2012/10/14

横浜のインドフェス  酒・グルメ

しばらくほったらかしていたらもう10月もなかば。。。

1年もあと2ヶ月ちょっととは、はやいものです。

週末に二人で時間がとれたので、久々に山下公演まででかけてきました。
目的はインドのイベント「ディワリ・イン・横浜」にいくこと。
代々木公園で開かれる「ナマステ・インディア」に比べると全体規模は小さいものの、ステージの出し物から展示、飲食、雑貨などなかなかの充実度です。

クリックすると元のサイズで表示します

インドといっても広いからってなぜだかスリランカやネパールなどの料理や雑貨が交じっているのはまぁお愛嬌ということで。


インドと日本との交流は538年の仏教伝来から始まり、実に長い歴史を持っていることを意外と一般人は意識していないのではないでしょうか。
仏教を柱としたインドの哲学は間違いなく日本人のなかに根付いているということをこの展示のなかでも説明していました。

また仏陀にはじまりガンジーやサイババ、インド人ではありませんがその一生をインドの人々に捧げたマザー・テレサなど、精神的支柱となる偉大な人物達が存在するのもインド。

戦後の処理を巡っても日本を一方的に裁く東京裁判のあり方に異議をとなえ、サンフランシスコ講和条約にも加わらず、一切の補償を放棄し独自に国交を回復したのもインドですし、そして戦後の子供達を元気付けてくれた象「インディラ」が贈られた、というのも有名な話。
そのインドとの国交樹立60周年という記念の年であったのですね、今年は。

そんな真面目なことを考えつつ、頭はすっかりインド料理へ向いていたわけですが。
せっかくいろいろ食べられるのならと、普段食べないようなB級グルメに徹しようと決めていいた我々です。

チキンビリヤニ、サモサ、タンドリーチキン、ダヒ・プーリ、なぜだかモモ(ネパール餃子)にインドのスイーツ、アイスチャイ等。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お土産がわりにインドのジャンクフード、ティーマサラなどを買って、中華街を抜け元町商店街にはいったら、なんとこの日は元町のフード・フェスの日だったんですね。

元町界隈の飲食店が露天で自慢の料理や惣菜などを提供し、お客さんはチケットをかって食べ歩きができるというイベント。そこそこでライブ演奏なども楽しめるとあって、毎年大変な人出でにぎわうそうです。

18時開始にもかかわらず、1時間以上前から横浜の老舗「霧笛楼」の前にはすでに行列が(汗)。美味しいものは開始早々に無くなってしまうようで。

もうお腹いっぱいで今回の元町はそのままスルーしましたが、一度試してみるのもありですね

クリックすると元のサイズで表示します
元町のアイアン雑貨の看板犬。隣のオブジェのように鎮座してます
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ