2009/10/13

富良野をあらためてバーチャル旅  雑記

もう少し富良野を歩いてみた。
もちろんストリートビューのうえでだけど。

当時住んでいた家を訪ねる。
板張りのボロ家で、すきま風を防ぐのにビニールシートをはりまくって、それでも寒くって布団が凍るくらい寒かった。
クリックすると元のサイズで表示します

今のこの家ならかなり快適そうだな。


大きな地図で見る

ここのポストの前で写真をとったんだっけ。
クリックすると元のサイズで表示します
位置は昔のまんま。
無辜な笑顔だね。


みんなどんな大人になっているんだろ?


大きな地図で見る

ここは昔と変わっていないようだ。
「金星ストアー」
おもちゃの殿堂のような存在で、それこそトイザラスのようなビッグな店だったはずだけど、やっぱり意外としょぼかったりする。

大きな地図で見る

当時、市内で病院、役所を除き唯一、エスカレータを持っていたデパート。
3階建以上の高さを誇る建物はここだけだったしね。
外観はずいぶん変わったけど、規模はさほど変わっていないようだ。
迷子がでるくらい年末は混雑していたけど、今はどうなんだろう?


大きな地図で見る

父の勤めていた銀行。今は看板はかわったけど、建物はもしかしたら変わっていないようだ。
札幌の本店の意匠を意識した作りになっているあたりは、当時の銀行の立場をよく表している。


大きな地図で見る

当時立て替えたばかりで、市内で市立病院を除き唯一エレベータを装備した建物だった。
社会見学として学校単位で、このエレベータにのって展望台まで上がった覚えがある。
上から市民を見下ろそうという権威主義的象徴だな(笑)

大きな地図で見る

通った小学校も様変わりしている。
当時はペチカが各教室にあって、暖炉のようなところに石炭をくべるのが日課だった。壁に煙突がはりめぐらされ、壁全体が暖房になっていた。
煙突のメンテとか燃料の問題などで校舎建て替えとともになくなったのだろうな。


大きな地図で見る
0
タグ: 日記 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ