業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その651 Secret Path 2 4周目プレイ日記その3編

2013/4/16 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl MOD Secret Path 2 4周目プレイ日記その3

又々Raizaさんから貴重な情報をいただいた。 SP2の最新のfixである。 但し、ニューゲーム必須。 以下以外にも多数あるので、興味のある方は前回記事のコメントをどうぞ。

私も3周目のプレイでは、2の武器庫の番人が出なくて困った経験があるので、これからSecret Path 2をやろうという方は、是非入れておいた方が良いと思う。

---------------------------
TT2 latest update 28/12/2012
http://narod.ru/disk/64903679001.64b538b221f0e633d6cbea69a07037c9/Patch_TT2_for_Final_Version_%28with_Update%29_28.12.2012.7z.html

1) ゾンビに起因するCTDを修正 (Pripyat, TD, Amber, X-18 and radar).
ニューゲーム必須
2) Petrenko から改造 RG-6 を持ってくるタスクで武器庫のFreedom隊員が居なくなるのを修正 ニューゲーム必須
---------------------------

---------------------------
■Dead City
ライラさんと話すと、チンピラグループに金を渡して立ち去るよう交渉してくれと頼まれる。 その金まで預かるので、ここは殺すのではなく穏便に処理すべきである。
尚、Secret Path (1)にもライラさんが登場するが、その時は美人ではあるがやや険のある趣きだった。 SP2ではたおやかな美貌となっているが、その分トシを取ったのか・・・


こうしてガイドのGriegに会うことになる。 彼はPripyatへの移動ポイントを開く代わりに、犬のしっぽを10個集めてこいと言う。 犬は主としてDead Cityの北部にいるので、こ奴らをブチ殺してしっぽを集める。 

ゾーンでは犬(Pseudodog)は毎度お馴染みのミュータントモンスターだが、犬好きの私としてはなるべくなら殺したくはないのだ。 しかし、これもお国のため、いさぎよく玉と散ってくれい。

Pripyatへの道は、Griegがいる建物近くの、噴水のある庭というかちょっとした広場のような所にある、白い車にある。 この車はうっかり押したりするとポイントの上に乗ってしまい、ポイントに入れなくなるので、事前にセーブ推奨。


このポイントに入る前に重要なことが一つある。 このポイントに入るとトンネルにテレポートされるのだが、そこを抜けた時点で全てのアイテム(進行上必要なものを除く)がなくなり、金もなくなってしまう。

なので、どうしても残しておきたいものがある場合は、事前にバックパックなど設置してそれに入れておくべきだろう。 但し、Dead Cityに戻って来られるのは、かなり先になるので、あまり意味はないが。

尚、GPSを持っている場合は要注意。 GPSをバックパックに入れると、落ちたりその後の進行がおかしくなるなどのバグがある。

>5/10版の"\gamedata\scripts\gps_habar.script"を入れたら落ちなくなった。
というレポートもあるが、 もっと簡単なのは「GPSはバックパックに入れる前に捨てる」という方法だ。

これでGPSは働いているので場所は分かるし、バグも回避できる。

もう一つ、このトンネルの中には、後々のための重要アイテムが一つあるので、是非取っておくべきだ。 但し、このアイテムを取り損ねても、リアルエンディングに到達出来ないということはない。 とはいえ、面白いタスクが無くなるので、やはり取っておいた方がよい。

ここまでが序盤というよりイントロ的な部分で、この後(Monolith生活)が本当の意味での序盤である。 SP2は長い長ぁ〜いお話しなのだ。(だから面白い)


■Pripyat
トンネルを抜けると目の前に男がいる。 Mervinという奴である。(後々かなり重要な役割をする) この後はいよいよSP2名物、無茶振りイジワル無理タスクの連続となる。 心してお進みあれ。

彼のタスク「観覧車の回りのスノークを退治しろ」を完了すると又もテレポート、着いたところは地獄の一丁目。 なんとCNPPの石棺の中だった!

尚、Mervinの居場所はマーカーが出ない。 スノークを退治してもどこへ戻った良いかわからんという場合は以下。

クリックすると元のサイズで表示します
■石棺

石棺ではCharonというMonolithからタスクが出る。 burer退治とデコーダー取得である。 どうやらStrelokは洗脳されてMonolithになってしまったらしい。 

このCharonがいる部屋の隣の部屋にはYudasという男がいる。 彼に話しかけると必ず落ちる。 前回も今回も同じである。 ログが残らないので原因は不明。

元々S.T.A.L.K.E.R.シリーズは世界三大バグゲームの一つという、名誉ある評価を受けている、名バグゲームである。 只でさえバグが多い所に、設定のほとんどがベタテキストで書かれていて、簡単にMODを作れるというシステムなので、世のMOD作りがよってたかってMODを作る。 これでバグが出なければ、太陽が西から上がり、halさんは世界の三大富豪の一人になっている。


尚、直接関係はないが、Charon=Scarという珍説もある。 

burerは全部で5.6匹いるが、それよりもデコーダーが出現しない場合がある。 デコーダーは石柱?が並んだ部屋の左手にあるハシゴを下り、もう一つの小部屋に入った所にあるのだが、これが存在しない場合が時々ある。 そのような場合は、Charonからタスクを受注する前のデータをロードしてやり直せば、出て来ることがある。

クリックすると元のサイズで表示します
又、この石棺内ではガンマがおかしくなる。 私の場合だけかもしれないが、極端に明るくなり、ライトをつけると画面が真っ白になってほとんど見えなくなる。 といってオプションで暗く調節すると、今度はライトを消した場合が真っ暗になる。 これはSOCのマップ全てではなく、石棺内だけの現象である。 

ガンマを一杯に下げ、コントラストも最低より1つ上程度、明るさはやや少なめ位の設定でなんとか我慢できる程度か。

次はSolomonに合流し、異教徒撃破のタスクとなる。 彼の位置は原子炉建屋の最上部(願望機のある所)から更に上へ登り、左手の奥へ入るとワープする。 


毎度おなじみ願望機、しかしこのMODでは願いはかなえられない・・・

クリックすると元のサイズで表示します
■CNPP
CNPP-2へはこの先を左へ行く
クリックすると元のサイズで表示します
Solomonは終盤重要な役目をする人物だが、今回はごくあっさりした登場ぶりである。 タスクも敵を2.3人倒せばクリアとなる。 

ここで敵撃破後に最初Solomonがいたあたり(移動ポイント近く)にローナー(Chamelon)が一人倒れている。 彼を助けることにより、後々の面白いタスクが発生するので、敵撃破後にはハイエナに精を出さず、早急に戻って助けておくべきだろう。 但し、彼が死んでも真エンディングには影響しない。


戻ると今度はコントロール(バンカー)の魑魅魍魎を撃破せよというタスクとなり、新しい移動ポイントが開く。 これは例のc-*のいる場所であるが、今は未だ未だ登場の時期ではない。

バンカー内はゾンビやburer、さっちゃんまでいるが、ある程度倒すとタスククリアのメッセージが出る。 出口へ戻るとsolomonから直ぐ来いという連絡が入る。 彼と話すと3つのブリーフケース回収のタスクとなる。 このタスクをクリアしないことによる、真エンディング到達の可否は未確認。(恐らくは関係なし)


■アイテムについて
必要なアイテムについて簡単に触れる。

銃・AMMO・食料・医薬品などは勿論だが、忘れてならないのがバックパックである。 このMODでは身ぐるみ剥がしが合計6回もあるからである。  

Dead City-Pripyatの場合は取りに戻れるようになるまでは、相当先のことになるのでバックパック設置はあまり意味はない。 しかし、他の場合はやっておかないとすっからかんのからっけつでゲームを続行しなければならないので、非常に辛い。

なので、この時点からは最低5つのバックパックが必要と言うことになる。 結構高価ではあるが、お金に余裕のある時には仕入れておくべきだろう。 ビーコンもあれば尚良いが、バックパックに入れるのは禁物、落ちたり進行が異常になるからである。 その場に捨てるのがよい。

又、この身ぐるみ剥がしでは、バックパックを設置・回収しても、かなりの率で全てが戻って来ない場合がある。 これはバグの一種と思われるが、プレーヤー側ではいかんともなしがたい。 

後にAgroprom地下を4周する場合なども、預かるというので預けると、戻って来た時には必ずと言って良いほどアイテムが減っている。 回収前にセーブしておいて、設置時と内容が異なる場合はロードするという位しか手はなさそうだ。


~>゚)〜〜〜の足
私は本来このような「プレイ日記」というようなものを書くのは好みではない。 ゲームをプレイする時には、何もかも忘れてゲームの世界に没入したいのだ。 ところがプレイ日記を書くとなると、屡々プレイを中断し、忘れないうちにプレイ日記に行動の内容を書いておかなければならない。 それがいやなのである。

とはいえ、このようなプレイ日記を書くことによって、自分の記憶を記録しておけるというメリットもある。 そのようなわけで最近はこの種のプレイ日記を書くことが多くなってきた。


S.T.A.L.K.E.R. SOC Secret Path 2 4周目プレイ日記その4へ続く
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ