タルイカ11月9日深夜便  イカ

ハマチの半夜便が、いつもより早めの21時半頃に沖上がり、港に22時40分頃に付いた。今日の半夜便は息子の大きな船(全長20m幅4.8m)だったが、深夜便は親父の少し小ぶりな船(全長19m幅4m)に乗り換えてのタルイカ狙い。息子の船は、深夜便も引き続きハマチ狙いで出船。

クーラーを車に載せ替え(72L→50L)、竿も今度は2.7m120号のイカ竿に替えて3.6mの竿は車に置いて行く事にした。釣座は左舷ともを予約していたので、すぐに荷物を載せることが出来、少し寒くなってきたので、上着を防寒服に着替えて、半夜で釣ったアジ餌さ等忘れないように身支度をして、タルイカの準備に取り掛かる。

道具は準備していたが、仕掛けを作る・と言っても天秤から後のハリスだけだけど・・・。道糸にクッションゴム3.5mm1mにL型天秤80cm、水中ライトにオモリ150号、ハリスは、ナイロンの24号を2mほどにした。釣れると大型が多いらしいので、30号も考えたが、とりあえずは。

23時ごろ出船、暗闇の中、沖に向かってかっとんで行く!いつもよりスピードも出ている。海も少しウネリが入りだして、船が跳ねる。

24時半ごろにポイントに着く。釣開始だが、横揺れがすごい、息子の船で慣れてたせいか、気になるというか、気持ち悪くなってきた。丁度マフラーのあたりらしく、排気ガスがすごいのも気になる。酔い止め薬を飲んでおく事にした。

最初は、新鮮なアジ餌を付けてと投入! 棚は、60m〜100mを探ってくださいとのアナウンス!30分ほど探ったところで、餌さ交換。秋刀魚に替えて投入!120mぐらいから探るも反応無し。水深はたぶん200mぐらいあると思うので、2〜3回180mぐらいまで仕掛けを降ろしたりもしたが・・・。

はっきりいって、タルイカの釣り方と言うか、あたりを知らないのでどうやってつるのか分からない。昨年ボウズの時は、隣の人がエギの大きめ改造の4号ぐらいに、生マイワシを開いて巻きつけて、ライトタックルで絶妙な誘いで釣ってみえたのが、脳裏に焼きついていた。夫婦で3杯タルイカを釣り上げられ、船中25人中4杯しか釣れなかった苦い思い出がある。

仕掛けを上げてくると、秋刀魚がボロボロにかじられている。なんだろう?
再度投入、70mぐらいを主体で探っていたが、またかじられている。周りの釣り人が、鰆とフグだろうといってみえたが、さすがにタルイカのドデカいイカリには、掛からないみたいです。

気分が最悪状態で、吐いた方が気分が良くなると思ったので、吐いたが、出るものは紅茶と胃液!今日は普段より、食べて無いせいも有るが、水物だけと、寝不足が祟ったみたい。少しは気分が回復したが・・・。

釣の方も今一で、まだ船中釣れていない。仕掛けにイカを付けても、見るも無残。30分もホカッていると見るも綺麗さっぱり無くなっていたり、魚餌だと頭の骨だけだったり。

そんな中、船中1杯釣れたらしい情報が入ってきた。
4時半ぐらいに左舷ミヨシから2番目の人にあたり、やり取りの中、左舷ミヨシと右舷ミヨシの3人オマツリもあったみたいだが、海面まできたところで船長がギャフを打ち、釣った方もギャフを打って、2人で無事に10kぐらいあるだろう、大きなタルイカを船の中に取り込まれた。

船長から、55mの指示が出た。55から60mでそのまま置き竿にしておいて?だって?イカ釣りって、誘って釣るんじゃないの?

やる気が出て、頑張るも、眠気と気持ち悪さで、横になったり、立ったりの繰り返し。
結局、タルイカのアタリは無いまま6時を過ぎた。餌を付け替えて最後の投入!まだ終わりの指示が無い?何時までやるのかな?

6時15分仕掛けを上げて、後片付けに入った。25分ごろにやっと船長から終わりましょうかの合図があった。船中14人で、たぶん2杯の釣果でした。

私は、もう、クーラーのベッドに寝そべり、ベンチを枕に熟睡体制、途中小雨が降ってきて目が覚めたりしたが、熟睡できた。

エンジン音が小さくなり7時30分ごろ帰港!!
もう、朝便の人が待っている。荷物を降ろしたら、すぐさま朝便の人が乗り込み、親父船は出船して行った。

車に荷物を積み込んでいたら、息子のハマチ船が帰ってきた。
着替えて、ひと段落。深夜船の客もみんな帰ったところで、息子船の船長に釣果を聞いたら、船中95匹ぐらいとの事だった。13人ぐらいだったので、半夜のほうが12人で160匹くらいだったので、よかったみたい。

船長に、ポイント決めについて聞いたら、ハマチのポイントは難しいらしいのでなかなか簡単に決められないみたいです。1時間半ぐらいかける事もあるみたいです。アジやイカなんかは、意外に早いんですけどね!

あと、タルイカについて話していたら、タルイカは他のイカと違い、棚にあわせて止めてあたりを待つだけの簡単な釣らしい事が判明しました。チョッとスッキリ!一概には言えないでしょうが・・・

あと、えさ取りの事を話したら、沖にサゴシとフグが移動したのかもしれないな?といっておられました。ハマチ釣りのほうは、多少外道は居るが、釣りにならないほどではないからなとも・・・。

船宿で、手を洗い車を出すともう8時10分を回っていた。ETCの早朝割引にはもう間に合わないので、のんびりかえる。高速に9時半ごろに乗って、45分頃にシズガダケSAでひとやすみ!パパさんは丁度鷹巣に向かわれている事だと思い、メールをいれておいた。
タイミングが良いと、ニヤミスですれ違うかも?

岩倉のいとこにハマチを持っていってあげようかと思い、電話を入れたら、用事があるとの事だったので、コーヒーを買ってそのままのんびり帰ることに。

養老SA付近で、眠気は感じなかったが、疲れた感じがあったので、立ち寄ってシートを倒していたら、熟睡して14時まで寝ていた。

それから、帰るが、ハマチ15尾は家だけで処分は難しいので、新鮮なうちにということで、ハマチ8尾とアジ3尾を4件にお配りしてから帰宅した。

さすがに、今回の釣行は疲れました。17時間半船乗りっぱなしは、さすがにハード!!!  タルイカが釣れていてば、疲れは半減したかも?
12月に、行けたら再度タルイカリベンジ!

クリックすると元のサイズで表示します
ハマチの写真を撮らなかったので、船宿のHPから拝借。
0




AutoPage最新お知らせ