2011/12/30

2011年のおわりに  雑記

いよいよ2011年のこすところあと24時間。

50代を突破し、また着実に歳を重ねているわけですが、最悪ともいえた2010年をのりこえた今年は、ずいぶんと世の中の不況感のなかでは健闘した一年だったかもしれません。

昨年は予想していたとはいえ春に勤めていた会社は倒産し、未払い給与などたいへんな目にあいつづけていたなか、ピースの調子はかんばしくない状態が続いたかと思えば、さっぽろの叔父が亡くなるなど、これでもかとパンチをくらい、最後は妻の店もクローズせざるをえない状況になり一年を終えるという、どちらかというとへこまされることの多かった年。
疲れがたまり精神的、肉体的にも限界がきそうな年でした。

それに比べれば今年はどんだけましだったことか。
もちろん僕の誕生日をおそったあの大震災と原発被害という未曾有の災害を経験した、歴史に残る年であったことには違いなく、その影響は被災地ではない我々にも少なからず影響はあったわけですが。

ピースは以前と変わらないくらい元気だし、夏にはひさしぶりに祖母に会うこともできたし、家族で過ごす時間がずいぶんと増えたし。
経済的にけして楽な状況ではないものの、ふるさとに住む旧知の友人からの贈り物やメッセージなど、本当に元気づけられることが多かった。

年始にたてた目標は必ずしも満足できる成果とはなっていないけど、少しは近づけた分だけ、状況的にはよしとしてもいいのかなと。
その分、来年に大きな成果がだせるようがんばらなくては。

皆様もどうかよい新年をお迎えください。
2
タグ: 日記



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ