今週も雪?  陸っぱり

早めに起きれたら、師崎方面へワカメを散策しに行こうかな?なんて思っていましたが、今日も熟睡で14時まで布団の中!

ワカメは大好きなんだけど、自分で採った事は無く、どんな所に生えているのかも知らないけど、昨日潮干狩りも解禁になった所だし、昼間の干潮時に海岸線を走っていればそれっぽい所が、見つからないかな?なんて安易な考えでしたが、あえなく断念!

夕方から、根魚狙いに行こうと思いはしたのですが、なかなか重たい腰が上がらずに、夕飯を食べて天気予報を見てから、やっと19時過ぎからとっても遅い始動!今晩雪が降るかも?だけど明日は晴れ予報なので大丈夫だろうと甘い思い込み。

豊田市で餌を買って、高速に乗ったら、20時7分、ETCの通勤割の時間を過ぎてしまって通常料金!何してんだか。 長島辺りから雪が降り出し、高速降りる頃には大雪ではないですか?釣りやれるかな?

駐車場に着いた。
クリックすると元のサイズで表示します
途中、道も真っ白。釣り人もいないみたいで、2台止まっていた車も、撤収して帰って行ってしまった。

どうしようか迷ったが、折角来たんだし、風裏だから大丈夫だろうと、着替えて出動!
先週のポイントの手前から入る。仕掛けを準備していたら、雪がしっかり降ってきて、瞬時に竿に積もってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず、釣り開始!
すぐさま魚信!釣れてきたのは、15aほどのソイ。小さいのでリリース。同サイズが5尾ほど来た後、8aほどのカサゴちゃん。サイズダウン!

アタリはあるが、釣れてくるのはチビばかり。退屈はしないが、なかなかキープサイズが釣れてくれない。23時を過ぎて、アタリが遠退いてきた頃に、やっと釣れた18aほどのソイをキープ。小さいのが多い中だと、大きく感じてしまう!
この後も探るが、後が続かず・・・。

今日は先週と違い、冷え込みがきつく感じる。雪は服にもしっかり積もってくるし、なにより、手足の指先が冷たい!感覚が無くならない様に、足踏みや、ポケットに手を入れたりしながら、続けた。

深場を見つけながら、攻めていたら良い引き、やっと良型がきた!結構な重量感。魚影が細長い!アイナメだ!!落とさないように、慎重に取り込みゲットに成功した。

このあと追加を狙うも、ほとんど魚信が無くなり、稀に釣れてもやっぱり小さい。
24時半過ぎに強い風が出てきて、やり辛くもなったので、納竿とした。

車までの帰り路は、猛吹雪状態になってしまい散々なめに合ってしまいました。
車に着くと、車は雪で真っ白。5a以上積もっている。スキーにでも行ったかのよう!

クリックすると元のサイズで表示します

ボンネットの上に、本日の釣果:お持ち帰りの2尾の記念撮影♪

クリックすると元のサイズで表示します

防寒着を脱いだら、頭と肩、袖の部分が、雪が凍ってパキパキ状態!
きっと道も凍結路!スタッドレスでも橋の上では、滑って危険なので、超安全運転!

やっぱり、橋の上で事故っている車多数いました。こっちの車線は単独が2件でしたが、対向車線では、数台の事故もあり、パトカーやレッカーが結構走っていました。

もっと雪道の怖さを知るべきですが、車とタイヤの性能が良いので、なかなか怖い思いをしない方が増えてきているのでは?特にRV車やトラックが多いように思います。

私も、こんな日に釣りしているようじゃ、安全人間にはなれませんが・・・。
0

雪予報だけど根魚狙い  陸っぱり

2月16日(土)ひさびさの休日出勤!1年半ぶりぐらいかなぁ〜?暇じゃなく、忙しいでもないのが救いです。

仕事が終わり、四日市へ直行〜!23号線で結構な渋滞があり、到着は17:30と2時間も掛かってしまった。身支度をして、ポイントへ・・・。

先回、りーまんさんと入った辺りに入る。アイナメのリベンジを兼ねているので、ぜひともアイナメを釣りたいと考えていた。

竿を出して探るも、魚信が無い!!すぐさま、奥の方へ移動。干潮付近なので、活性が低いのか?あたりが無い。先回アイナメが釣れた辺りで、ようやくソイが釣れた。活性が低そうなので、とりあえずはキープ。

そのあと、すぐさま良型のタケノコメバル。やり取りの際、竿に妙な違和感が。タケノコをキープしソイをリリースした後、道糸の目印の上に、穂先が・・・
クリックすると元のサイズで表示します
いきなりやっちゃいました。糸の出は悪いですが、そのまま続行!

いつもの、チビが少なくなったのか、少ない魚信の中、拾い釣り。干潮を過ぎたあたりから、少し活性があがる。大き目のカサゴをゲットするも、25aには届かない。

20aぐらいをゲット後、小さめの魚をリリースして、さあ〜、これから大物狙うぞ〜〜〜!と意気込んで、移動中、足の接地感も無く滑った。膝上まで海の中へ・・・。

どうにか、這えずり上がったが、スパイクの長靴の中は、海水まるけ;雪は降ってるし、冷えると動けなくなるかな?とか思いながら、靴下ぐらい絞っておいた方が良いかな?とか思い、スパイクを脱ごうとするも、密着して脱げずじまい。

別に、冷たくもないし、そのまま釣りを続ける事にした。
大きいのを釣るには、もっと奥まで場所移動したかったが、満ち潮と濡れぬれ状態では、冒険は控える事にして、釣り歩いたところを戻る事とした。やはり魚信は少なく、大物も釣れないまま、入った場所付近に差し掛かった時に、空は私をあざ笑うかのように、前が見えないくらいに吹雪いてきたので、釣り続ける事を断念!

最後に、15aぐらいのソイを釣って、リリース後に気持ちを整理して納竿。
餌がしっかり残っていたが、持ってるとまたやり出しかねないので、すべて捨てた。

車に戻って、とりあえずは、着替えた。Gパンの膝下まで、しっかり濡れていた。
海水の付いた、ズボン、靴下、スパイクを簡単に水でゆすいでから、帰路に着いた。
水は、思いのほか冷たく感じられなかったので、暖かいのかな?と気温を確認したら1度。やっぱ低いけど、私の体感温度はそんなに、寒い感じはありませんでした。

今日は踏んだり蹴ったり?もとい、折れたり、滑ったりしましたが、雪と満ち潮が大きな原因で、早上がりしたので、またリベンジに行くしかないですね!

釣果:お持ち帰りカサゴ6尾、ソイ1尾、(18〜23a)タケノコが逃げたみたい?でいない。
   
   リリースは、6尾ぐらいで、腹パンカサゴ1尾、 カサゴ・ソイ・タケノコ(15〜18a)

クリックすると元のサイズで表示します
0

フグ釣り  釣り

周りで、車のドアの音などで、賑やかになって目が覚めた。時間は5時15分。今日は、カットウメインで、出来ればタコもゲットしたい。受付済ましたら、本日は16名ぐらいとの事。ボチボチ多めなので、竿は1本だけ持っていくことにした。

天気予報では、風は弱いといっていたが、以外と波風は強め。ちょっと釣りづらいかも!なおさら、釣座は右舷ミヨシから2番目。

ポイントに着いた。少し荒れ気味なので、餌釣りから始める事にした。
ミヨシの人が、カットウでポンポンと大きめのヒガンフグを釣り上げる。

やっと私にもあたり。重い!
クリックすると元のサイズで表示します
良型のヒガンフグ!!!

2尾目は、針飲み込んだが、今日はフロロ3号とPE4号のセットハリスでゲット!大きなヒガンが釣れているのを知っていたので、普段はPE1号のところ4号を1セット巻いて来て正解でした。

全体に、カットウが調子良さそうなので、カットウに変更!
カットウでも2尾ゲットしたところで、あたりが急に減った。

途中、ヒガン1尾追加し、最後の方でショウサイを追加して終了!!
クリックすると元のサイズで表示します
最初の方は、良かったので爆か?と期待しましたが、尻すぼみで終わってしまいました。

宿に戻って、捌いてもらうのだが、カマ付きは今までで2尾が最高だったが、果たして今日は?

クリックすると元のサイズで表示します
3尾もカマ付きがあり、過去最高!本日鍋とお刺身に決定!!

帰宅途中に、鍋食材を買って帰ったのでした。

そういえば中山製鋼を通過する時に、煙突を14時13分に遠目に見たときには、煙がまだ出ていなかったが、1分後に見たら、モク〜〜と少しづつ煙が出てきた。何でか、私だけが意地悪された感じでした。(急に止めないでぇ〜)
0

運休?  釣り

先週おあずけになってしまったので、今週は行く期満々!
14日、仕事が終わって、いざ海へ。

まずは、半田の餌屋で青と岩虫を購入。中山製鋼で黒鯛釣ってから、0時頃からセイゴの予定で、中山製鋼に近づいたら、煙突から煙が出ていない???年末年始は煙がしっかり出ていて、調子が良かったみたいなのに!

折角来たので、竿を出す事にした。ポイントに着き、やっぱり、誰もいない。とりあえず、排水は動いている。30a弱のボラと戯れて、少し遊んだが、黒鯛の気配が薄いし、海水に濡れたオモリが冷たいので、久々の碧南の釣り公園の排水溝へ、場所移動。

近い#1番の排水溝で釣りを始める。常連さんに話を聞くと、今日は#3番のみ温水が出ているが、ここでもたまに釣れるらしい。始めて1時間後ぐらいに、隣の人の竿が曲がった。45aオーバーの腹パンの黒鯛!やっぱデカイですね!

23時過ぎまで粘ったが、ミゾレ交じりの雨も降ってきたので、ここは終了!セイゴ狙いに行く。セイゴの場所に着いたら、思った以上にに潮が低い。とりあえず始める。

電気浮きの反応は、無し。餌は、微妙に取られてはいる。しばらく粘っていたら、道糸が根にからんで、仕掛けごとロスト!電気浮きが沖へ流れていく!その時に反応。ピクッピク!スゥーと消えたり出てきたりしながら、最後には消し込んで、見えなくなってしまった。

寒いし、やる気がなくなり、明日の船釣りに備えて、2時前に納竿とした。そのまま、船宿に行って、車の中で仮眠を取った。 またボウズ。。。残念! 船でリベンジ〜〜!

0

融雪剤  

今日は、昨日の雪がしっかりと残っていて、道は凍結、ツルツル状態!!
その中を、娘と息子をバイトと部活に送って行く。

自分の車はFFなので、より安全な嫁さんのマニュアル4駆のスタッドレス(2シーズン目)のワゴンR−RRで7:30過ぎに出動!家の前から、3kmぐらいは氷上状態で、滑るけど、エンブレを効かしながら安全運転。

主要道路(県道)に出ると、白いブツブツ・・・。融雪剤が撒かれている。いつ撒いたんだろう?と思っていたら、すこし走ったところで、トラックの荷台からスコップで撒いている方々がいた。さすがに手撒きなので、ムラが多く撒き過ぎの感がある。安全に走行するには、有り難いことですが、車にとっては、チョッと錆び易くなったり、あまりよろしくないです。

嫁さんの車も、新車から3年でクラッチカバーやクラッチワイヤーが錆びたりして、大きな出費となっています。(最近は、マニュアルが減っているので、部品代や交換工賃が高騰している。)家の付近は、標高が結構有り、良く凍結するので、我家のすぐ前にも融雪剤が置いてあります。

国道も、しっかり融雪剤が撒かれているみたいで、皆さんノーマルタイヤでもスイスイ走って見える。融雪剤の恩恵をわかって見えるのか不明ですが、事故で渋滞する事を考えれば、有り難い事ですが、雪道(凍結路)の怖さを知らない方があまりにも多いように感じます。

冬場は、少なくとも冬用のタイヤを履くべきと思いますし、ノーマルタイヤの方でもチェーンは携帯しておくべきだと思います。
0




AutoPage最新お知らせ