スルメイカ釣り(大山沖)  イカ

今日は有休、豊浜からイカ釣りへ。
以前、1回違う船で行った事があるが、柔らかい竿で失敗した経験と、何分忙しすぎるのと、引き(重さ)が半端じゃないイメージがある。

昨年から、スルメの沖干しがやりたかったので、晴れの日に行くぞ〜。と意気込んでいたが、1週間前から生憎の雨予報で、何を釣りに行こうか悩んでいたら、前日になって午前晴れの予報で、行くしかないなと予約を入れた。

朝、4時半までに受付、4時50分出船。湾内は穏やかだったが、伊良湖水道を越える辺りから、揺れる揺れる。向い風で船も波を被りながら、スピードも出せない状態。

しばらくして、気分が悪くなり、酔ってしまいました。さすがに、睡眠時間3時間(23時就寝、2時起床)では寝不足で、体調不良だったかな?
ポイントに着いて、仕掛を投入。棚は底の120〜175mだが、上層でサバがすぐに邪魔しに来る。

沖干しするには、前半が勝負になる。とりあえず、後半釣れないかもの事も念頭に置き、漬けと生も少量キープ。何とか釣れ出したが、サバと風がやっかいで、仕掛が絡んだりしてしまい、時間ロスも・・・。

8時半の時点で、沖干し5枚!目標20枚だが今日は、良いとこ10枚程度か?
なんとか、9時半ぐらいまでに追加終了したい。

結局腕が悪いので、10時ごろまでになんとか6枚追加して、沖干し終了。
あとは、生と漬けの追加だったが、やっと群れにアタリ釣れ出したのに、波がいっそう高くなってきて、11時半に早上がりとなってしまった。

釣果:スルメイカ25杯(沖干し11枚・沖漬け6杯・生8杯)
   ゴマサバ2尾(36・39a)
沖干し風景(捌くのが辛かったー)
クリックすると元のサイズで表示します
ゴマ模様
クリックすると元のサイズで表示します
釣り船のHPより拝借
クリックすると元のサイズで表示します
最後まで、絶不調な一日でした。げろげろ〜;><)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ