2007/10/5

ハイウェイスター  音楽

前にLDででていたものが他のフッテージなどボーナストラックがついて1800円強というお買い得。
つられて買っちゃいましたディープ・パープル。。





お懐かしい(涙)

当時の中高生ギターキッズにとってのヒーロー、R・ブラックモアも今は美人ボーカルの奥さんとの中世音楽愛好家。
さんざん暴れまくってもういいかげん疲れてしまったんでしょうか。

ま、それはさておきパープルといえば「ハイウェイスター」
今は車の名前として有名ですが。

あの曲はギター小僧の第一登竜門というか、これが弾けたら一人前みたいな風潮がありました。

当然、僕も練習しましたよ。

で、高校2年の春、新入生歓迎会のステージで披露しよう、ということになり春休み返上?で練習しました。

そうしてついに体育館のステージ、新入生を前にPAなど当然なく、やぶれかけたドラムヘッドとぐにゃりとまがったシンバルをたたきまくるドラマーが核となって全曲コピーで。

聴衆のさめた目と、野次、飛んでくる運動靴と生卵にめげすに完奏。
リッチーは一人でひいていたけど、こちらはスタジオ盤どおりツインで。

これで一山越えましたね(笑)
0
タグ: ロック



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ