スルメイカ狙い(連日釣行)  イカ

今朝は、昨日と違い過ごし易い。我家の周りの気温が22℃。昨日は26℃だったもんな〜。時間は、AM2:00ですけどね!

連日の釣行、今回はスルメイカ狙い。大山沖で沖干しを20枚以上を目標に、がんばるべ。
4時半受付。今日は7人の予定だったが、結局9人での釣行となった。

5時半出船、今回は大山沖でももう少し遠く、ポイントまでは1時間半ほど掛かる。
今日も良い天気、暑くなりそう!7:15ごろポイント到着。周りにいつもの船団は無し?

第1投、棚は130〜170m全員アタリも無く、大幅な場所移動。
8:10に船団に合流。期待の第1投、棚は?200〜250m。ふか〜い。

これだと、1度に多数掛けないと、数が稼げないと思い、250mで1杯掛けて、200mまで手巻きで追い食い狙い。きっちり乗ったみたいで、電動も悲鳴をあげる。

それでも上がってきたのは、大きめのスルメ3杯。4〜5杯付いてる感覚だったが、まずは予定どうりに追い食いさせて、上出来かな?

すぐさま、投入。棚まで時間が掛かるので、沖干しの準備をする。
棚で乗せて、巻き上げ。これまた時間が掛かる。上がってきたのは1杯?太平洋のスルメイカは、よく引きます。

追い食い狙いでしっかり誘うも、単発ばかり。5杯の沖干しと2杯の沖漬けを作ったところで、巻き上げ途中にオマツリ。小型が1杯付いていたが、プラヅノ2本とオモリが付いてない?いきなりのロスト。

ここから、仕掛けを7本針にしたが、乗りが悪くなり、多点掛けにこだわりすぎて、大失敗してしまいました。単発でも、掛かったら、丁寧に1杯づつ釣上げるべきでした。

棚(水深)は最大で、270mの船頭からの指示があり、私もリールの道糸300mなので心配でした。中には、道糸200mしか巻いてみえない方もいました。高切れしたら、中深海での釣りは、糸を巻き替えしとく必要性大です。

結局、沖干し9杯・漬け4杯・生5杯釣った所で、丁度12時位。船長が投入待ってくださいと言った後に、陸地の方で突風が吹いてきて、危険ですので早上がりするとのアナウンス。

まだ晴れてはいたが、西の空は怪しい雲が掛かっていた。周りの船も知らぬ間に撤収したみたいだ。

急いで、沖干しを仕舞いこんで、道具は港についてゆっくり方付ける事にした。
走り出して、すぐに北風が強くなってきて、白波が立ってきた。

そのうち、夏の嵐。神島辺りは、稲光が何本も光っていた。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

イカは釣れない、早上がりの、嵐まできちゃって、ここのところ憑いてません。

今日も定番になってきた、船宿のお土産持って帰ることに鳴りました。
しばらく、大人しくしていた方が良いのかな?

沖干しのラッピングぅ〜!
クリックすると元のサイズで表示します

流石に、沖釣り連日連荘はハードですね! 歳を考えないといけないかな。

今晩は、イカの刺身に、イカゲソとキュウリを酢で和えたものと、昨日のイサキとチダイ、カツオの焼き。疲れていたせいか、イサキが先回までほどおいしく感じられませんでした。

我家は食べるのが優先なので、料理の写真があまり撮れません。
特に、嫁が用意した時は撮影禁止令が出ています(笑)。

今シーズンのイサキは終了! 太平洋のスルメもデッカクなってきたので終わりですね。来シーズンの爆釣を夢見ています。

これからの予定は、りーまんさんとのマゴチ狙いと、船は太刀魚と日本海でマイカのシーズンイン待ち。

あと今年は、お盆明けのウタセ五目釣りがお勧めになりそうですよ。パパさん、資金用意しといてくださいよ!中物ですが、小ダイ、サンバソウ、マゴチ、イシモチ、ヒラメ、セイゴ等等の色んな魚種が楽しめます。胴付き3本針の40号オモリぐらいです。

その他気分で陸釣りだったら、鰻・セイゴ・黒鯛・アナゴ・キス・メバル諸々狙いたいですね。
0

イサキ狙いpart3  釣り

ココのところ、釣りがお留守でしたので、久々に沖釣りに・・・。
本来なら、太刀魚に通っている頃だが、今年は全く釣れていない?

イサキももうすぐ産卵で、抱卵の極ウマが終了してしまうので、数が減ってきているが、イサキ釣りに飛び込みで乗船!いつもの、松新さんへ。

4時半に受付、今日は15人ぐらいとの事。最近の休日にしては少なめかな?
左舷の胴に釣座を構えたら、両隣のペアで貸し竿の方に挟まれてしまった。

チョッとオマツリが心配かな?5時半出船。大山沖まで1時間20分。
6時50分頃から、釣り開始。いつもの如く、アタりが無い。左舷では釣れていないが、右舷ではポツポツ釣れているみたい。

小さなアタリがあり、1年生の小ダイがご挨拶。ここから長〜い沈黙!
10時を回り、今日は、丸坊主を覚悟せねばならないのかな?

太陽はサンサンと照り付けて、くそ暑いだけで、波もほとんど無い凪なのに。(うねりが少々)。左舷では、サバやソウダガツオやカサゴがポツリポツリと単発で釣れているだけで、イサキは釣れていない。

場所移動も、結構移動してはくれていたが・・・。10時15分ごろ隣の方が、イサキゲット。私にもやっとの、まともな初アタリ。イサキを期待していたが、かわいいチダイ。

やっとキープサイズをゲット出来た。隣はたて続けに3回ヒットさせるも、船べりでバイバイ1回。この機を逃してはいけないと奮起!やっとイサキのアタリが、良型ゲット。

その後、ポイント移動して、サバ、ソーダガツオが単発で釣れて、ゲームセット。最後に来た良型のソーダガツオを引き抜こうとして、ハリス切れ。2号のハリスということを忘れてました。もったいない事をしました。

クリックすると元のサイズで表示します
釣果:ソウダガツオ2尾、マサバ2尾、イサキ2尾、チダイ1尾 の7尾と釣貧果。

竿頭の方は、イサキを13尾ほど釣られていたみたいで、右舷ではサンバソウなんかもつれてたみたいです。トモでは、ジギングでホウボウなんかも釣れてました。

今日も、船宿からのお土産付です。ココのところ続きすぎです。

今晩は、ソウダガツオの刺身とタタキとイサキ、マサバの、お刺身三昧でペロリとたいらげてしまいました。今日はツマに、オオバや大根、ネギを使い、カツオは、ネギとショウガがよく合いました。

タタキは、今回珍しくとても良く出来、最高においしかったです。
ソウダガツオは、2種類いるみたいで、昨年はヒラソウダだったのですが、今回のはマルソウダかな?どっちでも、釣りたてはおいしいです。

そういえば、今回のお客は結局18人となり、多めかな?日曜だから少ない方かな?
気になったのは、健成さん。右舷2人左舷2〜3人しか乗ってみえませんでした。

私の知っている船頭さんの中では、ピカ一だと私は思うんですけど、どうしてでしょうね? 私が健成さんに乗るときはいつも、20人は超えているんですけどね!
0

餌掘り  陸っぱり

今日は、土用の丑!
今シーズン、ウナギは4回食べている物の、テレビ見てると鰻が食べたくなったので、餌のドバミミズを掘りに、近所の畑へ出た。

先回採れた場所にはいない、他もあちこち掘っては見たものの、晴天が続いたせいでどっかにお引越ししたみたいですね。雨が降るのを待つしかないみたいです。

明日の晩はどうしようかな?
0

バンク角  バイク

今日は少し早めに出発して、少し体を慣らしてから集合場所へ。
6時45分頃にコンビニに着いて、朝食を食べていると、別のツーリンググループが私の単車の周りに集まって来た。

日陰に止めていたので、集まってきたみたいで、私の仲間も少し離れた場所に2台、3台と集まりだしたが、結局出発するまで、私の単車の周りでくつろいだ。

今日は6台での走行。イリジュウムプラグの具合をみるのと、体とタイヤの慣らしを兼ねて、最後尾からの走行。

最初は離されて、第1休憩場所に着いた。昨日よりエンジンの噴けがよくなった感があり、プラグの効果はあるような?

第2休憩所までは、途中に多くの低速セクションがある。出発して、どうにか前が見える範囲で走っていたが、交差点で車の渋滞に合い、前と途絶えて2台での走行となった。

私の前は、今年のGS50のミニバイクレースで優勝したMさんで、CB400に乗っている。先週不調で途中で帰った方で、原因はプラグとバッテリーだったらしい。

当然、すぐに離されると思っていたのだが、前を追う気配は無く、私に気を使っているみたいで、微妙に見える範囲で走ってみえる。私も前が見えると追いたくなってしまい、段々とペースが上がって行く。

コーナーの連続や、超低速コーナーで、昔味わった事がある、結構きついバンク角で縦Gを感じながら、アクセルを開けてコーナーを立ち上がる快感が蘇ってきた。

まだまだライン取り等未熟な点が多い物の、少しはまともに走れるようになって来ました。1年間、古い硬化したタイヤで変な乗り方になってしまっていますので、戻すのが大変ですね〜。

無事に帰ってナンボの趣味ですので、無理はせずに、自分の技量にあった乗り方で楽しんで行きます。この歳になると、覚えが悪いですし、体が着いて来ませんしね(笑)

昨年7月に私を含む4人で出場した、スズキGS50、4時間耐久レースのレンタル単車を載せておきます。
クリックすると元のサイズで表示します
今年のレースはパスです。サポートに周ります。

今週の釣りはお休みしましたが、来週は、イサキ・イカ・太刀魚・鰻・メバル・アナゴ・コチ等の、いずれかの調子の良い物狙いで、2回位行きたいなー?
0

Z1-R  バイク

今日は前もって、走るメンバーを聞いていたので、速い方々3名に私の4名予定。

集合場所に最後に着くと、見慣れないカワサキの1000ccの単車がある。エンブレムがあるのに、車名を聞いてしまったー。はずかし〜い(笑)。

持ち主にZ1-Rと言われ、最初は?ピンと来なかったが、カワサキZU750の兄貴版のカウル付きではないですかー。すっご〜い。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
すごく奇麗です。この単車の持ち主は、他にΓ500やCBX・CB1000・RZR(改350)・RZ200・Γ200その他数台の、何台持って見えるのか全く不明ですが、根っからの単車マニアです。

どの単車も、すごく奇麗ですし、ノーマルは1台も無し。全てに手が加えられていますし、素晴らしいです。

Z1-Rの方が、「今日は走らない(飛ばさない)から、最後ね。」だって、私もタイヤを換えたばかりなので、のんびり予定が・・・。

先頭も、最初はさほど飛ばしていなかったが、途中から徐々にペースアップ。結局私はペースに付いて行けずに、後ろのZ1-Rに迷惑になりそうなので、道を譲り、最後尾をマイペースで。

どっちにしても、体力と気力が持ちませんので、早くコースのライン取りを覚えて、気持ちよく走れるようにしたいですね。

タイヤを替えて、少し楽しめるようになったかな?
0




AutoPage最新お知らせ