イサキ狙いpart3  釣り

ココのところ、釣りがお留守でしたので、久々に沖釣りに・・・。
本来なら、太刀魚に通っている頃だが、今年は全く釣れていない?

イサキももうすぐ産卵で、抱卵の極ウマが終了してしまうので、数が減ってきているが、イサキ釣りに飛び込みで乗船!いつもの、松新さんへ。

4時半に受付、今日は15人ぐらいとの事。最近の休日にしては少なめかな?
左舷の胴に釣座を構えたら、両隣のペアで貸し竿の方に挟まれてしまった。

チョッとオマツリが心配かな?5時半出船。大山沖まで1時間20分。
6時50分頃から、釣り開始。いつもの如く、アタりが無い。左舷では釣れていないが、右舷ではポツポツ釣れているみたい。

小さなアタリがあり、1年生の小ダイがご挨拶。ここから長〜い沈黙!
10時を回り、今日は、丸坊主を覚悟せねばならないのかな?

太陽はサンサンと照り付けて、くそ暑いだけで、波もほとんど無い凪なのに。(うねりが少々)。左舷では、サバやソウダガツオやカサゴがポツリポツリと単発で釣れているだけで、イサキは釣れていない。

場所移動も、結構移動してはくれていたが・・・。10時15分ごろ隣の方が、イサキゲット。私にもやっとの、まともな初アタリ。イサキを期待していたが、かわいいチダイ。

やっとキープサイズをゲット出来た。隣はたて続けに3回ヒットさせるも、船べりでバイバイ1回。この機を逃してはいけないと奮起!やっとイサキのアタリが、良型ゲット。

その後、ポイント移動して、サバ、ソーダガツオが単発で釣れて、ゲームセット。最後に来た良型のソーダガツオを引き抜こうとして、ハリス切れ。2号のハリスということを忘れてました。もったいない事をしました。

クリックすると元のサイズで表示します
釣果:ソウダガツオ2尾、マサバ2尾、イサキ2尾、チダイ1尾 の7尾と釣貧果。

竿頭の方は、イサキを13尾ほど釣られていたみたいで、右舷ではサンバソウなんかもつれてたみたいです。トモでは、ジギングでホウボウなんかも釣れてました。

今日も、船宿からのお土産付です。ココのところ続きすぎです。

今晩は、ソウダガツオの刺身とタタキとイサキ、マサバの、お刺身三昧でペロリとたいらげてしまいました。今日はツマに、オオバや大根、ネギを使い、カツオは、ネギとショウガがよく合いました。

タタキは、今回珍しくとても良く出来、最高においしかったです。
ソウダガツオは、2種類いるみたいで、昨年はヒラソウダだったのですが、今回のはマルソウダかな?どっちでも、釣りたてはおいしいです。

そういえば、今回のお客は結局18人となり、多めかな?日曜だから少ない方かな?
気になったのは、健成さん。右舷2人左舷2〜3人しか乗ってみえませんでした。

私の知っている船頭さんの中では、ピカ一だと私は思うんですけど、どうしてでしょうね? 私が健成さんに乗るときはいつも、20人は超えているんですけどね!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ