鳴く蝉の音で、季節を体感しています。


初夏から鳴き出すのは、ニイニイ蝉、
クリックすると元のサイズで表示します

大体6月末から7月初め頃から鳴き出しますね!

今年は6月30日からだったように記憶しています。

つづいて、アブラ蝉。
クリックすると元のサイズで表示します

ほぼニイニイ蝉と同一時期から鳴き出し、こいつは夏中うるさいですね!


それから朝・夕に鳴く、ヒグラシ蝉。
クリックすると元のサイズで表示します

「カナカナ」と早朝から清々しい鳴き声ですが、全盛期にはうるさくなります。


つづいて、合唱に参加してくる、クマ蝉。
クリックすると元のサイズで表示します

こいつは時期が短く、7月末からお盆まで、

個体数が少ないのか?頑張れと声援したくなります。

地域によっては、夏中「ワシワシ」と長い期間鳴いて一番暑さを感じます。


お盆過ぎから鳴き出すのが、ミンミン蝉とツクツクボウシ♪
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


蝉の代名詞のミンミン蝉♪ 

意外と、聞ける場所・地域が少ないように感じます。

こいつらの鳴き声を聞くと、秋が近づくのを感じます。


地域によって、蝉の生息域や、鳴く時期の違いもあって、蝉は面白いです。


豊田の山奥に住んでいますが、蝉の生息は実家のある佐賀と一緒で、
ほぼ同一時期に これらの蝉の音を聞く事が出来ます。


ヒグラシ蝉の音は、都会ではなかなか聞けませんよね!


愛知の中でも、全然蝉の鳴く時期と生息域が異なっていて楽しいです。

ミンミン蝉は その代表で、お盆過ぎに鳴き出す山岳地域と

真夏に鳴いている、南知多地域。新城方面も真夏に鳴いていたと思います。

海を越えた渥美半島では、ミンミン蝉は見かけずに、クマ蝉の天国ですしね!

子供が小さい時に、豊橋でクマ蝉をしこたま虫籠に入れて、自宅に持ち帰って放した事もあります。

どこにでもいて、よく見かけるのは、アブラ蝉とニイニイ蝉ですね!
時期も一番長いように感じます。


もうすぐ蝉の音も聞けなくなり、本格的な秋に入ります。

少し、寂しい様な・・・
0




AutoPage最新お知らせ