2010/9/19

ニッポンの洋楽ヒット  音楽

こんなコンピがでていたんですね。

ニッポン洋楽ヒッツ! ORICON洋楽ヒット・チャート・コンピレーション 1968-1979


70年代後半はヒットモノには興味をうせていたけど、68年から74年あたりはどんぴしゃな時期。ラジオに耳を傾ける日々が続いていたものですよ。

こないだ友人から自分のディスクからコンピしてもらった同じようなCDをもらいました。

どっちも懐かしい曲ばかりなんだけど、日本の洋楽っていうところがミソというか、日本の洋食のように海外からはいってきたようで、実は日本独自の企画だったり、日本でしか話題にならなかった「一発屋」が多く含まれているの。

それがまた日本人の琴線にふれる、というかはまったんでしょうね。

友達がくれたCDのなかでそれにあてはるとしたら

今は元千昌夫の奥さんというイメージしかないけどジョン・シェパードの「サマー・クリエイション」とか



シングル王道の尺3分以内でトップ街道走ってそのまま失速して二度と帰ってこなかったメッセンジャーズの「気になる女の子」とか



このあと何をしているのかさっぱり行方知れずのニール・リードの「ママに捧げる詩」とかはいっていました。(動いている彼はYoutubeで初めてみたよ!)



うーー懐かしいね。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ