今シーズンの初太刀釣り  タチウオ

今シーズンの伊良湖水道の太刀魚は、1月・4月・5月だったと思うが、デカタチが一人で2ケタとか爆釣するものの、翌日には船中2〜3本や0本といった感じで釣れ続かない。

例年だと1週間ほど釣れているので、仕事を休んですぐに釣行に行くものの、今年は続かないので、行けず仕舞いだった。

ようやく本格シーズン到来で、6月24日水曜日にデカ太刀が2ケタ釣果と釣れ栄る。
翌日も釣果は減るものの、まだ釣れている。これは行くしかない。私は、下手だがデカ太刀魚にはめが無い。

釣りでの、アタリの駆け引き、掛ってからの強引な引き味、取り込み時の緊張感!どれを取っても最高! 何より、家族からのリクエストも多く、年中太刀魚の催促もある。釣り人にとって、美味しく食べてくれる家族が待っている事は、とてもありがたい事です。

今週は遅番なので、金曜の釣果は仕事中で見る事が出来ないので、行く気満々で金曜の10時に予約を入れた。本来、次の火曜日が金洲予定だったのと、日曜に地域の草刈りが控えていたので、釣りはお休み予定だった。

金曜の仕事が終わり、土曜の1時半頃帰宅。 釣船の釣果を見ると、芳しく無い。 今日は厳しい釣りになるだろうと予想できた。 でも幽霊魚と呼ばれるだけあって、いつ爆釣するかも解らないので、一抹の期待もしつつ準備をして、2時過ぎに家を出発。

今回は予約の電話での餌確認で、サンマとイワシを用意するとの事だったので、自前の餌は持って行くのは止めた。たぶん、今釣れているサバの冷凍餌もあるだろうしー。遅番で鮮度の良い餌を買えないのも理由の一つでした。

船に着き、釣座の確保に向かうと太刀魚船には、まだ誰も確保していないので、左舷の後ろと、左トモを確保しておいた。受付に行くと、まだ開いていなかったが、K船長が「釣座確保してありますか? 出来たらSさんの釣座の確保もお願いします」と言お願いされ、了解はしたものの、『そんなに人が多いのか? 折角だったらトモ全体確保したが正解だな!』とか思いつつ、3番手で受付を済まし、氷をもらって車を移動。

釣座が取られていないことを確認して、トモに3本の竿を刺し直した。
受付では、今日の太刀は9名だったが、飛び込みを考えても13名程かな?予想だった。

イサキ船を見ると、昨日の爆釣HPの影響か、大賑わいの30人越え^^
中に一人、人が多過ぎるので太刀魚に変更される方も居た。

結局、右左舷4名、トモ2名の10名で5時半に出船!
クリックすると元のサイズで表示します
少人数で、快適釣行が出来そうな雰囲気^^;

欲を言えば、もう少し少なかったら、竿2本出しの電動誘いの餌釣りと、ジギングも予定していた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
何考えているのやら(笑)

今日は、火曜に金洲に持って行く予定の竿の初下ろしで、調子も観たいと思っているので、大太刀を是非とも掛けてみたい^^

6:15頃釣り開始、2流し目位に左舷後ろの方が、幸先良く指5本を釣り上げる。
餌を聞くと、いわしとの事だったので、サンマから変更。誘いも見ながら、真似てみたり。

私にも、待望のアタリ^^ 『喰い込め!喰い込め!喰い込め!』願いを込めながら、同じテンポで誘い続けて、穂先に重量感を感じてからの合わせと、即電動全開!!

乗ってくれました。 うれしー 引きを味わいながら、竿の感触も程良く楽しい。
上層まで来ても、最後の突っ込みを見せて元気が良い。が、サイズ的には6本無い事は解った。

船長のタモ入れも決まり、1匹目ゲットー! 指5本に少し足りない指4本半。
クリックすると元のサイズで表示します
7時前の早い時間に釣れてくれて、ほっと一安心する半面、爆の予感も^^

8時までに3回のアタリ。2回目は、ゴソゴソゴソと喰いついているのは解るものの、中々喰い込まず、軽く誘いをカマしたらそのまま離れて行ったのと、3回目はガツンと1回だけのアタリのみで次も無し。

左舷の後ろの方は、指4本半を追加。
潮もそんなに速く無かったので、ジグも数投遊んでみた。軽いので、餌釣り用の竿の誘いに影響が出そうなので、自粛。

8時半頃に船長がやって来て、「潮止まりだから、アタリも遠退いたかな」これを聞いて、右舷の後ろの方は、青虫を付けてのイシモチ狙い!

私も冗談交じりで、「イシモチ釣りは、一旦オモリを底まで落としたら、誘いあげてはゆっくり下ろして、底トントン」とか、実況付きで遊んでいたら、イシモチさんも相手してくれ、引きを味あわせてくれました。Sさんに大ウケでした^^

クリックすると元のサイズで表示します
その後、1時間ぐらいの沈黙。

Sさんに待望のアタリがあるものの、イシモチさん。
左舷後ろの方が、小ぶりの指4本弱をゲットされた。

右舷の後ろの方は、続けざまに2匹ゲットされた。右舷後ろの方は、誘いが少なく巻き上げずの止めたままの誘いをされていた。

潮が段々速くなり、典型的な2枚潮になってきた。
11時頃に待望のアタリ^^
誘い上げながら、強引に合わせて、乗ったか? 最初は、チョッとは引いてくれたが・・・?

オマツリ! でも引いていたよな。 と思っていたら、海中にキラリと魚影!
付いていました、2匹目!
クリックすると元のサイズで表示します
サイズは、指3本半と小さめですが、嬉しい追加です^^

上潮が速過ぎて、ラインが真後ろに出る出る^^ 流される。着底、リールのカウンターは、120m(驚)。水深は84mぐらいのはずです。

でも、これからが時合いと思い、着底から慎重かつ丁寧に誘っていたら、終わり真近に来ましたアタリ^^

『喰い込め!喰い込め!喰い込め!』祈りを込めての『行っちゃえ』と合わせを入れる! 即電動全開!!
『ウィーン』電動唸るも巻き上げず、『グイッグイッ』との強引な引き?重み?

久々のメガタチかぁ〜!? 期待が走る。電動のカウンターは、95、5m益々期待。
竿の持ち手を替えて、手巻きを交えポンピングを入れながらの巻き上げ・・・。

『スカッ』重みが無くなり、痛恨のバラシ!ものの5mも上げれずの、ほんの数秒のやりとりでしたがほんとに悔しい! まだまだ未熟ものです。ほんのあと一息の待ちが出来なかったと悔やまれます。

速攻で、仕掛け回収して餌を付け直しての投入! 時間は既に11時57分。残り3分しかない。

船長からのアナウンス!「次の1流しで終わりにします。」と最後のチャンス!
底から20m位(カウンターで110〜70m位)を、丁寧に低速シャクリ誘いで頑張るもアタリは出ずに終了しました。

後から船長が、「ラス前にアタリ有ったでしょう?バラしてましたよね!」とチャンとチェックされていました(汗) そ
こで船長の粋なはからいのラストの流しを1本追加してくれたみたいでした^^。

全体の釣果は定かでは無いですが、船中12匹位で、一人 0〜3匹の釣果でした。
話を聞いたら、昨日も出船してたみたいで、船中0匹だったみたいです。

どうりで朝の時合いの際、船長が大喜びしていたわけだ(苦笑)

そういえば、今日のまと○やさんの船は超満員での太刀釣りでした。
クリックすると元のサイズで表示します
ピンボケ具合が丁度良いでしょう(笑)40人を越えていそうな込み具合でした。
あと12時時点での釣果を尋ねたら、船中3匹だそうです。
人気の釣船も困ったものですね。

もう一隻の、人気船宿の石川さんの太刀休船が原因なんでしょうが、天秤釣りなんだし潮も速めなのは分かっていただろうし、船宿さんを責めるわけではないですが、人数制限も考えて欲しいと思います。釣り人のわがままでしょうか?!船長さんも仲乗りさんも大変そうでした。


帰港後のんびりして、イサキ釣りの船を待ちつつ、フィッシャーマントトさんに何処の船に乗られたのか、聞こうと電話を入れたら、なんと松新さんで出船されているとの事ではないですか!

真鯛も五目対象に入れられていたので、てっきり伊良湖沖に出る船を選ばれていると思っていたのに、意外でした。第3松新丸は昨日大山沖だったので、今日も大山沖だと予測できました。

昨日の松新さんHPの情報と第5松新丸が太刀に出るのが解っていたので、第3が混む事は目に見えていたので、宿さえ解っていれば教えてあげれたのですけど、後のまつりですね。

混み合った戦場での船上で釣り上げてみえた貴重なサバを、トトさんから3匹も戴き、貧果なクーラーに花を添えて頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します
本当に、ありがとうございました。


今回の釣行での、アタリの回数は8回! そのうち、イシモチが2回で1匹ゲット。
残り6回の内訳は、喰い込ませて合わせれたのが3回で2匹ゲット。
残り3回は、ガツンの1発アタリが2回で、ゴソゴソゴソと合わせのタイミングを逃しがありました。

1発アタリは対処のしようがありませんが、残り2回はもっとしっかり針掛かりさせれるように精進していきたいと思います。この時期は、アタリも少なく貴重なアタリをものにするのは尚更難しいです。

最盛期の太刀魚は、バラしても次があるし、活性も高く向こう合わせでも掛ってくれますが、今時期は微妙です。喰い気のある魚だったら、喰い込みますけどね!中々いませんけど・・・

アイランドさんのハマりです^^; まこべウイルス発動(爆) 

本日の釣果: 太刀魚2匹、イシモチ1匹(31cm)

 以上。
0




AutoPage最新お知らせ