スルメイカ狙い(連日釣行)  イカ

今朝は、昨日と違い過ごし易い。我家の周りの気温が22℃。昨日は26℃だったもんな〜。時間は、AM2:00ですけどね!

連日の釣行、今回はスルメイカ狙い。大山沖で沖干しを20枚以上を目標に、がんばるべ。
4時半受付。今日は7人の予定だったが、結局9人での釣行となった。

5時半出船、今回は大山沖でももう少し遠く、ポイントまでは1時間半ほど掛かる。
今日も良い天気、暑くなりそう!7:15ごろポイント到着。周りにいつもの船団は無し?

第1投、棚は130〜170m全員アタリも無く、大幅な場所移動。
8:10に船団に合流。期待の第1投、棚は?200〜250m。ふか〜い。

これだと、1度に多数掛けないと、数が稼げないと思い、250mで1杯掛けて、200mまで手巻きで追い食い狙い。きっちり乗ったみたいで、電動も悲鳴をあげる。

それでも上がってきたのは、大きめのスルメ3杯。4〜5杯付いてる感覚だったが、まずは予定どうりに追い食いさせて、上出来かな?

すぐさま、投入。棚まで時間が掛かるので、沖干しの準備をする。
棚で乗せて、巻き上げ。これまた時間が掛かる。上がってきたのは1杯?太平洋のスルメイカは、よく引きます。

追い食い狙いでしっかり誘うも、単発ばかり。5杯の沖干しと2杯の沖漬けを作ったところで、巻き上げ途中にオマツリ。小型が1杯付いていたが、プラヅノ2本とオモリが付いてない?いきなりのロスト。

ここから、仕掛けを7本針にしたが、乗りが悪くなり、多点掛けにこだわりすぎて、大失敗してしまいました。単発でも、掛かったら、丁寧に1杯づつ釣上げるべきでした。

棚(水深)は最大で、270mの船頭からの指示があり、私もリールの道糸300mなので心配でした。中には、道糸200mしか巻いてみえない方もいました。高切れしたら、中深海での釣りは、糸を巻き替えしとく必要性大です。

結局、沖干し9杯・漬け4杯・生5杯釣った所で、丁度12時位。船長が投入待ってくださいと言った後に、陸地の方で突風が吹いてきて、危険ですので早上がりするとのアナウンス。

まだ晴れてはいたが、西の空は怪しい雲が掛かっていた。周りの船も知らぬ間に撤収したみたいだ。

急いで、沖干しを仕舞いこんで、道具は港についてゆっくり方付ける事にした。
走り出して、すぐに北風が強くなってきて、白波が立ってきた。

そのうち、夏の嵐。神島辺りは、稲光が何本も光っていた。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

イカは釣れない、早上がりの、嵐まできちゃって、ここのところ憑いてません。

今日も定番になってきた、船宿のお土産持って帰ることに鳴りました。
しばらく、大人しくしていた方が良いのかな?

沖干しのラッピングぅ〜!
クリックすると元のサイズで表示します

流石に、沖釣り連日連荘はハードですね! 歳を考えないといけないかな。

今晩は、イカの刺身に、イカゲソとキュウリを酢で和えたものと、昨日のイサキとチダイ、カツオの焼き。疲れていたせいか、イサキが先回までほどおいしく感じられませんでした。

我家は食べるのが優先なので、料理の写真があまり撮れません。
特に、嫁が用意した時は撮影禁止令が出ています(笑)。

今シーズンのイサキは終了! 太平洋のスルメもデッカクなってきたので終わりですね。来シーズンの爆釣を夢見ています。

これからの予定は、りーまんさんとのマゴチ狙いと、船は太刀魚と日本海でマイカのシーズンイン待ち。

あと今年は、お盆明けのウタセ五目釣りがお勧めになりそうですよ。パパさん、資金用意しといてくださいよ!中物ですが、小ダイ、サンバソウ、マゴチ、イシモチ、ヒラメ、セイゴ等等の色んな魚種が楽しめます。胴付き3本針の40号オモリぐらいです。

その他気分で陸釣りだったら、鰻・セイゴ・黒鯛・アナゴ・キス・メバル諸々狙いたいですね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ