ころがし?  陸っぱり

10月30日、am2:00〜am3:00 某河川の中流域で、漁協が入っていない鑑札不要な場所での、鮎のころがし釣りに、初挑戦。

タックルも、仕掛けも何も持っていないので、竿は磯竿1号6.1mで代用、オモリは適当な中通しに糸を通して、より戻しを付けた。ただ、1号の磯竿なのでオモリ負荷があまり掛けれないので、5号と、7号のオモリを準備した。

針は無いので、仕方なく購入。
クリックすると元のサイズで表示します

店で、ころがし用のオモリを初めて見ました。タコ糸みたいなのが付いているのですね!

あまりに急な準備で、ウェーダーを確認したら、10年近く使って無かったので、全く使えそうに無く、安物を購入。痛い出費です。

仕事の帰りに、職場の先輩と今回教えてくれる後輩の3人での釣行。
ただ知らない場所の川に、いきなり真夜中に入るのは、少し不安。

目的地に到着。
身支度をして、いざ出陣。私は“かなづち”ですので、フローティングベストをしっかり着用。堤防からテクテク300mほど歩いて、川に入って行く。

とりあえず中洲を目指して、そこで準備するとの事。
水深、膝下から股の下ぐらいの場所を横切って行くが、流れの強い場所も有り、良い運動?

足を踏ん張り、中洲に到着。準備を済まし、釣り開始。

仕掛けを振り回し、底の石や砂の抵抗を感じ取りながら流すも、魚信無し。
連れも全く魚信なし。前の日曜の夕方(26日)には、50尾の釣果だったらしいが、今日は駄目みたい。

1時間ほどの釣行でしたが、魚が掛からなかったので、どんな感じか不明ですが、なんとか磯竿でやれそうかな?1号だと柔らか過ぎですけどね。

私個人としては、竿まで買ってやる釣りではないと思っていますが、落ち鮎が釣れてる間に経験をしておきたいです。
0

昨日の反省  釣り

初めに入ったポイントでは、カワハギの気配はほとんど無く、ヘダイ等の外道は良く釣れて、アタリも周りに比べると数多く取れていた。途中バラシも多かった。

周り沈黙の中、最初は外道の竿頭みたいに、竿を曲げていたんですけど、マゴチも釣れて、今日はここで終了か?なんて自己暗示?(その通りになるのは、なんでかな?)

ポイントが変わり、カワハギが少し釣れ出し、周りを観察キョロキョロ。
誘いも色々、焦りからなのか釣りに集中出来ていないのかな〜?

カワハギが釣れていない時は、周りの方が巻き取った針の餌を見て、確認。餌が取られてたり、カワハギが釣れると、集中して釣り始めたり、餌チェックしたりで、やってる事もチグハグでした。他人任せが多く、自分の釣りが全く出来てません。

22〜32mの少し深場の釣りで、餌確認の巻き上げ回数を躊躇、した感がありました。もっと確認を多く取るべきだったと思います。

あと針ですが、何が良いのか分からないまま、適当にマグネットに出して、魚が釣れたり、ハリスが弛んだら交換してました。数えてないので、よく分からないですが、最初のポイントで、20本以上交換したと思いますので、40本ぐらいは交換したかも?

何が良いのか分からないので、次回からは少し小さめのハゲ針と太ハリスの1種類で通してみる予定です。(周りで良い針が判れば、変えるくらいにしてみます)

あと今回は、一度も仕掛け、オモリのロスト無し。船長からは、根掛り注意のアナウンスはありましたが、根掛りはガリガリ程度でロストは無く、1回躊躇しながら仕掛けを底重視から少し間隔の開いた物に交換したのみ。この交換直後に、カワハギ1枚目ゲットでしたけどね。

次回の大会で、今シーズンはとりあえず終了かな?来シーズンは、夏場の荒食い位から、練習したいと思います。冬場は、きっとフグがメインになるかな?
0

カワハギ釣り大会  釣り

今日は、ダイワ カワハギチャレンジカップ2008 に参戦しに、いつもの船宿に向う。

朝3時半頃に駐車場に着くも、すでに車が結構止まっている。参加者が80名と多いので、極力宿に近い場所に止めて置こうと、入り口の狭い場所に駐車した。

真っ暗い中スタッフ達が、会場を設営を始めた。参加者も徐々に集まりだし、顔見知りや、ネットで知り合い、初顔合わせのドン吉☆さん、アッキー13さん、中州人さんとも無事に合流することが出来た。

4時半少し前から、受付が始まった。緊張の釣船・釣座の抽選。何も知らずに適当に引いたら、第3B-15?大艫らしい。参加賞の帽子とアサリ餌をもらった。

身支度をして、乗船。艫に入るも場所がよく分からない?準備できないまま時間は過ぎていき、Aが左舷でBが右舷と言う事が分かった。B-16の方が右の大艫に入ったままなので、入れないでいると右舷のスペースが少し開いたので、右舷の一番後ろに入る事にした。
クリックすると元のサイズで表示します

釣座は、スタッフがある程度指示して欲しいものです。

一旦船を下りて、競技の注意事項等々の開会式。終わって再度乗船。クーラーチェックが始まり、B-11がいない事が判明して、やっとこの場所でよかったことが分かったが、出来れば大艫の方が良かったかな?

知り合いのほとんどと、ドン吉☆さん、アッキー13さんは第5に乗り込んだので、第3にはほとんど知り合いがいない。唯一中州人さんが左舷の11番に入っているぐらいだった。

出船からポイントまで行く間も、何か微妙に張り詰めた空気が? 静かなひと時。緊張するので、あまりこんな雰囲気は好きではありません。気楽に楽しく行きましょう!

20分ほどで、最初のポイント。どの辺りだろう?私は、始めて入るポイントだ。
潮が速いみたいで、後ろに道糸が流れる。風も強くなってくるし、雨も混じる。

2投目ぐらいから、アタリは出たが、針掛りしない。やっと乗ったと思ったら、ヘダイ。すぐにポイ。次、ヘダイ。またポイ。またヘダイ。いい加減にせい!

右舷と私の周りでは、あまり釣れていないので、魚信があるだけマシな方かな?
カワハギっぽいアタリが2回ほど有ったが、掛からずじまいだった。

周りでも、カワハギは顔を見せずにアタリも少ない中、私に良い引き?上がって来たのはマゴチ。アサリでもマゴチが釣れるんですね!

アタリが出てきたが、ヘダイ、かさご、ベラが多く、カワハギは釣れていない様子。ポイント移動のアナウンス。
ここでは、ヘダイ1尾とマゴチと針を飲み込んだチビカサゴをキープ。移動中に船中の釣果情報が入り、カワハギは1枚釣れただけだったらしい。

次のポイントは、大幅に移動。他の2船は違う場所に行くみたい?コースが違う。
私達の船は、沖の方に向かい、多分瀬木寄方面。

第2ラウンド開始。
ここでも、やっぱ潮は速いし、風と雨交じり。波とウネリも少々。釣り難いかな。

ここでは、大きいカサゴがよく釣れていた。隣では、大きなマコカレイも。
そのうち、カワハギもポツポツ釣れ出すも、私にはアタリが来ても針掛りせずに途中バラシが多発。

あと、ベラの猛攻。周りでもべラだらけ。しかし上手い人は、カワハギを拾い釣りしている。私には釣れてくれません。アタリが出せません?

今日も乗り遅れて、焦りと諦めムードで、○ボを覚悟しないといけないかな?
9時半過ぎに、待望のアタリと引きで、やっとの事で1枚ゲット。周りでも結構釣れ出している。着底直後にアタリ、ベラだと思っていたらカワハギでした。

強く良い引きがあり、何が来たか期待したが、途中で軽くなり、針を見たらしっかり伸ばされていました。隣の方が、大き目のサンバソウじゃないかな?だって。

このあと、当たりも遠のき、潮止まり。その後外道の顔は少なくなり、釣れればカワハギみたいな感じだが、アタリが中々無い。

そのうち、アタリが取れないまま餌が全て無くなったりするようになり、ようやくそれっぽいアタリ、少し送り込んで合わせて掛けた。良型追加で本日終了。

時間一杯粘るも、アタリを出せずに終了してしまいました。今日は、たけさんに針交換を50本のアドバイスを頂いていましたが、30本ぐらいは交換できたかな?でもそれ以前のアタリを感じ取れないと話になりませんね。

お持ち帰り釣果:カワハギ3枚 〜26a 、カサゴ2尾 〜23a、マゴチ34a、ヘダイ22a1尾、トラギス1尾

クリックすると元のサイズで表示します

私には、カワハギ釣りのセンスが無いみたいです。でも、やり取りが楽しいので、下手なりに楽しんで行きたいと思います。

たけさんは第5で1位になられて、表彰式で総合2位。流石です。この調子で全国でも上位入賞目指して頂きたいですね。(アッキー13さんと今日のお隣さんも全国頑張ってくださいね!)

私は飛び賞(全員に当る)で、ひも付きのバケツが当りました。もう少し、高価な実用品が欲しかったかな? でも呼ばれるまでの、どきどき感が、これまた楽しいですね。

家に帰り、マゴチの胴から後ろとカサゴ・カワハギのお刺身を取り、アラとマゴチの胴から前の方を煮付けで美味しく頂きました。

マゴチとカサゴの薄造り♪
クリックすると元のサイズで表示します

大会に参加すると、釣りと賞品と食卓と3度美味しいですよー!
0

メッキ様子見  陸っぱり

近年、メッキの顔を見ていない。通っていないせいもあるが、久々にあの元気な出足の引きアジを味わいたいと、とりあえず様子見に行くことにした。

途中、海底トンネルの様子も確認のつもりで立ち寄った。釣り人、数人。
自転車でみえていた方に、近況確認。朝夕にサヨリの良型が釣れているとの事。

明るい時間に釣れたサヨリ数尾を見せてもらった。夜は、もっぱらコッパセイゴだらけみたいで、カサゴの〜20a弱位までもタマ〜に釣れるらしい。

とりあえず、磯竿に電気浮き仕掛けで遊んでみた。結構流されるので、途中で止めを入れたりすると、浮きが消しこんだり、走ったりするが、コッパセイゴの仕業。

針を飲み込み可愛そうなので、仕方なくキープ。アタリの効率が悪く、根魚が狙いにくいので、Uガイドに変更。しかし釣れるのは、コッパセイゴのみ。ここでは3尾キープして、場所移動。

次は中山製鋼で、今回の目的のメッキの様子見。釣り人がほとんどいない。
先客は2人のみ。あまり釣れていないのか?聞いてみると、やっぱりコッパセイゴばかりみたい。

初めての人らしく、Uガイドに浮き仕様?メッキねらいかな?聞いてみると黒鯛を狙っているらしい。棚を聞いたら、中層を探ってみえるので、いろいろ説明して、底狙いでケミの方を使った方がいいよとアドバイスしたりして、釣り談議。

後からみえた人が、黒鯛を掛けてみたいだが慣れていないみたいなので、タモ入れを手伝ってあげた。30a強の丸々した黒鯛でした。

話してみたら、碧南釣り公園からスイッチされてきたみたいで、中電の温排水が出てないらしく、おまけに人だらけらしいです。メッキの事も聞いてみましたが、釣れてないみたいです。

私もとりあえず、場所を替えて色々と試してみますが、メッキらしいアタリはありません。セイゴばっかりです。チョッと変わったアタリだな?と思ってあげたら、

クリックすると元のサイズで表示します
はぜドンではありませんか。

最初の奴は、22〜3aあったので、キープしようか悩んだのですが、単発だろうとリリースしたら、連荘で数匹。結局、18〜23aが7匹ほど釣れたんですが全てポイでした。群れてたみたいです。

最後は、セイゴの針飲み込みで、ハリスを切ってam2時に終了としました。

今年もメッキの寄りは、良くないのかなぁ〜?
やったこと無いけどサヨリ狙ってみようかな?

次回は一月後ぐらいにもう一回様子見したいです。
0

今週末の準備  釣り

26日の日曜は、ダイワのカワハギ大会。
ベテランが勢揃いする大会に、参加して大丈夫かなぁ〜。

ほとんど冷やかしみたいなものかな?参加することに意義がある?参加賞を貰いに行くようなものですが、大会の少しピリピリした緊張感と、カワハギとの駆け引き?を楽しみに・・・。まだ全然分からないので、駆け引きできませんけどね(泣)

竿は、真っ白なA-トリガー185Sに、借り物リールのレッドチューンL?タックルだけは目立ちそうです。ただ、左ハンドルは早巻き出来ましぇ〜ん。

今日は、針を買うつもりで釣具屋さんへ。
ガマカツの鬼攻めのハリス付きを買おうか悩んだが、2号ハリスだったので5号のハゲ針を2ヶ購入した。(先回細ハリスは、すぐに張りが無くなってしまったので)

オモリを見ていたら、目玉オモリの40号が30号よりも安い?
40号が336円、30号が580円と526円?明らかに変。在庫処分??

店長に話したら、「値札間違っています。」と賞品を奥へ引き上げてしまった。
あまり買う気は無かったが、来月の大会で40号を使うので、2個だけカゴに入れていた。

餌は、今回からアサリを剥いてみようかと思っていましたが、アサリ餌を見ていたら、なんか感じよさそうだったので、今回もマルキュウのパック3ヶ購入。

クリックすると元のサイズで表示します
ダイワの大会は、アサリ餌のみですからね。
あと、ダイワのカタログを貰って帰りました。

家に着き、ハゲ針5号を30本ほど、ハリス3号と2.5号で巻いて、本日の準備は終了!

大会が待ち遠しいですが、船と釣り座が何処になるかが凄く心配です。
0




AutoPage最新お知らせ