2009/11/3

型破りなふたり  演芸

ずいぶん前の録画番組をようやく鑑賞。
ひとつは春の公演、林家三平2代目披露記念の明治座「三平物語」
もうひとつは桂枝雀没後10年を記念した番組「みんな枝雀が好きだった」

どちらも昭和から平成にかけて人気を博した落語家。
林家三平はまさにテレビ時代を意識した型破りな芸で子供から大人までとりこにした芸人中の芸人。
彼の半生をモデルに三平役を風間杜夫が演じての舞台。
これがまた面白かった。
なにより風間杜夫の三平なりきり度が半端ではない。
クライマックスの高座でのシーンは、ほんとに目の前に三平がのり移ったかのような演技、というか落語高座そのもの。
観客も舞台を見る、というより三平の落語を楽しんでいるかのよう。

風間杜夫恐るべし。



三平師匠。枝雀の芸につながる予感?
http://www.youtube.com/watch?v=pn4s2ST4cPg

それと弟子や知人達が存命中の枝雀の思い出などを語りながら、彼の得意とした演目を年代順に鑑賞するというもの。
こちらも年を追うごとに、すごみをます枝雀の芸が堪能できました。

三平とは対照的に座布団の上でどこまで表現できるかをきわめていった枝雀の芸は、今見てもめちゃくちゃ面白い。
あれだけのスピードでアドリブのように繰り出す話は、綿密に練られたプログラムのように見事に計算されて出来上がってきたような感覚というのか。



三平も枝雀も若くして亡くなったのが悔やまれます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ