2010/4/10

ローズ・イズ・バック!  音楽


ピースの散歩がてら地元を歩いていると、向こうからどこかで知った顔の人が。
なんとまあ、秩父別にいらっしゃるボサツノバさんではありませんか。
なんでも明日が結婚式とかで、最終リハにこれからいくのだそうです。
おめでとうございます!

偶然とはいえ、ひょんなところでひょんなかたに会えた奇遇に感謝。

http://www.rhodespiano.com/

偶然といえば、たまたま山野楽器に暇つぶしに立ち寄ったとき、目の前に置いてある鍵盤楽器。
なんとなくデザインはかわれど、懐かしい雰囲気がすると思ったら、あらま、ローズ・マーク7じゃありませんか!

なんとフェンダー・ローズが帰ってきたんですね。
装いをあらたに。
今はフェンダー製ではありませんけど。

思わず音を出してしまいたくなる気持ちを知ってか、楽器屋さんはちゃんとモニターつないでありました。

昔のまんまの音がします。

あのカモメのジャケット思い出しますね。



ローズの公式サイトからはジョージ・デュークやジェフ・ローバーといった人たちの演奏もDLできてしまったりするし。これがまたいいんだわ。
ウェザー・リポートの初期、マイルス、などなどローズなしでは生まれなかった音楽限りなく、最近も古いローズをわざわざ調達して演奏する人も多いみたいですしね。
やっぱ、アナログはいいぜよ。





ローズといって思い出すのはブルース・ブラザーズの名シーン、レイ・チャールズが経営する楽器屋に乗り込んだジェイクとエルウッド達にいちゃもんをつけられたローズを試し弾きする、といところから始まるダンスシーン。




復活したといえば、ピースも元気になってます。
フリスビーもサッカーも病気前くらいの状態に戻りつつあり。
その分、暇さえあれば「遊べ、遊べ」とうるさいのですが、それはそれで元気な証拠。いいことだ!




クリックすると元のサイズで表示します

サッカーのあとは水分補給です。
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに8年前はこんなに小さかったですよ。もちろん頭のうえのチビがピースですが。下は母のメイです。
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ