2011/4/17 | 投稿者: hal


文部科学省は12日、福島県飯舘村、浪江町など6市町村の土壌、雑草から微量の放射性ストロンチウム89と90が検出されたと発表した。 ストロンチウム90は土1キロ・グラムあたり32ベクレル検出とのことだ。

いよいよストロンチウムが来たか、という感がある。 昔(1954年)アメリカによる水爆実験の際、珊瑚礁などが細かい灰になって大量にまき散らされ、160キロ程離れた海域で操業中のマグロ漁船第5福竜丸などがこれに被爆した。 乗組員はその後死亡、「死の灰」という言葉が一躍有名になった。

これらは放射性降下物(フォールアウトとも言われる S.T.A.L.K.E.R.の次はフォールアウトか・・・)と呼ばれる。 ストロンチウム90、セシウム137などである。

この内カルシウムに化学的な性質が似ているストロンチウム90は骨などにたまりやすく、長期の内部被曝(ひばく)の危険があるという。

半世紀以上昔の事件だが、当時の大騒ぎは今でも覚えている。 「ビキニ」という地名が一躍有名になったのは、この事件がきっかけではなかったか。 水着のビキニなら大歓迎だが、死の灰はご免こうむる。

福島原発には1機プルサーマルがあり(3号機)、プルトニウムも燃料に使っているので敷地内からはプルトニウム238も検出されている。

ヨウ素131よりプルトニウム238やストロンチウム90の方が遙かに毒性が高い。 特にストロンチウムは怖い。 今の所ごく微量というが、東電はプルトニウム検出用の測定器さえ持っていなかったという。 (プルトニウムは到達距離が数pと短いので、検出が困難) 

風評被害というが、東電や原子力保安院の発表が細切れでてんでんバラバラだから、風評も流れるのだ。 諸外国からも情報の発信が遅いし少ないという非難が多い。
このあたりもう少しなんとかならないものか。

もう一つ、現在最も怖いのは「福島原発付近で大規模な余震が発生しないか」ということだ。 もしマグニチュード7.0クラスの直下型地震が原発付近で発生すれば、この世の終わりという事態になるだろう。 恐らくは(風向きにもよるが)東京でも深刻な放射線汚染に見舞われることは必定だ。

それにしても、核兵器の実験場近くならともかく、東京にいながら「死の灰」ストロンチウム90に怯えなければならないとは、恐ろしいことになったものだとつくづく思う。


私はこれまでは消極的ながら原発容認論者だった。 「他に適当なものがないのならしょうがないだろ」程度の軽い認識だった。 しかし、今回の事故でこの認識は変わった。

「原発はいいものだ。 火力よりコストは安いし大気汚染もない。 海外の石油事情で発電量が左右されることもない」

但し・・・ 「事故が起きなければ」である。 

今回の事故では、「一度原発で大きな事故が起きれば、人類の力では制御できない」ということを思い知らされた。 これが人間の驕りというものだったのかも知れない。

しかし、原発から他の発電方式にシフトすれば、発電コストの上昇は避けられないだろうし、それによる日本全体の工業力の低下も必然だ。 只でさえ、地震と津波の被害で長期的な電力不足となっている。 そこに発電コストの上昇が追い打ちをかけるのだ。

電力の不足と電気料のアップで、日本の国際的競争力は低下の一途を辿るだろう。 20年後にはアジアの中でも中以下の存在になっている可能性も高い。 

就職難は更に厳しくなり失業者も増加する。 失業率は5%とか10%とかいう程度ではなく、30-40%は当たり前という世の中になる。 日常生活の内容も、今より遙かに低レベルなものになっているだろう。 自宅警備員などという優雅な職種もなくなる。 自宅を警備するような余裕がなくなるからだ。 巷には二つある臓器の一つを売って糧を得ようとする人々が溢れる。 静まりかえった町の中で活気を帯びているのは、それらの人々を手配する手配師達の声だけだ。 その声がうらぶれ荒廃した街角にこだまする・・・ 

正に「日本沈没」である。

0

2011/4/13 | 投稿者: hal


先日のジョギングは、山手線大塚駅から巣鴨駅、駒込駅を経由する約5キロのコース。 昼下がりの線路際の土手を走るコースで、2キロに渡って桜が満開を迎えていた。

驚いたのは・・・ このお花見最盛期の日曜日に、只の一席も花見の宴席がなく、一人として酔漢の姿を見ることがなかったことだ。 例年なら数百席の宴席と千人を越す酔っぱらいで賑わうこの土手が、無人に近い状態というのは、なにやら不気味な気さえした。

日本の花見を知る外人が見たら、「日本人というのは凄い! 強制されなくても他人を思いやり自らを律している」などと勘違い(実際その通りなので勘違いとも言えないのだが)しそうな感じだ。 

勘違いならまだしも、「あのお花見好きの日本人が只の一人も花見をしないとは、なんという怖い国だ」とか思わないだろうか。 日本人の私でさえ不気味な違和感を覚えたのだから、そう思う外人は結構いそうな気がする。

宴席がただの一つもない状態で、自分だけ青いシートを広げるのは、かなり度胸がいるのではないか? 白い目で見られないか、叱られないか、非国民(笑)と罵られないか? 

個を主張するより集団に溶けこむをよしとする日本人の、そんな思いやりというより思い過ごしが、この無人の満開となって現れたような気がする。

これが「自粛」の効果なのだろうが、ここまで徹底する必要があるのだろうか? 私自身は宴会はあまり好きではないのでお花見もしないが、たまには飲んで騒いで英気を養い、翌日から又あらためて頑張るというのも、決して悪くないと思う。

自粛も良いがそれもある程度までと自粛することも、また可ではないか?
0

2011/4/5 | 投稿者: hal


福島原発再臨界? 04月01日 11:28

というニュースがあった。 

報じたのはブルームバーグという金融・経済情報を配信するアメリカ合衆国の総合情報サービス会社で、金融価格などの情報ではデファクトスタンダードらしい。 一応の信憑性はあるようだ。

それによるとIAEAの原子力安全担当のデニス・フローリー氏が、30日のウィーンでの記者会見で、 東京電力福島第1原子力発電について、「再臨界」した可能性があるとの見解を示したとのことだ。

福島第1原発は地震直後に緊急停止していた。 つまり臨界状態ではなくなっていたのだが、その後炉心の燃料棒或いは使用済み燃料棒が破損し、その破片が位置的にお互いに近い状態にあると核分裂が始まり、それで再度臨界に達したのではないかということらしい。

もっともこれを否定する学者も多数おり、再臨界は起きないか仮に起きても、核爆発のように連鎖的・爆発的に広がるのではなく、せいぜいスパイク(瞬間的な臨界超過状態)を何度か繰り返す程度ではないかという説もある。


これとは別に、実際に再臨界が起きていたとしたのはタイム誌で、米科学者フェレンツ・ダルノキ・ヴェレス博士の論文内容を紹介した。

同博士は、3月13日以降福島第1原発の南西1.5キロの地点で、13回にわたって中性子線が観測されたとの 共同通信の記事(3月23日付)に注目したという。

「塩素38」という物質が半減期が37分と短い物質にもかかわらず高濃度で検出されたため、注水された海水の塩に含まれる「塩素37」が中性子と結びついて作り出されたものではないかと推測し、1号機の原子炉が中性子を生む「再臨界」だったのではないかと考えたそうだ。

しかしこの説には反論もあり、炉心には今でもある程度の中性子がある(必ずしも臨界を意味しない)」が海水を真水に変えれば改善するはずという学者もいる。


お互いに矛盾し合う複数の情報がこう多いと、原子力には全くの素人の私達は、何を信じたらいいのだろう?

「東京は、現地から200キロ以上。最悪事態で放射性物質が大量に飛散しても、よほど風向が悪く、強く、悪いタイミングで雨が振らない場合にしか被害はない」という人もいるが、不安なのは変わらない。


それにしても不思議なのは、これらの再臨界についての情報が新聞テレビなどのマスメディアではほとんど取り上げられていないことだ。 勘ぐれば「あまりに重大なので報道を控えて(或いは控えさせられて)いる、ともとれる。

一つだけ確かなことがある。 メルトダウンなどの大災害が東京にもたらされるとなれば、要人は必ず真っ先に逃げ出す、ということだ。 

奸首相や主席報道官(長官という役職らしい)或いは皇族方が、大挙してヘリで脱出又は関西へ移動というニュースが出れば、即東京壊滅ということだろう。 もっとも脱出を知った時には、庶民には最早逃げ場は存在しないが・・・

0

2011/4/1 | 投稿者: hal

私的感想 今回の震災でのワースト&ベストランキング。

ワースト
SS 東電 (正社員、特に上の連中 現場の人々は全員が下請けや関連子会社の人だろうが、こちらはベストを尽くしていたと思う)
S  原子力保安院 (ちいとも保安をしていないじゃないか 無駄飯食いめが)

A  政府 (枝野はよくやっていたが首相はなにをしてたの?)
B  NHK以外のマスゴミ (特にフジはひどかった)
C  買い占め野郎 (只一言 氏ね!)

ベスト
SS 自衛隊 (言うまでもない ご苦労様 頼もしかった)
S  消防庁 (こちらも上に同じ 見事だった)

A  米軍 (余り表には出ていないが、その仕事ぶりは凄かったらしい ほんとはssクラス?)
B  国内及び台湾を始めとする海外各国の支援活動 (これも日本国民の士気を高めるには、大いに役立ったと思う 皆さん有難うございました)
  
C  NHK (フジのような露骨な泣かせなど一切なく、台湾やその他の諸国のブログなどでも、その冷静な報道ぶりは高く評価されているようだ)

スペシャル
SSS 災害に遭われた方々 (海外からもその冷静さ・穏やかさ、秩序を守る行動ぶりが絶賛されていた 被害から早く回復されますよう、お祈りしております)


地震発生直後からテレビにかじりついていた。 普段テレビなどは、サッカーやボクシング以外はほとんど見ないのだが、今回ばかりは朝から晩まで時間が許す限りテレビを見ていた。 仕事中も後においてあるテレビをちらちら、これでは仕事にならぬ。

そのチャンネルのシェアは、NHK99%以上、その他マスゴミ1%以下。

0

2011/3/26 | 投稿者: hal


震災以来物不足が続いている。 震災直後のスーパー・コンビニには、カップ麺や牛乳・パン・缶詰などが完全に姿を消していた。 これは現在でも多少改善された程度で、10日前と同様に入手不可能のものが多い。

いわゆる「買い占め」のためだ。 大きな米袋を6ヶも持った人の写真がねたたまにアップされていたが、旅館や福祉施設ならともかく個人で5キロ或いは10キロ入りのコメ袋が6ヶも必要な人はいない筈である。 決して見て美しい姿ではない。

戦争直後の状態は、これを何百倍にした物不足だったのだろうなあ・・・ それに比べれば今はまだまだましな方で、もう少し時間が経てばいずれは解消されるという目処もある。

とはいえ、牛乳は震災から10日以上立った現在でも、店頭には全く影も形もない。 私の場合、牛乳はそのまま飲むわけではなく、コーヒーに入れるためのものだ。 ブラックもたまにはよいが、常時ブラックでは(色々な意味で)苦すぎる。 で、やむなく高価なクリームを購入した。 とんだ物いりである。 

そこへもってきて、今度は茨城産ほうれん草が放射能汚染とのこと。 うーむ・・・昨日あたりからようやく牛乳が出回り始めた。 高いクリーム買う前に出しとくれよ。


今まで地震なれした平均的日本人として、ちょっと揺れた程度の地震には無関心だった。
「あ、又揺れた。 震度3かな」で3秒後には忘れていた。 しかし大地震以降は自分の反応が全く違う。

震度2
「わっ! 地震だ、怖いよ〜」 (あたふたと立ち上がる 立ち上がっても別に何をするわけでもないのだが、とにかく怖くて落ち着いて座っていられないのだ)

震度3
「ぎゃ〜っ! 地震だ地震だ地震だぁっ! パマギーチェ! クトー ニブーチ ムチュー スダ!」
(日本語訳 助けて〜 だれか〜 目が霞む…、ここだよ〜)
以上 S.T.A.L.K.E.R. ロシア語講座より


以下昨日の買い物。
缶詰4つ クリーム2つ ココア2本 特売宮崎産蒲焼き(大きなやつが980円! これで3食分) 弁当・刺身・ほうれん草・イチゴなどなど。

缶詰4つなら買い占めとは言われまい。(笑) 戸棚の奥を探してみたら9年前の缶詰が2つ程あったが、いくらなんでも9年前の缶詰は食えないだろう。

0

2011/3/24 | 投稿者: hal


福島第1原発と女川原発の違いとは?

今回の原発事故で思うことは、東電の福島第1は大事故を起こしたのに、殆ど同じ条件下にあった東北電力の女川原発は何故無事だったのか、ということだ。

今回の原発事故では、地震そのものによる被害は最初に想像していたよりずっと少ないようで、殆ど何もないと言っても過言でない位だ。 最大で且つ最も重大な被害は、津波による「バックアップ電源の損壊」というものだと思う。

地震の第一波では原子炉は緊急停止していた。 つまり地震「だけ」なら炉心や燃料棒プールの冷却は可能だった。 冷却がうまくいっていれば、燃料棒の露出による水素の発生などもなく、建屋の損傷もなかった。 したがって放射能の漏出なども避けられただろう。

しかしその後の想像を絶する大津波により、バックアップ電源関係の建物などは全て流出してしまった。 この発電所の建設時の津波の想定は7m程度らしいが、それを遙かに超える20m近い津波だったようだ。

とはいえ、女川原発は一部には海水が侵入したものの、設備自体は無事だった。 女川に押し寄せた津波は15mクラスで、福島第1原発と同じ程度のものと思われる。 後発である女川原発は建設時の津波対策の設定が、9.1メートルと想定して設計されたそうだ。 これは福島第1原発とほぼ同程度だが、敷地自体の海抜が14.8メートルあるので、合計24メートル近くのマージンになる。 このマージンの差が被害の大きさに決定的な違いを生んだのだろう。

福島第一原発では津波の想定は5.7メートル、原子炉がある建物やタービンがある建物は、海抜10メートルから13メートルのところに建てられていたとのことだ。

もし、福島第1原発でも女川と同じクラスの建設基準で建設されていたら?

恐らくは女川同様に無事であり、少なくとも今回のような重大な事故は発生しなかったということになる。 大竹政和・東北大名誉教授(地震学)も「福島第1原発の建設前の津波の評価が過小だったことが証明された。」と述べている。

つまりは古い建築基準のままの原発を、そのまま放置したということだ。 この点で東電の責任は非常に重く大きい。


単に原発の事故に留まらず、電力不足による日本経済への影響は深刻で、長期的には地震・津波による直接の被害より、金額的にはこちらのほうが遙かに重大ではないだろうか。

電気がなければものは作れない。 車も作れない、電気製品も作れないとなると、「経済大国」などという一枚看板はあっというまに消えてなくなる。 

日本の場合、国土が狭く人口が多いなどの条件で、原発以外の発電方式はかなり困難だ。 水力発電はとっくの昔に限界に達していて、今後新しく大規模な水力発電所が建設される見込みは皆無に近い。

風力や潮力発電は、現状ではごく小規模なものだけで、大規模な実用にはほど遠い。 火力は後少しは建設出来そうだが、これも限界に近づいている。 しかもCO2排出などの問題も抱える。

核融合は50年後に実用化されるのやらされないのやら、とんとあてにならぬ。 その他の方式も、例え理論的には優れていたとしても、今すぐ実用に供することができるものは見あたらない。

となると、どうなるのか?

このままでは東電管内の電力不足は1.2年は続きそうだ。 それに加えて原発の再建・新設が全くなければ、一時的に生産量が落ちるだけではなく、今後相当長い年月(代替え発電方式が開発されるまで恐らく数十年)は日本国の生産能力は、事故前の2/3程度にとどまるのではないだろうか。

その間に国際的シェアは他国に奪われ、製品が売れなければ技術開発に回す金もなくなる。 日本の売り物の一つである技術力も低下し続ける。
5年後10年後には、経済的にも技術的にも二流三流の国に落ちぶれるのは必至である。


『もし』、福島第1原発に津波などへの対策がとられていたら?

今回の事故は発生せず、日本の原発の安全性は高く評価されて輸出も行われ、電力不足も起きず、経済と国力の低下も避けられただろう。


こう考えると、大津波に対する対策を怠たり、単に原発事故のみならず日本経済にも計り知れない大打撃を与えた、東電の責任は万死に値する。

2

2011/3/20 | 投稿者: hal


唖然呆然また愕然!

日本の民主党議員が「竹島は韓国領」にサイン。

菅首相の側近の民主党・土肥隆一議員が、日本と韓国が領有権を争っている竹島(韓国名=独島)について、「日本政府は領有権の主張をやめるべき」などとする文書に署名していたことがわかった。

これが*ンダイや*サヒならともかく、『権威ある』mixiのニュース欄にあったのだから事実だろう。 ありますよね、mixiさん、権威が? あります? ホントに? (と考えてみると、どうもあまり・・・)

それにしても、何故この議員がこんな文書にサインするのか、どう考えてもわからん。 現在の民主党の状況を考えれば、首相の足を引っ張るどころかXBOXに蹴落とすような仕打ちだ。 自国の領土を他国に差し上げますという言動は、どこからみても基地外としか見えない。

しかも、土肥氏は日本のメディアに対し、「竹島は日本の領土だという認識は変わっていないが、日韓間にそれぞれ主張があり、韓国の主張に納得する部分があった」とも発言したそうだ。 これはダブルスタンダードそのものじゃないか。 もっと言えば二枚舌である。

このような人を表現する言葉がある。

「売国奴・破廉恥漢」である。


メア米国務省日本部長の「ごまかしとゆすりの名人」発言も随分とひどいものだが、これはあちらの人の言。 土肥発言はこちらの人だから、更に更にひどい内容の行為だ。 政治家としての資格は無論ないし、こんな人が存在する政党も全く必要ない。

これはもう民主完全にオワタ。 早く解散してくれい。
0

2011/3/18 | 投稿者: hal

これは泣きましたな。

で不肖halめもこれを読んで一念発起、日本赤十字の東北関東大震災義援金に寄付をしてまいりましたぞ。 あまりにも少額で恥ずかしいが、まあ気は心というやつ。 しないよりは遙かにまし。 丁度日本介助犬協会の賛助会費を振り込もうとしていたのだが、この際そちらは先に延ばし、義援金に回した。

まあこのような事情だから、わんこたちも許してくれるだろう。 ちなみに介助犬のわんこたちは、純粋に家庭犬として見ても、可愛らしさは最高ランクだ。 人なつっこく穏やかでやさしい。

買い置きのカセットボンベも送りたいのだが、対応窓口がわからない。 TVでは都道府県庁や区などが窓口というが、都庁や区役所のHPには義援金窓口はあっても、援助物品の受付窓口はないようだ。


(ガジェット通信 - 03月17日 01:04) より

幼稚園児と思われる男の子が『ニンテンドー3DS』の購入を我慢し、東日本大震災の被災地に5000円を寄付するという、ハートウォーミングなエピソードがあったという。

募金箱の前での母親と幼稚園児の男の子との会話。 
母「貯めてたのに本当にいいの?」
子「3DS我慢する。これで地震の人の家建てる。」と言いお年玉袋から5000円を寄付。
母「偉いね。地震の人、これで寒くなくなるね。」
男の子は思わず泣いたそうだ。

以上ガジェット通信より

この話、例えネタでもよい。 これを読んだ私は即義援金を振り込んだのだから、ネタでも立派な効果があったのだ。

0

2011/3/14 | 投稿者: hal

14日の停電(輪番停電又は計画停電)は今の所回避されているようだ。 現在の状況を見れば、輪番停電そのものはやむを得ないだろう。 しかし停電に関する情報の提供と周知については、問題がありすぎる。 

まず停電の詳しい情報、つまり停電該当地域の住民が一番知りたい「どの地域がどのエリアに該当するのか」、「その場合の停電の時間」の発表が著しく遅れたことだ。 朝6時過ぎから停電するのに、前日の10時頃にようやくテレビで告知された。 これでは事前の準備が間に合わないではないか。 又見逃して当日の朝の新聞で知るというケースもあるだろう。

しかもテレビで放映された地域の内容と東電HPでの内容とが、随分と食い違っている。 恐らくは東電HPの内容の方が正しいと思われるが、このあたりについてもテレビも東電もなんのコメントもない。


13日のNHKの番組では、人工呼吸器が常時必要な子供を持つお母さんが紹介された。 このような場合でも、このお母さんが住む地域がいつ停電するのか、それどころか本当に停電するのかさえ知ることができない。

現代もっとも手っ取り早い情報収集の手段はインターネットによるものだが、東電のHPは13日午後から夜にかけて全く接続できない状態だった。

当然だろう。  少なくとも数百万人のユーザーが一つのアクセスポイントに一斉にアクセスするのだから、人大杉にならない方がおかしい。


なぜ東電はミラーサイトを立てなかったのか? これが不思議でしかも腹が立つ。 アクセスが集中することが予想されるのだから、当然ミラーの準備はしてしかるべきた。 ミラーが間に合わないのなら、関係官庁やマスメディアに、今東電HPにある情報PDFを送付し、「東電に接続出来ない場合はこちらへ」という情報を充分に周知させるべきだった。

東電自体が原発の件もあり大変な状況にあるのは理解できる。 しかしPDFの配布など大して手間も人手もかかるわけではない。 何故それを怠ったのか、東電に対する怒りと不満は非常に大きい。

今回の停電は、「無軌道停電」とか「無計画計画」という名称の方が正確かと思われる。

0

2011/3/12 | 投稿者: hal


昨日の大地震。 史上最大規模の地震だったようだ。 M8.8地震のエネルギーは、関東大震災の数十倍になるという。

東京は震度5強とのことだが、揺れの大きさよりも時間が長かったというのが、最大の印象だ。 揺れそのものは大きいことは大きいが、立っていられないほどでもないし、棚やラックが倒れるということもなかった。

しかし、揺れている時間の長さは今までに経験したことがないほどで、これは怖かった。 プリンタやモニタが倒れないよう必死で押さえていたが、いつ揺れが収まるのやら不安の数分を過ごした。

私のところでは大きな被害はなかったが、部屋中に棚から落ちたCDやら書籍やらが散乱し、後始末で疲れ果ててしまった。 エレベーターもストップしたが、メーカーのサービスマンも点検依頼が殺到しているらしく、復旧は翌日になった。


今回の地震で不思議なのは、仙台など最も甚大な被害を受けた地域の中継画像で、揺れ方が東京などと大差なかったことだ。 (勿論揺れの度合いは大きいが) 

阪神大震災などの激甚な地震の場合、棚などにあった品物は落ちるのではなく、もの凄い勢いで(弾丸を撃つような勢いで)水平にすっ飛んでくるという話しを聞いていた。

しかし、この中継画像では、大きな揺れはあっても棚の品物が只落ちるだけで、水平に飛び出すというようなシーンは見られなかった。

これが直下型地震とプレート移動型地震の違いなのだろうか?

ともあれ被害を受けた方々には衷心からお見舞いを申し上げる。

0

2011/3/8 | 投稿者: hal


品質が悪くて故障する、というのはわかる。 

しかし、粗悪な製品でも「故障して使えなくなる・動かなくなる」というあたりが普通。 それが何故一々爆発せにゃならん??

「中国・爆発したもの」などでぐぐると出るわ出るわ。

石油工場
爆竹工場
プラスチック工場
ガス管
石油パイプライン
炭鉱
爆竹工場
花火
タクシー   ←ここまではどこでも有りがち、

ネカフェ    この辺から???なものが出始めた・・・
椅子
IH調理器
TV
冷蔵庫
圧力鍋
ゆたんぽ
温水便座
肛門      これはもうなんと言ったらよいのか・・・

道路
肥溜め
湯沸かし器
飛び降り自殺中のおっさん なんでオッサンが???
偽ヨタ車
バス
タイヤ
マンション
偽iPod

風邪薬      うっかり風邪もひけませんな
ローソク     ???ももう疲れた・・・
高速鉄道
電気あんか
マンホール ←New!

以下・いかにも爆発しそうで未だ爆発していないもの
国民の不満

湖北省荊州市公安県埠河鎮の民家で、使用中の洗濯機が爆発した。2010年5月に購入した、使用約10カ月の製品だった。 爆発にともない火災が発生し、洗濯機を置いていた洗面室が焼けた。

浙江省金華市内のマンションで、ユニット式のシャワールームのガラス製ドアが巨大な音とともに砕け散った。

福建省に住む呂さんは、一家3人で27日午前10時ごろ、外出した。午後6時ごろに帰宅。家に入って驚いた。ガラスの破片が散乱している。厨房に入って、レンジフードが「爆発」したと分かった。外出時にはスイッチを入れておらず、他人が家に入った形跡もない。

偽・省エネ電球出回る…単なる白熱電球、しかも爆発


ネトウヨ系で拾ってきたものだから、かなり割引して読まなければならないのだが、それにしても・・・ なんでオッサンや肛門やローソクが爆発するの?(笑)

他にも椅子・タイヤ・風邪薬など、あまりにも???であり得なさそうなものが多すぎる。


これは単に品質が粗悪とか言う問題ではなく、高度にして深遠な国家100年の戦略が背後にあるのではないだろうか? 一朝ことある時には、ごく普通の製品(電化製品や自動車部品、はては道路の一部迄)が武器となり、敵を迎え撃つのだ。

電気製品や自動車部品だから軍事費の枠外であり、他国から軍事費が多すぎると非難されることもない。

洗濯機や脱水機が、洗濯・脱水だけでなく爆発の機能を持つとか、スイッチを入れていないレンジフードが爆発するとか、単なる白熱電球が爆発するとか、なんという高度な独自技術だ。 非常の場合には家庭電化製品も武器にしようという、ハイテク国家戦略なのだろう。 他の国では到底マネができないな・・・

0

2011/2/22 | 投稿者: hal

いささか旧聞になるが、「調査捕鯨中止」というニューズがあった。 これを知った時は愕然とした。 愕然とすると同時に、SSは勿論のこと日本政府に対しても大きな怒りを覚えた。

調査捕鯨及び捕鯨そのものの是非についてはひとまず置く。 

調査捕鯨を中止すると言うことは、すなわちSSの無体な妨害に屈するということである。 日本は以前にも中国漁船の件で相手のごり押しに屈する形となった。 それに対する反省はどうやらまるでなかったらしい。 なぜなら、今回又同様の形で「無理が通れば道理が引っ込む」という醜態を演じたからだ。

これが個人の問題なら、「アホなやっちゃな」で笑いものにされ軽蔑されるだけだ。 しかし国家間の問題となると、単に笑いものにされるだけでは済まない。 今後日本との間で何らかの問題が生じた場合、とにかくごり押しに押しまくれ、そうすれば相手(日本)は折れてくる、という暗黙の理解が生じたらどうなる?

これが怖いのである。 既に中国あたりからはその気配は感じられているし、恐らく他の国も同様な意識を持つだろう。 このような「理解」で日本が被る損害は、計り知れないものがあると思う。 


SSの妨害については、抗議船の拿捕や活動家の立件を行うべきだと考える。 彼らがこれまで行ってきた活動は、明らかに傷害や殺人未遂、器物破損にあたる行為である。 これが国内で行われていたら、間違いなく彼らは刑務所行きの筈だ。

公海上で行われるなら、海賊に等しい行為である。 (日本人のみならず他の捕鯨国の船舶や人間が既に傷害や破損の被害にあっている) 彼らを拿捕逮捕するのになんの問題があろうか。


尚今回の事件についてはかなりうがった見方がある。 今回の調査捕鯨中止は、隠れた狙いがあるというものだ。

以下msn産経ニュースより
------------------------
背景に隠れた狙い SSの宣伝と資金源封じ

第三勇新丸に向け緑色のレーザー光線を照射する反捕鯨団体「シー・シェパード」のゴジラ号=4日、南極海(日本鯨類研究所提供)
 日本が南極海調査捕鯨の中断を決めた背景には、日本の捕鯨やイルカ漁を「食い物」(農林水産省幹部)にして、寄付金収入を増大させてきたシー・シェパード(SS)に経済的な打撃を与えたいという日本側の隠れた狙いがある。

 SSは、米有料チャンネル「アニマル・プラネット」が2008年から放送しているテレビ番組「鯨戦争」を通じて飛躍的に知名度を上げてきた。

 撮影班が抗議船に乗って妨害活動を収録、SSの主張を反映した一方的な内容に編集した番組で、同チャンネルの歴代2位の視聴率を稼ぎ出す人気番組に成長している。SSにとっては、支持者や寄付者を増やすための「情報戦略の核」となる宣伝媒体となった。
------------------------

というものだが、肝腎の調査捕鯨を中止してしまっては、SSに対して資金的な打撃を与えたにせよ、相手の勝ちを認めたようなもので、あまり効果はないのではないか? 

第一、来年又調査捕鯨を行うとなると、またぞろ同じやらせ番組が放送されるだろうから、いつまでたってもいたちごっこだ。 それよりも立件と損害賠償の請求の方がSSには痛いのではないか。

後はこちら側からのプロパガンダを強力に行うべきだが、それに必要なコストと見合う成果が得られるかどうか・・・
0

2011/2/10 | 投稿者: hal


「日刊サイゾー」は、ニュースブログの形式をとり、最新ニュースを独自の切り口で伝え、独自連載もある。  (中略)
スポンサータブーなどを極力排し、できるだけ自由な言論を担保するためか、広告面に関しては、電通や大企業に依拠することなく、アダルト系やコンプレックス系企業からの最小限の出稿で運営。
(以上 Wikipediaより)

ということだが、要は広告などは大手のスポンサーからは相手にされないので、アダルト系などに頼っている、という読み方もできる。

確かにうがった記事もあるし、読んで面白いものもある。 しかし時々かなり眉唾な記事が掲載されることも又ある。(このあたりはギガジンやR25も同様) 以下がその例である。

http://www.cyzo.com/
「国民の血税で大豪遊!」崩壊寸前の相撲界 ある元横綱のすさまじすぎる金と女
(日刊サイゾー - 02月08日 11:30)

これは大相撲の八百長問題に関するもので、かいつまんだ内容は以下のようなものだ。

-------------------
「こういう事態になったからには特殊公益法人の剥奪が検討され始めるだろう。力士らの給与は国民の税金から支払われているが、その金が八百長に使われたり、闇社会に流れているとなれば国民から反発を受けることは必至。もはや、国技とは呼べないから、国技館の使用中止も検討されるだろう」(スポーツ紙の相撲担当記者)
-------------------

この(スポーツ紙の相撲担当記者) というのが、どのスポーツ紙のなんという相撲担当記者なのかは不明だが、これを書いたサイゾーの記者が自分のセリフとしてではなく、(スポーツ紙の相撲担当記者) と書くところに非常に不審感を覚える。 要するに「俺が書いたんじゃないよ、アレが言ったのをそのまま書いただけだよ」という、責任逃れを前提にした書き方が嫌らしいのだ。

後段ではある横綱のご乱行の有様が書かれている。 高級クラブのナンバー1ホステスを落とすのに、タニマチから貰った1千万の現金を積み上げるなどの描写があり、
-------------------
 かなり"オラオラ系"のX関、「自分の部屋の後輩力士の離婚問題を取材に来た女性記者を『殺すぞ!』と恫喝しながら部屋の周りを追いかけ回している姿を目撃されている」(週刊誌記者)というだけに、"裏の顔"はハンパじゃないようだが、こんなX関の懐に億単位の血税が入っていたのはまぎれもない事実だ。
-------------------

ということになる。 

しばらくしばらくしばらぁーくぅ〜 ちょっとお待ちを・・・

億単位の血税とはこれいかに? 「大相撲税」とか「横綱税」とかいう税金は聞いたことがない。 ではその「億単位の血税」とはなんなのか?

財団法人日本相撲協会の平成21年度の予算では、
(http://www.sumo.or.jp/kyokai/goannai/0025/h21_yosan.html)

収 支 予 算 書
平成21年1月1日から平成21年12月31日まで
(単位:円) 予算額  前年度予算額
    事業活動収入計 10,515,421,000 11,109,610,000  (注 約105億円)

その内「血税」に相当する国庫補助金などは
       受取国庫補助金等 0  1,830,000

である。 つまり年間およそ183万円である。 これは月額にすると15万円程になり、標準的生活補助の月額25万円の半分強程度なのだ。 何故これが「億単位の血税」なのか? 183万円で数千万といわれる横綱の年収が支払える筈がない。 しかも183万は前年度平成20>年度の数値であり、例の不祥事で平成21年度は0円となっているのだから、尚更のこと。 

平成22年度となると 「受取国庫補助金等」などの項目すらなくなっている。
http://www.sumo.or.jp/kyokai/goannai/0025/h22_yosan.html

この収支予算書には「億単位の血税」つまり国庫からの補助金などは、これ以外には全く書かれていない。 又、財団法人日本相撲協会は税制上の優遇処置は受けているが、税制の優遇=税金の投入とは言えないだろう。  法人税が課税される「収益事業」のため、優遇措置により税率は通常の30%より低い22%になっているようだが、この差分が即「血税」とは言えないと思う。

となると日刊サイゾー誌は、財団法人日本相撲協会の巨額な脱税と、虚偽の収支予算書作成の証拠を掴んでいるということになる。 これは大変なことである。 今すぐにでも財団法人日本相撲協会と関与税理士を脱税で告発すべきである。

『もしも』「億単位の血税」という記述が本当ならであるが・・・ 

それが嘘ならば・・・ それは当の相撲協会にお任せだわさ。

私自身は相撲にはほとんど興味がないし、相撲協会の弁護をするつもりもない。 少なくとも相撲協会の公益法人の認可は取り消すべきだと思う。 相撲協会が公益法人なら、プロレスの興業団体も吉本興業も全て公益法人でOKとなってしまう。

1

2011/1/22 | 投稿者: hal


最近はコンピューター関係以外の品物も、ネットから購入することが多くなった。 例えばデンタルフロスや健康食品などだが、これらは以前は品物のある商店を探して購入していた。 しかし、この数年は地元の専門店が次々と閉店してしまい、入手が困難になってしまった。 それでネット経由での購入となったのだ。

日用品でさえこれだから、当然コンピューター関係の品物はネット販売で購入となる。 購入は数年前から楽天とアマゾンをメインにしていた。 いずれも仮想モールやネット販売の大手である。 ところがこの所両社の力関係に大きな変化があったようだ。

私の場合だと、2.3年前は楽天が7割、アマゾンは1.2割というあたりの依存率だった。 所がこの1年或いは2年程前からはアマゾンから購入する率が大幅に増えて、現在はこの比率は逆転している。 理由は簡単で、まず価格が安い、次に配送が早い、三番目に品揃えが豊富、というあたり。

現在の価格は、カカクコムあたりで調べてもアマゾンは最廉価かそれに近い。 それに較べて楽天はかなり高いようだ。 この両社以外の小型の仮想モールや個別のネット販売店では、特にレアものや専門的商品(例えばFRAGnSteinとかEagle Eyeとか、或いはマザーやCPU))は安い所があるが、全ての品物が安いとか品揃えが豊富というわけにはいかない。

品揃えについては、アマゾンは驚異的だ。 ギガジンだかにアマゾン堺店の倉庫のレポートがあったが、思わずのけぞるほどのとんでもない規模の倉庫だった。 周囲が百メートルどころかキロで計りたくなるような、巨大というか唖然とするというか、凄まじいものだった。 

こんな倉庫(商品集積所)を作られては、小さな仮想店舗ではとても太刀打ちできない。 アマゾンは単一の企業だが、楽天(の加盟店)はそれぞれ独立した企業だから、資本力には天と地の差がある。 こんなものを作れる企業はまずあまりないだろう。

配送だが、アマゾンにはAmazonプライム会員 という制度があって、費用は年間3000円だったかと思うが、この会員になると全ての商品がお急ぎ便無料となる(注 アマゾン直接販売の品に限る)。 ほとんどの場合、発注の翌日、早ければ当日に納品となる。 朝の10時頃に発注すると、午後の4時位には届いてしまうのだ。

アマゾン以外のネット販売店では、早くて翌日発送翌々日到着、遅ければ到着は数日後というところだからから、いかにアマゾンの配送が早いかよくわかる。 これまた在庫量(=資金力)の勝負なので、資本力の低い店舗では逆立ちしてもかなわない。

楽天が最近「翌日発送」などのサービスを強調するようになったのは、対アマゾン戦略ではないかと思うが、自社での販売ではなく個別の企業の販売であるから、統一するのは難しいだろう。

こうなると楽天の地位は安泰とは言えない。 参加しているかなりの企業が淘汰されるのではないか。 数年前と現在での、アマゾンVS楽天の売上高対比表でもあれば、かなり面白い内容が見られるかもしれない。 現状から見ると、ヤマト対その他・711対その他と同様に、アマゾン独走・差は開くばからという図式になりそうだ。

巨大仮想モールでさえこれだから、地元の零細商店では尚更で、「やあ、こんにちは」と入っていけるお店がどんどんと減っていくのが寂しい。 これでいいのだろうか?という疑問が、どうしても湧いてくる。 


対カタール戦。 戦前に心配したとおり、やはり審判が問題だった。 吉田の2枚目の黄札はしょうがないとしても、カタールのコーナーキックで良いボールが入らないとやり直しとか、日本の選手がちょっと身体をよせただけでファールを取るのに、カタールがかなり激しく当たってきてもファールを取らないとか、あまりにも見え見えに地元よりの笛だった。 試合後の選手インタビューでも、大半の選手が審判のことを口にしていた。

この主審は地元チームよりの審判で有名らしいが、これほど一方に偏した審判には、何らかの制裁措置はとれないものか。

2

2010/12/8 | 投稿者: hal


アジアカップ予備登録50人中に6人も入っているのに・・・ なんでなんで?
なんで2部落ちなの?

例え天皇杯で優勝しても、J2ではaclに出られない。 orz・・・ こちらのモチベーションも落ちますなう。

がっかりしすぎたのか、風邪気味であります。 頭が痛い、気分が悪い。


普段は至ってじぇんとりぃな私も、このような状態の時はトゲトゲしくなってくる。

で、不快な広告幾つか。

私の年収低すぎ
(あんたのは場合は低すぎるんじゃなくて「高すぎる」んじゃないのかい?)

口臭のバナー広告
(押しつけがましいのう、汚いのう)

加齢臭の広告
(大人も子供も老人も、体臭があるのが当たり前。 体臭のない人間などおらんがな)

1




AutoPage最新お知らせ