金洲釣行2  金洲釣行

今日は、2回目の金洲釣行!今回も御前崎港の博栄丸さんにお世話になります。

今回は、泳がせをメインに考えての釣行です。

今日はアイランドさんとアイランドさんの師匠と一緒の釣行です。

師匠と私が泳がせをやるという事で、釣座は右舷のミヨシに側となり、

ミヨシから、師匠・私・アイランドさんの順で並んだ。

乗船してポイントに着くまでの間は、どんより曇り空ではありましたが、雨は降っていませんでしたが、ポイントに向かって行くにしたがって、雲行きが怪しい。

合羽を着込んで釣座に着くと、雨雲の中に突入。

最初はイカ釣りで、群れを探しているうちに雨脚は強まる一方。

私は、泳がせ用のタックルでイカ釣り開始。ツノは5本。針は3本まで追加出来る準備はしていた。

1投目、いきなり乗った。重たいタックルだが、意外に釣り易い鴨!?
3杯ゲット。泳がせ用の餌にしてはチョッと大きめです。

同場所での2投目は素針でしたが、移動後3投目、重い竿が曲がります。
4杯ゲットと絶好調。ここまでは良かったのですが、ここから低迷。

アイランドさんは、ここから怒涛の追い上げ。投入の度にゲットされています。
私はそのうち、重いタックルに疲れてしまいました^^
クリックすると元のサイズで表示します

ただ、今回初めて自作した投入機が威力を発揮できて、投入時のストレスも無く順調に投入出来た事は良かったです。半面、電動の巻き上げが遅過ぎてじれったかったです。

10杯を越えた頃に、ボチボチ魚の方に移動かな?と期待したが中々移動しません。
雨は、相変わらずバケツをひっくり返したような、ジャジャ降り。

2時間ぐらいと思っていたイカ釣りですが、移動の時間も解らず活性が低い状態で、9時まで継続。途中針を増やそうかとも思いましたが、雨といつまでやるのかが解らず最後まで5本で通しました。

結局、イカは18杯釣ったのですが、カンコの中で半数ぐらいは死んでしまいクーラーに・・・。中には数匹共食いしてましたしー

クリックすると元のサイズで表示します

やっとの事で、初の泳がせへ移動。雨も小降りになってきました。
仕掛けは、幹糸50号エダス30号捨て糸16号の針は泳がせ用の20号に孫針16号にした。

記念すべき第1投^^ 穂先に集中??? 何にも起きません。 当然ですね(笑)
移動後に第2投目、イカが暴れているみたいで穂先に反応が・・・

穂先が反応してますが、海に突き刺さらないなぁ〜なんて思っていたら、ドラグの糸が出ているじゃないの

キーパーに差したままロッドを起こして巻き上げても動かない。地球かぁ〜?
電動交えて巻き上げようとすると、ずっしりとした生命反応^^付いています。

沖にグイグイラインが持って行かれます。

ここで一発ドラグをしっかり締めて戦闘態勢に入った途端。スポッ(泣)
孫針のハリス切れです。
30号のハリスが、いとも簡単に切れてしまうとは思ってもいませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

根で擦れたのか歯なのか解りませんが、折角のチャンスだったのに大変もったいない事してしまいました。ここからエダスを50号に替えましたが、遅いですね。



クリックすると元のサイズで表示します

11時半頃まで泳がせをやっていましたが、ミヨシの師匠も五目に変更され、オマツリが多発し出して断念。五目に変更しました。

アイランドさんは、泳がせはやらずに五目に専念!
 (写真はイカ釣りの終わり、イカの群れ探しで移動中の1枚です)
クリックすると元のサイズで表示します

ムロアジ・ハチビキ・赤イサキ・イサキにヒメダイ等々ゲットされていました。
イカも船中竿頭だったみたいです。流石です。

結局、五目ではイサキのみ。トリプルもありましたが、計6匹。

イカは餌で使いましたので、お持ち帰りは

イカ16杯、イサキ6匹でした。

イカの3杯以上と、イサキのトリプルの引きは最高でした^^;

帰りに帆船海王丸にギャラリーがいっぱい来ていました。船中の見学があったみたいです。
クリックすると元のサイズで表示します

次回金洲は、トトさんと釣行予定なのですが、泳がせやるのかなぁ〜?
0




AutoPage最新お知らせ