カワハギ釣り大会  釣り

今日は、SHIMANO探見丸カワハギグランプリです。
準備万全で大会に挑んで、目標釣果はツ抜け出来たら嬉しいな〜!

過去、カワハギは8枚が最高だったような?
私にとっては苦手な釣りで、釣れた時は格別な嬉しさがあり、釣果の差が顕著に出て、奥が深〜い釣りですよね!アタリが取れずにイライラもしますが、とっても好きな釣りの一つです。

釣座は、右舷の胴の間となりポジション的にはベストです。ただ雨と風があり、波もありそうですので、釣りにくくなりそうです。

6時出船、ゆっくりと港を出る。師崎の船は、港の前で釣りを開始していた。私が乗っている船は漁協が違うので、近場のカワハギ漁礁を持っていないので、伊良湖沖まで揺られていく。

ポイント手前から、船は結構揺れていた。
釣り大会開始!全体に沈黙。今日は魚の活性が低いみたいだ。

周りでポツポツカワハギが釣れ出す。釣れればカワハギみたいな感じで釣れている。
私にも数回アタリはあったが、ゴン、ゴツゴツゴツ!ですっぽ抜けばかりで、針掛りしない。

そのうち、外道も顔を出すようになる。私に来た1尾目はカサゴ。
違うけど、魚信を伝えてくれて嬉しくなる。続けてカサゴ?

ショウサイフグも釣れて、やっとサブメインゲット。ここで、ショウサイとヒガンとカサゴをゲットした。周りでは、カワハギが良く上がっていて、隣は5枚と3枚。時間も9時半となり、私も焦り出す。私は、カサゴ釣りみたい。

場所移動。移動時に船中釣果を聞いたら、12枚が最高らしい。私は0枚。これから行く場所は、フグが多い場所。○坊主覚悟せねばなるまい。やはりカワハギは、難しい。

気分を切り替えて、フグの数を増やそうと頑張るも、ここも活性低め。
何とか、少しづつフグを追加していく。

もう12時前、後30分ぐらいで終了だな〜。と思ったところで、小気味良い、良い引き。途中死んだフリの食い上げ?カワハギっぽいけど・・・。

顔を出したのは、ボチボチサイズのカワハギちゃん。やっと顔が見れました。ホッと胸を撫で下ろしました。すると続けて、カワハギゲット。次も・・・と思ったら、良型のヒガンフグ

そう都合良く行きませんね!
この後、ショウサイ1尾追加して終了。

釣果:カワハギ2尾(21・20a)
   ヒガンフグ5尾・ ショウサイフグ4尾
   カサゴ3尾(23・22・19a)

とっても貧果ですね

優勝者は、12尾・2位7尾2人ジャンケン・4位6尾・5位5尾2人ジャンケン

もう一隻は、1位10尾・2位9尾・3位7尾・4位5尾3人ジャンケンでした。

師崎の船は釣れたのかな〜?

私の乗った船からは、3位までの6人がセミファイナルに進むそうです。
釣果が良かったのか?師崎の船の乗員が少なかったのかな?

心配していた参加賞のボウシのデザインは違っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
よかった〜

雨と風で、写真は撮っていません。
0




AutoPage最新お知らせ