2010/9/17

ボウイーはええ。  音楽

わけあって最近、ボウイーを聞きまくっております。

「ボウイー」と聞いてこちらを思う人は私より一回り以上若い方です。



「ボウイー」といったら誰がなんといおうと「David Bowie」ですヨ。
中学時代、彼がグラビアを飾らない日はない、というくらいそこらじゅうが「David Bowie」の時代。
なかでも愛読していた「MUSIC LIFE」はこれでもか、っていうくらい追っかけてましたね。


やっぱりこの時代、ミック・ロンソンとのころが彼のベストだわ。







なんで聞きなおしているかはまたの機会にということで、この項おわり。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ