2009/8/24

もうすぐセンキョだけど  

議員をえらぶのも大事だけど、最高裁判事の質を問う唯一の機会なので、よーく実績をみて「×」を今回もつけるつもり。

ポイントは
「政権側に擦り寄っているかどうか」
「天下りかどうか」
の2点。

冤罪を引き起こすかどうかの最後の砦なのだから、ここはしっかり選択しておかなくては。

G民もM主もどうってことはないけど、少なくとも宗教系のチームにはお引取り願いたい。

それと大事なことだけど大手メディアは無視していることで、記者クラブの廃止、電波を牛耳る総務省の権利を剥奪し第3者機関に移行する、そしてメディアがメディアを支配するという異常な経営状態の日本のメディア、許認可制度に守られたメディアを法改正で変えていこうという信条を掲げるM主にここは期待したい。

今回はそこが選択肢として大きなポイントだなと思う。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ