2009/3/9

音楽をさわりだけなんてあんまりだわ  音楽

こないだNHK-BSで放送したグランド・ファンクのライブ。
ごっつうえかったです。

あの伝説となった日本公演、そう雷雨のなか後楽園球場での屋外ライブ。
今ならぜったいやらないであろう条件下で、テレビで放映されたような爆音ライブをやったのでしょうね。
札幌に住んでいた僕には見られなかったあのライブが、こうしてテレビを通して擬似体験できるなんて、いい世の中になったもんだ。

ギターキッズが誰でも弾いたであろう「Hearbreaker」をはじめ、とりあえずバンドをやろうと心がけるガキどもには格好の素材となったバンドでした。

あのような音楽を生真面目にやったらつまんない、という典型例かもしれません。
アニマルズの「inside out」などあのアクション、あの爆音、あの熱さがなければいかんのですね。たんたんと演奏してもつまらんわな。

74年のライブにはウェット・ウィリーの面々が「Locomotion」で参加していたなんて!

いやはやー、感服しました。あらためて恐るべしグランド・ファンク!
このドラムソロはジョン・ボーナムも真っ青でしょ。



こちらWet Willie



ところで、先月末に放送されたフジテレビ開局50周年特番「秘蔵映像すべて見せます・名曲で綴るフジテレビ〜ボクらの心に流れる歌」。
これがまったくいただけませんでした。リアルタイムに見る時間ないから録画してみたんだけどね。

いいところのつまみぐいばかりで、なーんにも掘り下げることなくただ合間の沢山のゲストのバカ話で盛り上げようとする演出。
これ最悪です。

興味のない歌が何曲も続くのは確かに酷かもしれないけど、全部が全部、サビの一部とか30秒程度のダイジェストばかり。
これでは歌も台無し。

数曲に1曲でもいいから、きちんとフルコーラスやるとかね。
もうあのてのバラエティ手法は誰も喜びませんね。
2000年以降なんて全然興味ないからスキップしちゃうし、HDレコーダだからCMなんて見る気もなし。

それに比べると同様の企画でNHKがやると、放送できる数こそ減りますが、どれもきちんと最後までやってくれるし。
あらためて歌の背景とか、歌詞とかを聴きながら振り返ることもできるし。
ま、年寄り向きといえばそれまでだけど、けして若い人が違うということはないと思うぞ。

せっかくいいコンテンツを持っているのなら、長期的に番組企画をねったほうが広告主も付きやすいのではないでしょうか。
過去のCMを同じようにスポンサーつけて放送したほうが、全然企業の宣伝効果が高いんと違うかな?
時代にあわせて古いCMを放送するほうが、より時代性を感じられるし、企業のイメージアップにもなるし、視聴者も「それなら」って見てくれるし。
過去のコンテンツを再利用するのだからコストだってかからないでしょうし。
無駄なゲストのギャラ払うくらいなら、そうしたほうがいいと思うけどな。
なのでこうした企画を買っていただけるなら、フジテレビさんはじめ民放各局様、企画料ください。

あるいは山下達郎氏に顔だしなしで同様の企画をテレビ化してもらうとかしたらどう?
どうよどうよ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ