2007/10/16

トムヤンスの味わい深い作品  音楽



ひさびさの音楽のことで。

トム・ヤンスのコロムビアでの76年発売第一弾。
9月に紙ジャケで再発されて購入しましたが、これがなかなかいいんだ。

ちょっと内省的な歌詞と、70年代らしい哀愁のあるメロディ。
AORへの移行期ともいえるアレンジですが、なにしろミュージシャンが豪華。


David Lindley (Guitar)
Chuck Rainey (Bass)
Jesse Ed Davis (Guitar)
Lowell George (Guitar)
Jim Keltner (Drums)
Colin Cameron ( Piano, Guitar, Bass)
Harvey Mason, Sr. ( Drums )
Jerry McGee (Guitar)
Jeff Porcaro (Drums)
Bill Payne (Piano)
Fred Tackett (Guitar)
Mike Utley (Guitar,Organ )
Herb Pedersen (Vocals)
Sam Clayton (Conga)
Lovely Hardy (Vocals)
Valerie Carter (Vocals)

プロデューサーがロウエル・ジョージということもあって、全体としてリトル・フィート色も強いのが特徴です。

寡作だったトム・ヤンスはオートバイの事故の後遺症で84年に亡くなりましたが、彼の作品をカバーしているミュージシャンも多いようです。

テキサスのお転婆娘Dixie ChicksもLoving Armsをリバイバルヒットさせました。

陰影のあるジャケットもいいね。



2
タグ: SSW ロック



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ