業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その717 AMK Narodnaya Soljanka(NS) プレイ日記再開その46

2013/6/29 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD AMK NS プレイ日記。
---------------------------
■石棺 続き
見えない敵をカメラガンで撃つというタスクの続き。

このカメラガンはwpn_svd_fotoという名前の通り、svdのお尻に無理矢理カメラをくっつけたというゲテモノだ。

クリックすると元のサイズで表示します

いわゆる無茶振りタスクの一種とも言えるこのタスク、やはり難しい。 なにせ弾が1発しかないので、失敗するとロードするしか手はない。

と思っていたら、簡単な方法があったのだ。 双眼鏡である程度の時間赤枠を表示させておくと、ロックオンする。 その状態でカメラガンに持ち替えると、レティクルが赤い十字に変わる。 赤い十字を保持したままで撃てばOK。

撮影に成功するとメッセージが出る。 先程のアイテムがあった場所を見ると、写真がある。

クリックすると元のサイズで表示します

写真を取るとOld villageにテレポートされる。 敵が出るので注意。 取る前に主武器に換装しておいた方が無難だろう。

■Old village
Pilgrimと話して暫く(かなり長い)待つと写真が完成する。 これを持ってジェネレーターのMaximilianに持って行くのだ。

■ジェネレーター
Maximilianと話して写真を渡すと、特殊な探知機を貰う。 そしてGhostと話すとその後にSMSが入る。 FangとLightningからである。 

そして「扉を開けろ」というタスクが発生する。 それはx-10にあるらしい。

このLightningクエストに入ってからは、やたら移動が多い。 それも非常にかけ離れた地点への移動が多いのだ。 

S.T.A.L.K.E.R.の欠点の一つとして、データのロードに時間がかかるという点がある。 マップ移動もやっていることはロードと同じなので、移動の都度えらく待たされる。

このAMK NSではそれが特に遅く、以前32bitOS4GBメモリでやっていた時には、8分近くかかったこともあった。

現在の94bitOS8GBメモリでは3.40秒程度だが、それでも何度もマップ移動すると、いい加減うんざりしてくる。 しかもS.T.A.L.K.E.R.の悪しき特徴の一つとして、マップ切替で落ちるというケースがかなり多い。

対策としては、シームレスマップ、ファストトラベルなどあるが、いずれもS.T.A.L.K.E.R.では無い物ねだりである。 

移動(テレポート)自体をスクリプトに組み込むのは、それ程難しくはないと思う。 実際このMODでもテレポートは多用されているし、テレポートのためのアイテムも用意されている。

序盤はともかく、終盤になると大半のマップには行っているし、その長い道のりをテクテクと歩いて行くのは苦痛である。

何故ファストトラベル的テレポートを採用したMODがないのか、不思議でしょうがない。

閑話休題
 
これからx-10に移動となる。 タスク欄にあるSSを見ると、目標はどうやらx-10最深部のスコーチャーを停止したあたりらしい。 

そういえば、RoSでここのドアを開けるとデカブツが襲って来るというシーンがあったなあ。 今度も同じパターンなのか・・・ まあ、同じAMKだから使い回しも当然か。

Radarに行くには、Strelokのテレポートを使い、Army Warehouseから行くのが最短だろう。

■x-10
目標のポイントは、X-10から石棺への移行の近くにあるらしい。 最深部のスコーチャーがある部屋だが、タスク欄のSSがあるので簡単に見つけられる。 

しかしその後が面倒だ。 そのポイントでSMSが入るのを待ってから、どこかで隠れて待機、Cornという無線技士を死なせないようにする、というのがタスクの内容である。

問題は出て来る敵が不可視なのだ。 敵がどこにいるか探している間に無線技士がやられてしまう。 敵の銃火に向かってめくら撃ちで撃ちまくり、なんとかやっつけるきことができた。

尚、あまり早く隠れ場所から出ると、敵に見つかって無線技士が死ぬ可能性が多いようだ。 少し待ちすぎかなという位で丁度良いのでは?

残念ながらこのシーンではクリアするのに気を取られて、SSを取り忘れてしもた。

ここで現れる敵が一体どんな素性であるのか、どんな成り行きで無線技士が登場するのかは、結局不明なままだった。 ご都合主義というか、機械仕掛けの神というか、まあ、そんなもんさ・・・ so it goes・・・

その後コード化されたドアが開いているので、カメラとメモを取得する。 このドアは、RoSでは開けると強力モンスターが現れるドアである。

そのドアとドアの前にたたずむFang。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてCornと話すと、スタッシュがPripyatの保育園にあるという情報が得られる。 どうやって入ってきたのか、Fangまで現れる。

このx-10の移動ポイントは石棺内へのものだから、これがPripyatへの近道かも知れない。 と思ったが、これは失敗だった。 石棺からCNPPへ出るポイントは無くなっているのを忘れていた。 又も出ました、得意技。

改めてStrelokのテレポートでArmy Warehouseへ出た。 最初からこうした方が早かったのに・・・

■Army Warehouse
通過地点とばかり思っていたのに、マップに妙なものが表示されている。 Local Energy Zoneとかいうものである。

クリックすると元のサイズで表示します

なんだろうと近寄ってみた。

??????

全く何もない。 ようやく気がついた。 これは「Isomorphic 探知機」とかいうものの表示のようだ。 折角貰ったものだから使わにゃ損々という乞食根性で、これをピストルスロットに入れておいたのだ。

しかし、これが一体何を表示するのか、それと又この探知機の役目も、AMK NS七百億不思議の一つとして、最後迄謎のままでだった・・・

AMK Narodnaya Soljanka(NS) プレイ日記再開その47へ続く
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ