2007/4/5

今度は成毛滋が…  音楽

まさか成毛滋がこんなにはやく逝ってしまうなんて(涙)

中学のとき「どうやったらアドリブがとれるんだろう」っていう素朴で難しい疑問に応えてくれたのが「成毛滋のロックギターレッスン」という1本のカセット。

クリックすると元のサイズで表示します

当時、グレコギターを買った人は必ずもらった教則カセット&ブック。

これのおかげでブルーノートペンタトニックや、アンプのトーンの使い方、フレーズやリフの組み立てを会得できたようなもんです。

そして日本人にあったギター、というコンセプトで作られた当時のグレコ・レスポールモデルはほんとに弾きやすかった。
僕も手は大きくないので細めのネックに、適度なラウンド、それにボディ裏のカッタウェイは体にとってもなじんでたし。
後でギブソンのレスポールを試奏したときは、ちょっと弾きにくくって「値段は10倍だけど、弾きやすさはグレコのほうが上かな」なんて思ったくらい。

今も大事に教則カセットをとってあるのは、これがなければ自分のギターテクニックも随分と遠回りしたように思うから。
ほんとに感謝してます。

ご本人の作品はレコード会社との衝突などでなかなか世にでることが少なくって、申し訳ないんですが僕も1枚も持っていません。
でもいつかきっとまとまった形で発表されるとばかり思っていたら、なんで…


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/4/7  17:54

 

繧ョ繧ソ繝ェ繧ケ繝域先ッ帶サ九&繧薙′豁サ蜴サ縲 

2007/4/7  0:39

 

 
本日(4月5日)付けの朝日新聞朝刊に小さな訃報記事が掲載されておりました。

『成毛滋さん(なるも・しげる=ギタリスト)が3月29日死去、享年60歳。葬儀・告別式は近親者で終えた。喪主は妻彩(あや)さん。自宅は非公表。』

記事には「病気療養中」であったとだけ書 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ