業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その28 エロゲーは儲かるか編

2009/5/24 | 投稿者: Hal

エロゲーは儲かるか? 

一言で言えば、「まず絶体絶命都市的に儲からない」。

理由は簡単至極。 まず、絶体(以下略)的にユーザー層が限定されていて、しかも将来的に増える可能性もない。

次ぎに、エロゲーに限らず労働集約型産業は、現在の日本の高賃金体制ではコストがかかりすぎる。 労働集約型産業の中でも、ゲーム制作は人材に特殊で高度な技能が要求されるので、当然安くは上がらない。(注 弊社は該当せず 安月給でありんす) PCエロゲー業界の賃金は決して高くはないが、少なくとも派遣社員よりはましだろうと思う。

ゲーム制作はほぼ100%マンパワーによる開発である。 機械やコンピューターに自動で行わせられる作業はほとんどない。 当然開発に時間と労力(=コスト)がかかる。 しかも、想定したコストとスケジュールで作業が完了することは滅多にない。 
当初はこれだけ余裕があれば・・・と思っていても、どこかで必ずコスト増かスケジュールの遅れ(大抵は両方)が出る。 大メーカーなら人海戦術とお金のやりくりでカバーできても、零細メーカーにはそれは無理。 要は人力車に120o滑腔砲を乗せて高速道路を走るようなもの。 最初から無理なのである。

でも売れているメーカーはあるじゃないか、と言わればその通り。 あることはある。 しかし、売れているメーカーと売れていないメーカーの比率をご存知か? 実際の売上げ本数はどこのメーカーでも秘中の秘(我々業界の中の人間でさえ)なので、中々知ることが出来ないが、恐らくは9割位のメーカーは赤字かそれに近いのではないか。

非常に有能で非常に努力し、そしてなによりも非常に運が良い人(会社)のみが、その他の1割弱に入れるのだ。

まことに遺憾ながら、この私は有能でも勤勉でもなく、運も悪い。 だから当然その他の1割弱には入っていない。 この先も間違いなく入れないだろうと思う。
18



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2018/2/3  13:54
 

黒猫スミスさんの『叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて』は、フルカラー画像で叔母さんの裸体が堪能できます 




AutoPage最新お知らせ