2006/8/15

ホロビッツのために  映画

韓国のお話パート2

帰りのアシアナ航空で見た映画なんですが、これがまたいい!
でも悲しいことに途中でぶち切れ。

飛行時間が短いので、映画の途中でサービス終わっちゃったよ(泣)

どうしてくれよう!日本公開 or DVD化 ot 放送化権だれか買ってこのストレス解消してくれ!


「ホロビッツのために」という映画なんですが、単館なら絶対受けると思うんだけどなぁ
クリックすると元のサイズで表示します

なかなか芽のでない女性ピアニストが町のピアノ教室を引き継いで暮らし始めたところからストーリーが始まります

そこに訪ねてきた一人の少年と、階下のピザ屋で働く男性が織り成す人間愛を描いた映画というんでしょうか。

なにしろ最後まで見てないのでなんともいえませんが、途中まではほんとに夢中で見てました。

不幸な境遇にある少年は実は絶対音感のある天才肌の才能をもっていることに彼女が気がつきます。
そこで彼をピアニストとして育てようと決心するわけですが、彼の本意は実は違うところにある、ようなんです。
途中までしかみてないのでそこまでしかわかんない(泣)

コミカルな演技・演出もあり、シリアスになりがちなテーマを明るく、じーんと感動させる映画だったように思います。
そしてなにより映像の美しさ!
最後までみてないからきっとそうだ(笑)

韓国語はちんぷんかんぷんなんで、新大久保あたりでDVD買ってもわかんないし、リージョンコードで見れないし…

やっぱりなんとかしてほしいよ、映画配給会社様!請う権利獲得!
すくなくとも私は見に行くよ!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ