2007/5/31

マリーザ・モンチ 最高!来日公演最終日  音楽

マリーザ・モンチ
ブラジル音楽界のスター。
88年のデビューからずっと注目していながら、前回の来日を見逃していただけに、今回は絶対にはずせませんでした。

初めて見たマリーザ、言葉では言い表せない感動を与えてくれました。

なんと芳醇な音楽。
マリーザの天賦の声が会場に響き渡ったとき、もう鳥肌もの。
美しい。声も、容姿も。動きのひとつひとつが美。

アコースティックな編成なのに、彼女がアート・リンゼイやカリーニョス・ブラウンなどと作り上げてきたエッジの効いた音作りが、見事に再現されていました。


贅肉をそぎ落とした舞台で、静と動を調和させた演出は、ドーム型大型コンサートではけして味わえない、本物のアーティストたちによる生のエネルギーを感じました。

音響もよいオーチャードホールでなければ、実現しえないコンサートでもあります。

うーん、とにかくこの感動をまた味わいたい。ぜひまた日本に来て欲しい。

それと在日ブラジル人たちの興奮たるやものすごいです。
ほんとにブラジルではスーパースターなんですね。
ポルトガル語は挨拶くらいしかわからんけど、最初からステージと一体化してました。

今回最終日でもあったためか、アンコールに2回応えてくれたのもよかった!得した!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ