2012/1/22

西国二番札所 紀三井寺  

「大寒」雪結晶
だけあって〜
全国的に寒いですなぁ〜MAP雪結晶


こんなに寒いと・・・・
桜の咲く春が待ち遠しくなるものです桜


関西の桜の開花宣言と言えば!

「紀三井寺」の「標本木」
(現在の開花宣言はこの標本木ではありません)


今回は西国三十三観音二番札所の
紀三井寺のご案内ですゴメン



クリックすると元のサイズで表示します



和歌浦湾に面した名草山中腹にあるお寺で
「万葉集」の歌人にも多く歌われた名勝です
境内からはお天気に恵まれれば
淡路島や四国まで見晴らすこともできます見る



紀三井寺の名称は
3つの井戸がある紀伊の寺と言う意味で
その名の通り湧水が御座います


クリックすると元のサイズで表示します




山門をくぐると〜現れる階段´Д`



クリックすると元のサイズで表示します




「厄坂」の階段を上ります徒歩=3



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します




そんな坂の途中にあるのが
先ほど紹介した湧水です汗



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します




階段を登りきれば〜間違いなくで
「紀三井寺」境内に到着です^v ゜



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します





数年前まではここの標本木に桜が咲くと桜
開花宣言されてましたMAP



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します




こちらに安置されてるご本尊は
「十一面観音立像」
そしてもう1体
本尊と同格に崇拝されてるのが
「千手観音立像」


クリックすると元のサイズで表示します




観音信仰を広め人々を苦しみから救おうと
諸国行脚していた徳道上人は
ある日名草山麓に宿泊した
すると山頂辺りから光が発しているのが見え
翌朝 山に登ったら燦然と輝く
千手観音の姿を感じたドキドキ
で、自ら十一面観音像を刻み
ここにお堂を立てて安置したのが
紀三井寺の始まりとされている


クリックすると元のサイズで表示します



境内からの景色〜
ここから恵まれれば四国や淡路島が見れることも



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



又 桜が綺麗なお寺でもあります桜
桜の頃にお花見がてら〜参拝するのもOK
素敵なお寺でありますOK










いつも応援ありがとうございます
ブログランキングに参加してます
クリック宜しくお願いします
人気ブログランキング




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ