2005/9/27

季節の中で  映画

クリックすると元のサイズで表示しますベトナム系アメリカ人の監督トニー・ブイによるふるさとの季節の移ろいのなかで繰り広げられる人間模様を描いた秀作です。
久しぶりにCSで見たこの映画は、今年ホーチミンを旅したあとだけに新しい感動がありました。

主人公の一人であるシクロ乗りと、ハスの花売りの女の子が交わした会話のなかに「世の中便利になることだけがいいことじゃない」というようなせりふがありました。
ベトナムの代表する花でもある蓮に託された心や美と、シクロをはじめとする近代化の中でどんどん失われつつあるものとが重なりあったとき、この監督が描きたかったふるさとへの想いのようなものを感じました。

今年訪ねたホーチミンは確かに豊かになってきたベトナムの象徴でもあり、また貧富の差など経済面での問題が浮き彫りになってきたベトナム社会の問題点でもあり。
そんな一面も現地で感じたことと、映画から感じたことがオーバーラップします。

この映画にでてくる主人公達、ひとりひとりがそうした時代の流れのなかで置き去りにされつつある美しさやはかなさをもった人々であり、ベトナムの古きよき文化であったりする、そんなテーマなんでしょうか。
ラストのシーンはとにかく感動。
娼婦がいちばん美しかったときを取り戻す一瞬が凝縮されています。

しかし、この映画を紹介しているレビューの多くに「舞台は首都ハノイ」と表記しているのが目立ちますが、これは明らかに以下の点で間違いではないのでしょうか。クレジットなど詳細を確認していないのでこれはあくまで私見ですけど。

1.最初のほうにでてくるロータリー(交差点)の風景はホーチミンのはず
2.リバーサイドホテルやアポカリプス・ナウといった映画で使った場所はホーチミンにある
3.主人公のひとり、ハーベイ・カイテル扮するベトナム帰還兵が、離別したベトナム女性を探して町に滞在する、というシチュエーションはハノイ(旧北ベトナムの拠点)では考えられない
4.娼婦がシクロ(主人公の一人・彼女へ想いを寄せている)曳きに、帰宅の際「2区へ」と告げるのだけど、2区というのはホーチミンの庶民が住む下町で、どちらかというと貧乏な家が多い。ハノイにはそういう地区名がないはず。

その他、川の風景やら町の風景がこないだいったばかりのホーチミンにとっても雰囲気が似ているのもその理由。

いい映画です。ほんとに。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ